fc2ブログ

蜘蛛ですが、なにか? BS11(7/04)#24終

最終回 第24話 まだ蜘蛛ですが、なにか?
 
魔王アリエルの深淵魔法で死亡した蜘蛛子。
でもマザーから奪った産卵のスキルで自身の劣化コピーを作成。
slwMZJZeJXPHKsQ.jpg
そこに並列意思を移植できた。
なので肉体が消滅しても無事に復活できた。
でも不意打ちで深淵魔法をかけられたらどうなるのだろうか?
そんないくつかの特殊な状況も考えて準備する蜘蛛子だった。
aCHLaLzQSBDqdiI.jpg
そう言えばアリエルとの戦闘中の進化した。
確かめてみるとどれも、とんでもないレベルに進化していた。
それでも魔王アリエルには勝てなかった。
そしてアラクネ種族に進化したので待望の人間の上半身を手に入れた。
これで少しは人間らしい?
ukwPiufzNqCYoHx.jpg
ソフィアと京也はエルフと戦闘を始める。
止めに入るシュンだが、まだまだ弱い。
面倒なので少し眠っていて欲しい。
それを身を挺してかばう侍女のアナ。
ejdKiXBIoGlcFFz.jpg
そんな気はなかったが切りつけてしまって瀕死状態。
必死の治癒魔法を行うシュン、レベル到達、禁忌の魔法を発動してしまう。
lgUAsBtOPbpAupb.jpg
そしてシュンにも真実を知るアプリがインストールされてしまう。
結果、苦しむシュン。
WCaczVEYgDMSWSc.jpg
ソフィアが気になって白将軍が駆けつけた。
彼女こそソフィアがご主人さまと慕う存在。
ffPkvrFlaTFaxve.jpg
彼女は転生者で、若葉とそっくりな姿。
ご無沙汰しています先生。
岡ちゃんも把握していなかったクラスの生徒だった。
hRBSWRgfVFFHsxD.jpg
アラクネに進化した蜘蛛子、吸血っ娘はどうしたかなと千里眼発動。
領主の屋敷、周辺が火の海になっていた。
エルフの別働隊が町を襲撃していた。
このままではソフィアが危ない。
領主は領民の避難を最優先に指示していた。
彼らの避難が終わるまで、領主が避難するわけには行かない。
執事のメラゾフィスにソフィアの脱出を依頼する。
pfWjsHfWnSTSgPA.jpg
しかしエルフたちは屋敷まで到達していた。
メラゾフィスがソフィアを守るが攻撃で瀕死状態。
wTsBmcDCtyviaYU.jpg
この状況を打破するにはこれしかない、ソフィアが吸血して眷属にする。
不老不死となったメラゾフィスはソフィアを守るために戦う。
oIyRYJxbGgMcsEP.jpg
ポティマスが到着、吸血鬼は後々厄介な存在になるので赤子のうちに処分する。
メラゾフィスでは彼に叶わない。
そんなピンチに登場したのが蜘蛛子だった。
彼女の攻撃でも負傷しないポティマス。
fcaPMIvNhIauokn.jpg
ちょっと異常な存在、しかも魔法無効化結界を張られて戦力を奪われる。
肉弾戦は彼のほうが強かった。
nhUmDtYMqcsEuYZ.jpg
それでも自身の体内で完結する魔法は発動する。
ポティマスがロボットであることが分かる。
この機械文明がこの星世界を滅ぼした原因の一端だった。
機械が明らかになったポティマスを敵認定する。
歪曲の邪眼は空間を捻じ曲げるスキル。
ポティマスにも有効だったが、移動されると効果なし。
lxPRfXpvqGxYJbe.jpg
ポティマスも蜘蛛子を危険な存在だと認定してここで倒すと迫ってくる。
このままではジリ貧でいずれ倒される。
そこに魔王アリエルが転移してきた。
軽いノリのチャラい存在に変わっていた。
ポティマスは一撃で破壊する。
このボディでもアリエルを倒せないのか。
予備のボディが複数存在するポティマス、新たなボディで蘇る。
VGsalNJsgNKkQKb.jpg
停戦しない?
アリエルは深淵魔法でも死ななかった蜘蛛子との戦闘を諦める。
元肉体担当と精神が混ざって戦闘する意思も失った。
ポティマスたちを倒すために手を組まないか?
RcyvDqsJZYHzsgN.jpg
世界の深淵を覗いた蜘蛛子にもポティマスの持つ機械文明は危険。
この星を滅ぼす原因の一つだから。
蜘蛛子に異論はなかった。
QdFstTbpfBjQHbE.jpg
メラゾフィスとソフィアも一緒に参加しないかと声を掛ける。
吸血鬼でも魔族領なら平和に暮らせる。
メラゾフィスは自身が眷属となったことを認識する。
お嬢様を守るためなら願ったり叶ったりです。
GMEbzTcTtaIJHhe.jpg
蜘蛛子、メラゾフィス、ソフィアもアリエルの魔王軍に参加する。
xEvDVWywHwFIkWp.jpg
世界を救うヒーローとか、ないわー。

ーーー最終回ーーー
 
ようやく明らかになった魔王軍の白将軍。
彼女こそ蜘蛛子でした。
魔王アリエルは元肉体担当と混ざって性格までチェンジ。
蜘蛛子が彼女を支配しているのかと思ったが違いました。
そしてエルフは司令室や機械兵の遠隔操作などが描かれてましたが
機械文明が進んで種族でした。
それが星を滅ぼすからと敵として戦う魔王軍でした。
人間パートと蜘蛛子パートの内容の違いに、少し見づらかったですね。
もう少し人間パートでも世界観や設定説明を丁寧に描けば分かりやすい作品になったかも。
シュンたちの日常を丁寧に描きすぎた気はする。

シュンと白が対峙して終わった、俺たたエンドですよね。
この世界の星とは未来の地球な落ちだろうか?
それともテラフォーミングした火星とか?
機械文明が進みすぎることへの警鐘を表している?
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 2021年新作アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:蜘蛛ですが、なにか?  Trackback:1 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可

Trackback

Trackback

蜘蛛ですが、なにか? #24 最終回

『まだ蜘蛛ですが、なにか?』 ぐ~たらにっき - 2021.07.10 23:11

プロフィール

てぃわは

Author:てぃわは
Cocologが容量いっぱいで、こちらで継続します。
アニメやドラマの感想がメインです。
もう一つ別のブログも利用してます
文責は放棄していませんが、リンクはフリーです。

検索フォーム
カレンダー
10 | 2022/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
G-AF
Amazon
Amazon IFrame
カテゴリ
月別アーカイブ
楽天アフィリエイト
最新トラックバック
ブログサークル更新用
カウンター エリア
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メモリーボード
Pingoo Memory Board
ブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
ブログ村カウント
ブログランキング
ブログランキング