fc2ブログ

本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません TokyoMX(5/13)#20

第二十章 ルッツの行く道
 
ルッツが父親と喧嘩して家出した。
20- (1)20- (5)
兄のラルフは探したが行き先を知らない。
ベンノ商会だろうからトゥーリが案内する。
20- (30)20- (29)
マインは発熱で休んでいる。
20- (7)
商会でルッツを連れ帰ろうとするが逆に追い出されるラルフ。
20- (28)20- (24)
それからは他の兄や母も商会に訪れる。
20- (25)
ようやく元気になったマイン。
20- (22)20- (14)
ベンノ商会の屋根裏部屋に住んでいた。
20- (9)
それでは住み込み見習いと一緒。
他国へ出かけたいが両親の許可が必要。
ベンノは養子縁組も考えている。
20- (15)20- (2)
ルッツのことが心配で仕事が疎かになるマイン。
計算機の不調は仕事が滞るので問題だと神官長が事情を聞く。
20- (6)
ルッツを孤児として扱えば孤児院の長が養子縁組を許可できる。
しかし一方の話だけでは不十分、両親も呼んで話を聞くことになる。
両親とルッツ、ベンノが呼び出され神官長がそれぞれの話を聞く。
マインは盗聴防止の魔道具を持って話には参加させない。
20- (27)
父親のディードは一方的に言葉が足らない。
20- (10)
勝手にしろとは、頑張れの意味だった。
20- (19)
ルッツにも伝わっていなかった。
ベンノはルッツを高く評価している。
20- (16)
親になったことのないベンノには親の気持ちは分からない。
ディードはルッツを応援していたが何も通じていなかった。
それが初めて伝わった。
商人の仕事は分からないので教えることも出来ない父。
だから勝手にさせていたのだった。
結局、親子で意思の疎通が取れていなかっただけだった。
20- (4)
親子で分かり合えた。
これがマインが望んでいた結果だった。
神官長からは双方の話を聞く重要さを知らされる。
20- (20)20- (12)
嬉しくて泣いたマインにハンカチを手渡す。
神官長の名前がフェルディナンドだと初めて知った。

---次回 「新たな側使え」---
 
ルッツの家族不和問題の解決でした。
父親のディードは昭和の父親でしたね。
完全な説明不足の言葉足らず。
母親が代わりに説明すればよかったのにね。
それもしなかったのでこじれたのでした。
結局は両親が残念だっただけにも思える。
ルッツに全てを打ち明けて説明する義務があると思う。
親だから言うことを聞けにしか見えないが、それは残念。
相手に理解を求めるなら説明責任はある。
家族会議で話し合う事が必要なエピソードでした。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 2020新作アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:本好きの下剋上  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

てぃわは

Author:てぃわは
Cocologが容量いっぱいで、こちらで継続します。
アニメやドラマの感想がメインです。
もう一つ別のブログも利用してます
文責は放棄していませんが、リンクはフリーです。

検索フォーム
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
G-AF
Amazon
Amazon IFrame
カテゴリ
月別アーカイブ
楽天アフィリエイト
最新トラックバック
ブログサークル更新用
カウンター エリア
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メモリーボード
Pingoo Memory Board
ブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
ブログ村カウント
ブログランキング
ブログランキング