FC2ブログ

ハイキュー!! TO THE TOP TBS(12/04)#23

第23話 静かなる王の誕生
 
18-17で稲荷崎がリードでピンチレシーバーとして北主将を投入。
これは弱気の作戦では? 監督は一番の責めだと返す。
今セットでキレキレの宮兄弟の背中を守ってやる必要がある。
それは相手の澤村主将も同じ。
角名のアタックを止められない月島、バテてきたのでは?
EoaQT2xUUAAtRpe.jpg
シンクロ攻撃で月島が飛べずにボールを打てなかった。
自分でも高さが足りなかったと謝る。
EoaQi5BVoAE3Etn.jpgEoaQSfrUYAAIpNO.jpg
いや違う、それも分からなかった俺のミスだと影山。
セッターはスパイカーの調子や状況も把握しないといけない。
日向は囮でも本気のジャンプを続ける、スタミナの化け物に驚く月島だった。
EoaQmfQVQAIij64.jpg
サーブは東峰、人一倍プレッシャーに弱い。
100%のサーブを放つとノータッチエースが決まり盛り上がる。
EoaQi03UYAAtWbq.jpgEoaQvQKU0AAK2UH.jpg
東峰は最初から70,80%と徐々に力を上げてきた。
それは苦しい場面で最高の結果を出すため。
EoaQ7JyU8AIDdq3.jpg
侑がレシーブ、治のセットアップで侑がバックアタックのマイナスの速攻を画策するがミス。
北がフォローして返す。
シンクロ攻撃を仕掛ける、澤村は人数合わせではない。
EoaQBlIU0AAo4p8.jpg
ここで初めての澤村のバックアタックのシンクロ攻撃が決まる。
彼もまたアタッカーの一人だった、20-20となる。
そして20-21で初めて烏野がリードする。
ここでアランのサーブ、強烈なスパイクサーブが決まる。
そしてまさかの侑の2攻撃。
24-21でマッチポイント、烏野に負けたチームは絶対に勝てと応援。
EoaSaScU0AA_Bit.jpg
田中は実は絶好調だった。
ここで調子に乗ってはいけないと影山に本数を減らしてくれと恥を忍んで頼んでいた。
いいえ、攻撃に必要です。
EoaSNprVQAEFAdN.jpg
影山も田中が好調であることは理解していた。
ここまで超インナースパイクを決めてきた。
EoaSxUiVQAETTM5.jpgEoaSspOVgAAtX3q.jpg
それでブロッカーはインを意識して締めてきた。
ここでストレートがオンラインに決まる。
EoaS2q_VQAA-4yE.jpgEoaS3Q_VoAEsCLa.jpg
打つまではインナースパイクの体勢だった。
影山も分かって選択肢が広げられるトスを上げた。
EoaS3ayU8AAJEcY.jpg
24-23と追い上げる烏野。
影山のスパイクサーブで同点。
続いて軽打のサーブで相手の意表を突く。
日向の速攻で24-25と再び逆転で逆にマッチポイント。
しかし稲荷崎も諦めない25-25。
EoaT3oyUcAA7eH0.jpg
稲荷崎の後輩たちは侑や治の天才の後釜は大変すぎると話す。
それを聞いて北主将は理由なく天才やと思うのは間違い。
誰もが1から10までの練習をするのに彼らは1から20までの練習をする。
時にはAからZの練習を面白いからとやる。
見えないところで彼らはやることをやって来た。
始めから優秀なやつなど居ない。
EoaUtLKU8AE9cYF.jpg23= (1)2
ネット際の押し込みの影山。
日向はトスを信じてジャンプするが影山が負けて押し込まれた。
それを足で返してエースにする日向。
EoaWGbnVEAE_3S_.jpg
もっとくれ、影山と笑顔の日向。
トスに出来なくて肉体疲労が押し寄せるのが悔しい影山。

ーーー次回 「バケモンたちの宴」ーーー
 
白鳥沢のコーチは知らないタイムアウトの日向の笑顔。
その前の彼のレシーブが流れを変えると思っていた。
しかし逆に追い詰められたが、日向の発言で皆が笑顔。
そこで余裕が生まれて再びのゲームで追い詰められずに戦えた。
月島がスタミナロスでミスしてますが、挽回のブロックは決められるか?
実は田中が止められて絶不調かと思ったら絶好調だった。
普段ならイケイケで責めるところを少し押さえ気味にしたい。
ところが影山も見抜いていた。
そしてクロスの超インナーを決めて見せてきたから空いたストレート。
それを影山が脅迫と信頼のトスを上げると田中も応じてクロスの体勢からのストレート。
見事に決まって流れを呼び込む。

澤村主将も人数合わせなんかじゃない。
バックアタックのシンクロ攻撃を決める。
メンタルの弱い東峰がノータッチエースを決めた。
ここまでペース配分を考えてきての100%サーブ。
それでも稲荷崎は粘って一方的な独走は出来ない。
影山のサーブが神がかってきた、その後の軽打は小憎らしい。
侑も2アタックを決める。
そんな全員の良さが描かれる、何度も落ちそうでも西谷がレシーブ。
でも最後は日向の足でのレシーブ、ボールが友達だから?
日向の笑顔がチームを引っ張る原動力でした。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : ハイキュー!!
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:ハイキュー!!  Trackback:1 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可

Trackback

Trackback

ハイキュー!! TO THE TOP #22, #23

2話まとめての簡易感想で・・・。(^^; 稲荷崎と僅差で戦ってきた烏野ですが、3セットの中盤から稲荷崎にリードを許します。何とかしようと選手たちは焦りますが、すべてが裏目に出てしまいます。そんな中、ユースにも強化合宿にも呼ばれなかった日向が、ついに覚醒します! アランの強烈なスパイクを、巧みにレシーブしてみせたのです。そのレシーブには、あの影山もナイスレシーブと認めました。しかし、残念な... 日々の記録 - 2020.12.06 16:57

プロフィール

てぃわは

Author:てぃわは
Cocologが容量いっぱいで、こちらで継続します。
アニメやドラマの感想がメインです。
もう一つ別のブログも利用してます
文責は放棄していませんが、リンクはフリーです。

検索フォーム
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
G-AF
Amazon
Amazon IFrame
カテゴリ
楽天アフィリエイト
VISA
VISA Invitation
https://www.smbc-card.com/olentry/affiliate/online_entry.do?bno=03400398911
ブログサークル更新用
日刊BLOGガイド
日刊BLOGガイド
最新トラックバック
カウンター エリア
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メモリーボード
Pingoo Memory Board
ブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
ブログ村カウント
ブログランキング
ブログランキング