fc2ブログ

くノ一ツバキの胸の内 BS11(5/28)#08

八の巻 最強の班 姉さま
 
亥班が猪を仕留めて帰ってきた。
恐らくは最強の班と言われている。
ドクダミは大きな混紡を振り回し、アオギリの居合抜きは神速。
シャクヤクの身のこなしが素早い。
そんな彼女たちには禁句があった。
uKTHpFoMgWTiFRg.jpg
お肉を取り分けて分配してくれる気前のいいドクダミ。
アサガオは多めに貰えてごきげん。
そして禁句を言ってしまう、バカ力だね。
彼らは馬鹿だと言われることを極端に嫌う。
3人から追い立てられるアサガオ。
ツバキが駆けつけて勝負で決着をつけることにする。
iIjkHywFvErZhQJ.jpg
それが決まれば猪肉を機嫌よく取り分けてくれる。
彼女たちは、切り替えが早い。
勝負の場所には来られない亥班。
彼女たちは方向音痴で克服したと告げていたが棒の倒れた方向に進むだけ。
結局は何も克服できていなかった。
XfpLTiEigLMLXeD.jpg
お面を外して眠ることに慣れていないリンドウ。
サザンカは姉さまとツバキを呼ぶ。
その経緯を眠れるまで話しましょう。
山の頂上で班決めを行うことになった。
ベニスモモはツバキに先に到着したほうが勝ちと勝負を挑む。
途中で悲鳴が聞こえて助けに向かうツバキ。
kPgrqRKnxIedFps.jpg
サザンカが寅班に意地悪を仕掛けていた。
彼女は年下の寅班を良く虐めていた。
サザンカを探すと苔で滑ってしまうツバキ。
そこでサザンカと遭遇する。
hEtVjoonTzUAYiS.jpg
彼女は仲良くなるすべを知らなかった。
そこで意地悪をして気を引いていたが嫌われていることも理解していた。
それで益々、意固地になって意地悪してしまうのだった。
そんなサザンカですが、ツバキは好きだと山頂に向かおうとする。
実はサザンカは足を捻って動けなかったのだった。
そこでツバキが背負って山頂を目指すが暴れるサザンカ。
体制を崩して転びそうになるが耐えるツバキ。
でも足を捻って負傷してしまった。
それを分かるサザンカは大人しく背負われる。
途中で魚を獲っていたアサガオと遭遇。
二人共、足を挫いているのを知って二人を背負う。
CxVJrDkOgNdKvmk2.jpg
山頂ではハナ先生が待っていた。
サザンカはツバキと同じ班になりたい。
ツバキもそうして欲しいが決まりがある。
それは、一緒に登ってきた者同士が同じ班となる。
なので戌班はツバキ、サザンカ、アサガオとなる。
ツバキはサザンカと同じ種類の花。
じゃあ姉妹みたいなものですね、姉さま。

亥班は方向音痴なので、このときも到着しなかった。
でも最後の3人なので亥班となる。

ーーー次回 「」ーーー
 
今回は亥の班の紹介。
そしてサザンカの姉さま呼びの理由。
サザンカは素直に友達が作れない。
少し自分に自信がある。
それで目下の者には意地悪をしてしまう。
そんな不器用な子でした。
でもツバキはそれを分かってサザンカを気遣う。
ようやくツバキには打ち解けて仲良くなろうとするのでした。
アサガオは出会ったときから空腹を満たそうと魚取り。
アサガオらしいエピソード。
そして亥の班のエピソードが最後に、決まった理由も明らかに。
方向音痴で辿り着けなかったから最後の班。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 2022年新作アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:くノ一ツバキの胸の内  Trackback:1 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可

Trackback

Trackback

くノ一ツバキの胸の内 #08

『最強の班/姉さま』 ぐ~たらにっき - 2022.06.01 21:52

プロフィール

てぃわは

Author:てぃわは
Cocologが容量いっぱいで、こちらで継続します。
アニメやドラマの感想がメインです。
もう一つ別のブログも利用してます
文責は放棄していませんが、リンクはフリーです。

検索フォーム
カレンダー
11 | 2022/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
G-AF
Amazon
Amazon IFrame
カテゴリ
月別アーカイブ
楽天アフィリエイト
最新トラックバック
ブログサークル更新用
カウンター エリア
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メモリーボード
Pingoo Memory Board
ブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
ブログ村カウント
ブログランキング
ブログランキング