fc2ブログ

現実主義勇者の王国再建記 BS11(3/05)#22

第22話 人学ばざれば智なし、智なき者は愚人なり
 
ソーマは悩んでいた。
人材不足が甚だしい。
国民の識字率は低い。
あれをするしかないかな?
FNGXkD3VQAMBm_v.jpg
大陸には奴隷制度があり、今も奴隷は存在していた。
貧困ゆえの制度と言えた。
祖父の奴隷商を引き継いだジンジャー。
急なことで、抱えている奴隷が売れるまでは面倒を見る。
しかし、そこで商売は終わり、新しい商売を始めるつもり。
サンドリアは奴隷たちの現状を報告する。
親族は離れたくない。
FNGYn1aVEAAR5f8.jpg
そこでジンジャーは考えた。
なるべく、素性の悪い買い手は断り、高く売れて、奴隷たちも
 使い潰されないようにしてあげたい。
そこで衣装を購入、身なりを整えた。
次に読み書き計算を教える。
付加価値を高めるには学習が大事だと思いついた。
FNGZtMiVcAEmYsw.jpg
ある日、各地の領主たちがジンジャーの店に駆けつけた。
我先にと読み書き計算の出来る奴隷たちを求めてきた。
国王が領主に統治能力を求めてきた。
それには読み書き計算ができる者が重要になる。
出来ることなら全員を引き取りたいと焦っていた。
無事に全員の処遇が決定した。
FNGbBQ-VgAAfJCQ.jpg
残ったのはサンドリアだけ。
彼女の実家は商家で保証人になってしまって借金を背負った。
それが焦げ付いて娘を一人、売ることになった。
そんな、何処にでもある不幸なエピソード。
FNGcO2RVgAAu_ra.jpg
ある人物がジンジャーを訪れてサンドリアを購入したいと大金を手渡す。
しかし、ジンジャーは彼女を新たな事業のパートナーに考えていた。
そう聞いて、彼女も彼の願いを受け入れた。
購入に訪れたのはソーマだった。
FNGcyuZacAATelx.jpg
面白いことを始めた奴隷商の噂を聞いて訪れた。
ジンジャーの教育が他の奴隷商にも波及した。
噂を辿ってジンジャーを探して訪れた。
ソーマは奴隷制度を廃止したいが急な改革は争いを生む。
そこで、先ずは奴隷商を公営化したい。
そこで職業訓練を行う、その所長をジンジャーに任せたい。
サンドリアと喜んで引き受ける。

ーーー次回 「うがい手洗いは防疫の基本」ーーー
 
途中から主役が代わってました。
ソーマが行ったのは奴隷解放の手段。
穏やかな解放を目論んだ。
そして有益な人材を増やしたい。
ただ学校を作るだけでは人材は増えない。
なぜならば、重要な職は貴族が独占してしまうから。
そこで識字率を上げるだけではなく、奴隷を開放して人民として国家に組み込む。
それで有用な人材の数が跳ね上がる。
これは面白いエピソードですね。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 2022年新作アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:現実主義勇者の王国再建記  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

てぃわは

Author:てぃわは
Cocologが容量いっぱいで、こちらで継続します。
アニメやドラマの感想がメインです。
もう一つ別のブログも利用してます
文責は放棄していませんが、リンクはフリーです。

検索フォーム
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
G-AF
Amazon
Amazon IFrame
カテゴリ
月別アーカイブ
楽天アフィリエイト
最新トラックバック
ブログサークル更新用
カウンター エリア
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メモリーボード
Pingoo Memory Board
ブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
ブログ村カウント
ブログランキング
ブログランキング