fc2ブログ

やくならマグカップも 二番窯 BS11(10/11)#02

第2話 私のパラダイス
 
昔の年賀状を片付けていると、ついつい見入ってしまう。
そんな中に隣の直ちゃんからの年賀状を発見。
FBA3Nk0UYAUPmQn.jpg
昨日はありがとう、とだけ書かれていたが覚えていない。
直ちゃんが母親と喧嘩して家出してきた。
今夜は泊まることになる。
そこで年賀状の話をすると覚えているらしい。
でも正直に話すのは恥ずかしい。
そこで公園で桔梗の花を見つけたらと条件を出される。
FBbBAalUcAATOEj.jpg
冬に桔梗の花が咲いているはずがない。
でも既に1つを見逃したとヒント。
それはマンホールに描かれた桔梗の花のことだった。
幼い頃は変な子と言われていた直ちゃん。
父親の影響でアニメやソフビなどが好きになった。
LD、DVD、BDも大量に持っている。
そんな彼女に優しく声を掛けてくれたのが姫だった。
FBbBuvJVkAYBSS8.jpg
小学校で陶芸教室が開催された時のこと。
母親がコーヒー好きなのでコーヒーカップを作った。
大きくなったので考えたら毛糸だまを入れるヤーンボウルを思いついた。
そこで切れ込みを入れて毛糸玉が転がって毛糸を取り出せるようにした。
完成した作品をクラスメイトは約立たずのマグカップだと告げた。
ヤーンボウルだと説明できずに落ち込んだ。
FBbB4BXVUAMWjtw.jpg
ゴミとして処分しようとしたが姫ちゃんだけが褒めてくれた。
切れ込みのカーブがキレイだと言ってくれた。
姫ちゃんは何でも受け入れる美濃焼みたいな子。
FBbCrg1VUAEA93c.jpg
直ちゃんはワンダーランド、パラダイス。
荷物を持って出かけるので尾行したら、廃車をデコっていたから。
姫ちゃんには素直になれる直ちゃんでした。
FBbCH8_VQAUzz1w.jpg
ヤーンボウルは今も母親がたまに使っているらしい。
母親と仲直りして家出も終了。

ーーー次回 「」ーーー
 
直ちゃんのエピソード。
実はちょっと変わった子だった。
だから彼女を受け入れてくれる娘は少ない。
姫ちゃんだけが幼い頃から優しくしてくれた。
隣の家でもあるので仲良しの二人でした。
姫ちゃんは何でも受け入れる美濃焼みたいな娘は、ちょっと無理やり過ぎる。
共同生活では目立つ子、不思議な子は排除される。
大きくなって説明できるなら大丈夫なのですが、子供は残酷ですからね。
と言うか思慮が足りないですからね。
ヤーンボウル、初めて知ったが編み物をするなら便利そうですね。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 2021年新作アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:やくならマグカップも  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

てぃわは

Author:てぃわは
Cocologが容量いっぱいで、こちらで継続します。
アニメやドラマの感想がメインです。
もう一つ別のブログも利用してます
文責は放棄していませんが、リンクはフリーです。

検索フォーム
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
G-AF
Amazon
Amazon IFrame
カテゴリ
月別アーカイブ
楽天アフィリエイト
ブログサークル更新用
カウンター エリア
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メモリーボード
Pingoo Memory Board
ブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
ブログ村カウント
ブログランキング
ブログランキング