2018-04-13(Fri)

銀河英雄伝説 Die Neue These TokyoMX(4/12)#02

第2話 アスターテ会戦
DalgzYqVwAEHnyV.jpg 
ヤン・ウェンリー准将はパエッタ中将に作戦を立案、提出していた。
しかし負けない戦術ではなく勝つための作戦を求められ却下される。
ヤン准将は帝国の作戦を各個撃破だと予想的中させていたのだった。
第4艦隊とは通信妨害で音信不通、救援に向かいたいパエッタ中将。
ヤンは第6艦隊との合流を進言するが受け入れられない。
第6艦隊の友人、ラップと回線が繋がる。
彼も指揮官にヤンと同じく合流を進言するつもりだった。
通信が遮断され、ヤンとラップの進言は受け入れられぬままに
 第6艦隊も全滅、帝国軍は第2艦隊に向かってきた。
帝国軍の攻撃で旗艦が被弾、パエッタ中将が負傷、ヤンに指揮を任せる。
DalkMtwVwAEbeny.jpg 
ラインハルトは第4艦隊、第6艦隊を屠って、第2艦隊に向かう。
紡錘の陣で中央突破を図る。
ヤンは通常回線で指揮を引き継いだことを連絡、俺を信じれば大丈夫。
艦隊との通信はデータ圧縮通信を事前に準備していたヤン。
各艦に作戦を伝える、左右に分断して後退、帝国軍の背後を襲う作戦だった。
Dalk6iIVwAEF-0J.jpg 
ラインハルトはあまりの呆気なさに違和感を感じる。
しまった、中央突破を読まれての同盟の作戦だと気づくが後の祭り。
中央突破を利用されて背後から攻撃される。
反転しての迎撃こそ愚の骨頂、前進あるのみ、同盟軍の背後を突く。
お互いに背後の取り合いとなり消耗戦が始まった。
適当なところで撤退しましょう。
この結果でも見事な戦績です。
DallpYwVMAAlj3V.jpg 
相手の指揮官、ヤンに連絡してくれたまえ、後日の再戦を楽しみにしているよ。
ヤンも追撃は行わずに残兵の救助を最優先にする。
DalmG20UMAAomli.jpg 
帝国の新無憂宮でラインハルトは帝国元帥に昇格する。

---次回 「常勝の天才」---

ヤン・ウェンリー准将は最初から帝国軍の戦略を見抜いていて立案していた。
彼もまた参謀として優秀なのでした。
しかし指揮者には認められずに同盟軍は惨敗を喫したのでした。
最後に彼が指揮をして全滅だけは免れた結果でしたね。

ヤン・ウェンリーの切れ長で眠そうな目が不気味。
作戦が失敗したら頭をかいて誤魔化そうの顔が不気味過ぎる。
もう少し気まずい笑みを上手く描けなかったのだろうか?
なんと言うかイケメンに描こうとして逆に異様な目付きになったように思える。
これではやり手だと分かりすぎて面白くない。
貴族で絶世の美男子と凡庸な風貌の一般人との対比が成立していない気がする。
関連記事
スポンサーサイト

trackback url


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

trackback

銀河英雄伝説 Die Neue These 第2話 『アスターテ会戦』 SIDEヤン。アッテンボローが出ない、パエッタがおっさん!

アッテンボロー居ないのは原作通り。むしろ旧作でラオの出番が削られちゃいました。旧作は後半でこそ原作に忠実になりましたが、前半は結構オリジナル要素多かった。トニオとクルト。銀英伝の世界観を説明してくれるモブキャラでした。また旧作ではアスターテ会戦時ラインハルトとキルヒアイスはヤンを知っていて、しきりに気にしていた。本作ではこの戦いで「好敵手」を求めては居ましたが、ヤンの事は知らなかった。&nb...

敵にリスペクト

とりあえず書けるところから~++; 『銀河英雄伝説 Die Neue These』 第二話 アスターテ会戦 心配するな 私の命令に従えば助かる そう言ったのは自由惑星同盟軍 第二艦隊次席幕僚ヤン・ウェンリー准将。 第二艦隊司令官パエッタ中将はヤンの作戦案を却下していました。 じゃあ、どうしてヤンがあの通信を?と思ったら・・ 内心は高く評価していたって、 だっ...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

てぃわは

Author:てぃわは
Cocologが容量いっぱいで、こちらで継続します。
一時期Yaplogでも書いてましたが、検閲が酷いのでアニメ使用は辞めました。
もう一つ別のブログも利用してます
文責は放棄していませんが、リンクはフリーです。

最新記事
最新コメント
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
楽天アフィリエイト
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
楽天2
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
130位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アニメ
68位
アクセスランキングを見る>>
Analyzer
Visitor counting
カウンター エリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メモリーボード
ブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
ブログランキング
BlogPeaple
ブログピープル