fc2ブログ

フルーツバスケット 2nd Seasonテレ東(6/22)#12

第12話 俺の代わりに君が泣いた
 
白木繭子は撥春たちの担任教師。
実家は白木書店、古本屋だった。
父親が入院したので常連さんのために店番をすることになった。
彼女には友人の佳菜がいた。
12= (1)
佳菜はかつて、はとりの恋人だった。
結婚を考えたが草摩の秘密を知って壊れてしまった。
記憶を奪ってはとりとの関係を忘れて改善したのだった。
そんな繭子もはとりに惚れていた。
12= (4)
しかし佳菜の幸せのために思いを心にしまい込んだ。
綾女、紫呉とも仲良く飲食した仲間だった。
紫呉には彼女の心の内を見透かされた。
そして、彼が彼女の寂しさを紛らわす手伝いをした仲だった。
特に何をするわけでもなく側にいただけだったが。
340718.jpg
その紫呉が偶然、店を訪れた。
繭子が居るので、はとりを向かわせた。
紫呉が取り寄せを頼んだ古書は、はとりの注文だった。
翌日届くと知って再訪する。
翌日は繭子の言葉に従ってラフなスタイルで訪れた。
初日はスーツにネクタイで暑すぎる夏の装いだったから。
12= (5)340724.jpg
はとりが幸せそうでないので不服だった。
恋人が居るのに今でも佳菜を思っているのかと考えると不憫で泣きじゃくってしまう。
それは子供のような号泣だった。
恋人が居る情報も紫呉の嘘だった。
何から何まで紫呉に弄ばれたのだった。
食事に誘うはとり。
340715.jpg
髪を切って二人で歩くのは数年先のお話だった。

---次回 「いいっすよー」---
 
今回は、はとりのエピソード。
佳菜とは不幸にも結ばれなかったが友人で高校教師の白木繭子とのエピソード。
紫呉はここでもイタズラっ子。
結果往来だが、自慢げな物言いはちょっと嫌味。
イタズラっ子のままで終わりそうな紫呉。

終盤に向けて由季と夾以外のエピソードもまとめに入りつつある感じ。
透がアキトとの対決前のまとめな感じですね。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : フルーツバスケット
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:フルーツバスケット  Trackback:1 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可

Trackback

Trackback

フルーツバスケット 2nd season 第12話 『俺の代わりに君が泣いた』

白木繭子先生は母親の泣き落としで白木書房の店番を していたら、昔の写真を見つけました。 草摩はとり、草摩佳菜、白木繭子先生が写った昔の写真。 そんな時、古本屋に遣ってきたのは草摩紫呉でした。 偶然でしょうか。 草摩紫呉も白木繭子先生とは旧知の仲だったのね。 しかも、草摩紫呉も白木繭子先生は元恋人だったのは 知りませんでした。 草摩紫呉の次は、草摩はとりが白木書房に 遣っ... 奥深くの密林 - 2020.06.24 02:55

プロフィール

てぃわは

Author:てぃわは
Cocologが容量いっぱいで、こちらで継続します。
アニメやドラマの感想がメインです。
もう一つ別のブログも利用してます
文責は放棄していませんが、リンクはフリーです。

検索フォーム
カレンダー
01 | 2023/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
G-AF
Amazon
Amazon IFrame
カテゴリ
月別アーカイブ
楽天アフィリエイト
最新トラックバック
ブログサークル更新用
カウンター エリア
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メモリーボード
Pingoo Memory Board
ブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
ブログ村カウント
ブログランキング
ブログランキング