fc2ブログ

冒険者になりたいと都に出て行った娘がSランクになってた TokyoMX(10/12)#02

第2話 赤鬼のベルグリフ
 
トルネラに住むベルグリフの下をボルドー家の次女が訪れた。
三女のセレンを助けたアンジェ、お礼は要らないと断った。
どうしてもと言うなら父に渡して欲しいと言われた。
ボルドー家はとルネラをも含む一帯を管理する領主貴族。
金貨100枚を贈るが、1枚で1年は暮らせる大金。
断りたいがボルドー家の沽券に関わるので受け取ることにする。
F8RzwnIagAASKST.jpg
次女のサーシャは冒険者でAAランク。
そこでベルグリフに一手指南して欲しい。
立ち会うとサーシャを打ち負かす。
実は若い頃に右足を負傷してEランクで引退した。
トルネラを守り、子供をSランクに育て上げた実力に感服する。
何やら勝手に勘違いする性格のようだった。
師匠として仰ぎたいと告げて帰っていく。

アンジェはSランクの依頼がないので休み。
しかし長期休暇は貰えない。
最近は魔獣の出現が増えて緊急時に備えて待機させられる。
現にワイバーンが出現、討伐を依頼されて不機嫌になる。
F8b3rOGaIAApxS1.jpg
トルネラの村は秋祭りの準備中。
そこにボルドー家の長女ヘルベチカが訪れる。
彼女は父親が亡くなり当主を引き継いだ。
文武両道で伯爵家としても立派な人材。
彼女はベルグリフを手中に収めたいと仕官を求める。
しかしトルネラが好きな彼は仕官を断ってしまう。
どうしても断られて力づくで連れ帰ろうとする。
しかし彼の実力が圧倒的で無理だった。
それならばと妻となることに決める。
F8b_MXga4AA-2MX.jpg
三女のセレンが訪れて姉の暴走を止める。
長女は優秀な人材は手元に置きたいらしい。
無理をするのを止める三女セレンは理性的だった。
帰ろうとするが、夜になって危険。
祭りに参加することを提案する。
領主が参加することは箔が付いて村も嬉しい。

魔獣の活性化している状況。
魔王が復活するかもしれない?
ソロモンが72の魔王を創生したと伝説が伝わっている。
ソロモンは魔法も錬金術も優れていた。
不死の人工生命体、ホムンクルスを作った。
そして大陸を制圧した。
その後は暴走して時空の狭間に消失したらしい。
ホムンクルスは主人を失って暴走した。
女神ビエナの加護を持つ勇者が封印したらしい。
アンジェなら魔王も倒せるかもしれない。
F8TDWRYa4AAah3d.jpg
アンジェが護衛した行商人。
トルネラの祭りに参加してベルグリフとも会った。
そのことを王都のアンジェに伝える。
父親のことを話し始めると止まらないアンジェ。
翌日は早朝からの仕事だが、帰らせてもらえない。

魔獣の発生が早くて原因を調査する暇もない。
あまりに忙しいので冒険者も減少気味。
それなら父を呼べばいいと考えるアンジェ。
でもトルネラを離れない気もする。

ーーー次回 「」ーーー
 
ボルドー家が三女を助け父親の死に目にも会えた。
その謝礼を父親に届ける。
それからベルグリフの実力を知って仕官を求める。
ボルドー家も彼に目をつけた。
仕官して、結婚してと積極的。
トンデモナイ状況でも普段と変わらない父ベルグリフ。
そして父親大好きなアンジェは未だに帰れない。
魔王の復活で魔獣が活性化、討伐任務が止まらない。
これはアンジェが父親と会える日は訪れるのだろうか?
最終回には会えるのだろうか?
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 2023年新作アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:冒険者になりたいと都に出て行った娘がSランクになってた  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

てぃわは

Author:てぃわは
Cocologが容量いっぱいで、こちらで継続します。
アニメやドラマの感想がメインです。
もう一つ別のブログも利用してます
文責は放棄していませんが、リンクはフリーです。

検索フォーム
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
G-AF
Amazon
Amazon IFrame
カテゴリ
月別アーカイブ
楽天アフィリエイト
最新トラックバック
ブログサークル更新用
カウンター エリア
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メモリーボード
Pingoo Memory Board
ブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
ブログ村カウント
ブログランキング
ブログランキング