fc2ブログ

オルタンシア・サーガ BS11(2/10)#06

第6話 真偽 ~王女の重み~
 
王女と巨人の伝説があるジュアン島。
6- (26)
そこに王女マリエルが現れて義勇軍が集まっていると噂になっている。
ゲオルグ総長の依頼で調査に訪れたアルフレッド一行。
噂を聞いてサリアとエルヴァの双子も訪れた。
6- (11)
その噂は真実で義勇軍が集まっていた。
マリウスもいつ真実を伝えようかと悩んでいた。
隠し事は辛かった。
6- (3)6- (1)
そこに現れたマリエルはアイドルのようでマリウスには信じられない。
6- (28)
あんなものが王女であるはずがない。
6- (22)
激怒して正体を暴こうとするマリウスだった。
義勇軍は王都に向かって出撃するときだと盛り上がる。
ジムは彼らを抑えるべく説得に向かう。
マリエル王女とは嘘、偽物の名はマリーだった。
彼女はアルフレッドたちが訪れるとあっさりと正体を明かす。
実は彼女も偽物を演じることに少々疲れていた。
6- (8)6- (25)
ジムや義勇軍が戻って戦いが始まる。
マリーはアリウスを連れて秘密の洞窟に向かう。
そこで全てを告白する。
6- (18)
マリーとジムは幼馴染、昔は王女と王国騎士団長ごっこで遊んでいた。
ある日、そんな遊びをお店で行ったところ信じるものが現れた。
6- (20)
聞くと教会騎士団の横暴に耐えかねて逃げてきた。
彼らは過酷な労働と重税を掛けてきたのだった。
それならばと彼らの希望となるべく嘘をつく日が始まった。
6- (19)
アルフレッドはジムと剣を交える。
マリーが苦しんでいるのが分からないのか?
その言葉で剣を引くジム。
マリーの隠れている洞窟を知っているジム。
そこで嘘をであることを明かすことにお互いに納得する。
そうしないと正教会が魔女狩りに訪れる。
6- (24)
緊急集会で集まった義勇軍に偽りの王女であったことを謝罪する。
義勇軍は騙されたと怒り出す。
6- (5)6- (10)
双子が巨人を操って暴れさせる。
偽物なら興味はないので処分するだけ。
巨人を倒そうとするマリウスの上に倒れ込んでくる。
6- (16)6- (4)
防ぎようのないピンチに石の巨人にも見える崖がハリボテの巨人を支える。
義勇軍とも和解できて、島の自警団として活動する。
マリーの笑顔を守ることがジムの望みだった。
それが叶って大喜び。
6- (6)
マリーは本物の王女様が背負う苦しみを偽物よりも何倍も大きい。
頑張ってほしい。

ーーー次回 「窮地~暴かれた真実~」ーーー
  
まあ王女の話を描いて置くことで今後の布石にする?
巨人は描かないほうが良かったと思う。
せめて崖に掘った石仏程度で良いのにね。
マリウスがいつ真実を告白するかですね。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 2021年新作アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:オルタンシア・サーガ  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

てぃわは

Author:てぃわは
Cocologが容量いっぱいで、こちらで継続します。
アニメやドラマの感想がメインです。
もう一つ別のブログも利用してます
文責は放棄していませんが、リンクはフリーです。

検索フォーム
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
G-AF
Amazon
Amazon IFrame
カテゴリ
月別アーカイブ
楽天アフィリエイト
最新トラックバック
ブログサークル更新用
カウンター エリア
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メモリーボード
Pingoo Memory Board
ブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
ブログ村カウント
ブログランキング
ブログランキング