FC2ブログ

グランクレスト戦記 BS11(3/30)#12

第12話 条約結成

ヴィラールが亡くなってもアルトゥーク領内は制圧できなかった。
各従属君主や独立君主が集まって相談していた。
これには近隣諸国のレガリア、ハマーンの君主も参加した。
同盟の侵攻を防ぐ意味でも条約を結成する。
盟主にはヴィラールの弟、セルジュが推挙されるが辞退、ラシックを推す。
ラシックはテオに従属を誓っているのでテオにこそ盟主に相応しいと推挙する。
しかしテオの武勲は乏しく、誰も賛同するものは居ない。
それならばテオが武勲を建て、盟主に相応しいと皆が了承するまでは
ラシックに盟主を任せる。
12= (1) 
ミルザーはアルトゥーク領内の反乱分子を討伐していた。
誰しもがヴィラールこそ君主と従属を近いミルザーには従わない。
マリーナからレガリアへの侵攻を求められ出撃する。
セルジュが囮となりミルザーの軍を誘き寄せ待ち受けた
 ラシックの軍が迎え撃つ。
戦場でラシックとミルザーは邂逅して互いの実力を認め合い、撤退する。
03.jpg 
テオの兵、3,000が守る居城を取り囲むマリーネのヴァルドリンド軍。
圧倒的な戦力差で落城は必死だが、マリーネはテオに会見を求める。
愛する契約魔法師のために地位も領土も捨てた男として知られていた。
アレクシスに友と呼ばれたテオ、陛下はマリーネ様との婚姻を望んでいます。
ヴィラール伯爵の最後の言葉も同じだった。
しかし混沌の終了を望まぬものが居る。
彼らをあぶり出すためにも大陸全土を統べる王となる。
それでは無駄な血が流れると自身の理想を解くテオ。
テオの言葉は理想的過ぎる、自らの目標に準ずる意思は変わらないマリーネ。
04.jpg 
必ずやマリーネの思惑を阻止するつもりのテオ。
大講堂の惨劇を奇跡に変えるんだ。
同盟と連合が手を結ぶ、誰も出来ないことをするんだ。
シルーカに突然キスをして兵士を煽る。
二人の愛のために、兵士の合唱はマリーネの耳にも届く。
愛に殉じたいが準じれないマリーネは悔しい思いをする。

ルクレール伯爵、クルートの軍勢がヴァルドリンドの背後を急襲。
孤立を恐れてヴァルドリンド軍は撤退する。
ヴァルドリンドの侵攻はしばらく滞ると予測されるので、今こそ故郷の
 システィナを開放しましょう。
現在の君主、ロッシーニは多数の従属兵を持つ強敵。
モレーノは無理だと言うが、ラシックはシルーカの案に賛同する。
これに成功すればアルトゥーク条約の盟主の座も認められる。

---次回 「故郷」---
 
単独では面白いのですよね。
アルトゥークは広大な領地で従属君主、独立君主も多く
 簡単に制定は出来ない。
ミルザーは力による支配しか考えていないので、戦の日々。
それでは君主として民を導くことは出来ない。
そんなアルトゥーク領内での戦闘が続くのかと思ったら、次回からは
 念願のシスティナ解放に向かうらしい。
その武勲を認められれば、条約の盟主の座も手に入る。
アルトゥーク奪還の布石ですね。
ミルザーは覇者の剣になりたいのだから統治は無理過ぎる扱い。
アルトゥークの平定も同盟には重要なのでしょうが、他に適材者は居ないのでしょうか。
ミルザーに進言していたマリーネから派遣された魔法師が適任かも。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 2018年新作アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:グランクレスト戦記  Trackback:3 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可

Trackback

Trackback

グランクレスト第12話「条約結成」アルトゥーク条約の盟主の譲り合い

グランクレスト第12話「条約結成」は、連合が新しい条約を結ぶエピソード。 先週は第11.5話で総集編だったらしいね。 「もともとダイジェストなのに」と言われてたw アバンはミルザーにヴィラールの部下が挑んでたけど、あっさり死んでた。 ヴィラールにそこまでの人望があったとは意外。 あと「グラインドおじさん」って弾幕もまだやってんのかとw OPアニメは若干変わってたらしい。 元のがどうだったのか... アニメとマンガの感想と考察 - 2018.04.03 14:17

今日見たアニメ二言三言感想 2018/4/2

おしながき ・伊藤潤二『コレクション』 第12話 潰談/噂 ・グランクレスト戦記 第12話 条約結成 アニメガネ - 2018.04.03 21:27

グランクレスト戦記 第12話 『条約結成』 ミルザー...何という呂布。

力こそ全て。うすうす感じていましたが、ここまで極端だったとは。戦いに勝った後のこと何にも考えていないって感じです。強ければ勝手に部下が慕ってくれて、君主たちも従属すると思っているんでしょうか。挙句味方のはずの部下で、ミルザーに進言する魔法師まで恫喝。こいつが陳宮っぽいのもミルザーの呂布感を強めている。どっちにしろ早々にボロが出そう。 他方でテオ達ヴィラールを慕うアルトゥークの君主たちが集結。... こいさんの放送中アニメの感想 - 2018.04.07 13:51

プロフィール

てぃわは

Author:てぃわは
Cocologが容量いっぱいで、こちらで継続します。
一時期Yaplogでも書いてましたが、検閲が酷いのでアニメ使用は辞めました。
もう一つ別のブログも利用してます
文責は放棄していませんが、リンクはフリーです。

検索フォーム
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
G-AF
楽天アフィリエイト
Amazon
Amazon IFrame
カテゴリ
ブログサークル更新用
日刊BLOGガイド
日刊BLOGガイド
カウンター エリア
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メモリーボード
Pingoo Memory Board
ブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
ブログ村カウント
ブログランキング
ブログランキング