fc2ブログ

自縛少年花子くん TBS(3/06)#09

第九の怪 お茶会
 
寧々はアイドル育成ゲームに夢中だった。
9- (5)9- (6)
イケメンの先輩がクラスに尋ねてきたよ。
9- (7)9- (8)
日向夏彦、七峰桜の仲間だった。
9- (1)
番号交換する寧々、流されている。
9- (3)9- (4)
途中で金魚鉢を持つ夏彦、花子くん? 司に水をかけられる
9- (9)9- (10)
魚になった寧々を食べようとすると気絶。
9- (2)9- (11)
目覚めると桜のお茶会に招かれていた。
9- (14)9- (16)
花子くんの彼女?
9- (19)
ここは危ないところだから用心しないといけない。
9- (15)9- (17)
騙されないと思うが花子くんの愚痴で盛り上がる。
9- (18)9- (20)
桜も同じで司と縁を結んだ、二人は同じ境遇。
僕は普の双子の弟だよ。
9- (12)
猫みたいなものだと諦めている。
9- (22)9- (26)
だから最後に話せて良かった。
9- (28)
主人には逆らえないと寧々が椅子に拘束されてしまう。
9- (29)
夏彦も同じく拘束されてしまう。
その虐待が愛情だと考えていた。
9- (32)9- (31)
花子くんからラジオを通じて会話できる。
騙されてごめんね。
そこは彼岸でも此岸でも境界でもない世界で広い。
花子くんでも容易に見つけられない。
見覚えのある扉を開ければ元の世界に戻れる。
ただし危ない扉もあるから気をつけて。
9- (33)9- (34)
夏彦が適当に開けると危険な扉ばかり。
9- (35)9- (30)
連続で失敗したので少しは慎重になる。
桜は裏切ってない、愛情だと話していると扉に飲まれてしまう。
9- (41)9- (46)
どの扉を開ければいいか悩んでいると聞き覚えのある音楽が聞こえる。
開けた扉は間違いで、その裏にある扉。
それは旧校舎の扉、見覚えある。
中は旧校舎で見知った世界。
9- (39)9- (40)
そこで花子くんになる前の普と出会う。
傷だらけで泣いていたので手当しようとするが逃げられる。
鍵を落としてしまう、返そうとすると花子くんが見つけてくれた。
9- (42)9- (43)
元の世界に運ばれる。
そこは1969年7月18日だった。
9- (36)9- (38)
先日はドーナツ駄目にしてごめんね、許してくれる?
おかえり。
9- (37)9- (47)
鍵は返せず持ち帰って来た。
9- (48)
つぎはどうしようかなと画策する司。

---次回 「カガミジゴク」---
 
今回は司が具体的に動き出した。
それも寧々をターゲットにしてきた。
早く対決するしかない。
次も寧々が被害者になる?
寧々が主役になると半分がギャグになってしまう。
そのギャグでシリアス成分が薄らぐのは良い感じかも。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 2020新作アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:地縛少年花子くん  Trackback:1 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可

Trackback

Trackback

地縛少年花子くん 第九の怪 『お茶会』

八尋寧々がイケメンに呼び出されるなんて 一体何があったのだろう。 相手は、七峰桜とつるんでいる日向夏彦でした。 もしかして、八尋寧々を捕獲しに来たのか? まさか、「七峰桜の仲間にならないかい。」との 勧誘でしょうか。 おっと、柚木司がバケツの水を八尋寧々に かけて金魚にして捕獲成功。 お茶会が始まって30分も経ったら 八尋寧々は 「私、騙されているよ。」 状態になっ... 奥深くの密林 - 2020.03.09 20:26

プロフィール

てぃわは

Author:てぃわは
Cocologが容量いっぱいで、こちらで継続します。
アニメやドラマの感想がメインです。
もう一つ別のブログも利用してます
文責は放棄していませんが、リンクはフリーです。

検索フォーム
カレンダー
11 | 2022/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
G-AF
Amazon
Amazon IFrame
カテゴリ
月別アーカイブ
楽天アフィリエイト
最新トラックバック
ブログサークル更新用
カウンター エリア
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メモリーボード
Pingoo Memory Board
ブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
ブログ村カウント
ブログランキング
ブログランキング