FC2ブログ

ソマリと森の神様 BS11(2/27)#08

第8話 祈り語る出会いと絆

ハライソの伝記は読めなくなった。
304年前に館長のイゾルダが借りていた。
魔女族の寿命は150年、館長などの高名な人は長寿。
ERyuXpWU8AA-vCq.jpg
ソマリはどうしても読みたい。
プリネラがとっておきの本を貸してくれる。
ERyu5zYVAAAyiBQ.jpgERyvBMgVUAAGlmv.jpg
その本は図書館の見取り図で秘密のルートが記載されていた。
ERyvBNFU4AA-Cdq.jpgERyvBM0UUAALWiA.jpg
館長室まで記述されていた。
ERyvpI-UwAA79Tg.jpgERyvpk0UwAE4O3U.jpg
ゴーレムが進んでいくと見たことのない生物が警報を発する。
ERyvEj4UwAANnCa.jpgERyvI6nUUAY827t.jpg
魔女の警備隊が出動する。
ERyvQ4WU8AENVDh.jpgERyvSRkU8AATJAk.jpg
地下の泉に突入するゴーレム。
ERyvYc_U8AA3lFi.jpgERyvwm0VUAA0qjF.jpg
艦長室の手前で警備隊に囲まれる。
しかし館長が二人を招き入れてくれる。
ERyvmq3UYAAYxSD.jpg
彼女がハライソの伝記を書いたのだった。
ERyvw-9U4AEmX8b.jpgERyvxJbU0AA5h5d.jpg
彼女は前任の魔女フェオドラから聞いた話を本に記したのだった。
幼いフェオドラは暴風に飛ばされてしまった。
ERyv_UoVAAAH10J.jpgERywI2lUYAEF2iw.jpg
落ちたのがハライソの村だった。
そこで人間たちを守り導くゴーレムのハライソ。
ミヤがフェオドラを見つけハライソが連れ帰って寝かせた。
人間たちは異形を恐れて暮らしていた。
ERywbL0UcAId8so.jpgERywhfsU0AMs5U1.jpg
なので種族と口走ったフェオドラに詰め寄った。
ERywd2MUUAIIaGR.jpg
ハライソが人間だと告げて事なきを得る。
ERywtkLU0AEdMi0.jpgERyw9oxUYAA171r.jpg
人間は弱い種族、異形を恐れているとゴーレムが守ってくれた。
ERywzFwUcAAr7h7.jpg
フェオドラは涙が空中に漂う種族だった。
ERyxKCTU0AAT7Fc.jpgERyxRn-U8AAilHW.jpg
ミヤが芋餅を届けに来る。
ERyxV3YVAAA9ubD.jpg
ミヤはお婆ちゃんみたいと言われるので芋餅は食べたくない。
それならばと髪を編んで可愛くしてあげる。
ERyxc2rUwAAr03Y.jpgERyxeCpUEAAi87p.jpg
フェオドラは村の人と仲良くなり作業を手伝った。
ERyxktSUcAA7v0X.jpgERyxjLpU0AAoxus.jpg
ゴーレムの観測で上空の風に乗れば家に戻れるだろうと分かった。
ミヤと遊んでいると警報が鳴り響く。
ERyx57RVUAAcDp3.jpgERyx-nHUcAAZru0.jpg
異形が迷い込んだのだった。
しかし異形は言葉を話す大人しい種族だった。
無抵抗の異形を村人は惨殺した。
ERyyAWTU0AA-pai.jpg
異形に対する恐れと憎しみが混じっていた。
ERyyH7QU4AANzqu.jpgERyyXDRU4AAjrGg.jpg
この村にいると自分も殺されると高台に走る。
早く風に乗って村を出ないと危ない。
ERyyfH3U8AY22D6.jpgERyyZ-vUcAETqwZ.jpg
ミヤに見つかるが強風でミヤが崖下に引っかかる。
しかし風に吹かれて落下する。
ERyyexyU4AA7gGy.jpgERyyk8tUwAANdc_.jpg
助けようと箒に乗ってミヤを助けるフェオドラ。
ERyyuvpUcAEizV5.jpg
異形だとバレてしまったがミヤを助けたので見逃してもらう。
ERyyyaTVAAE5zSi.jpgERyyymQUEAA_JK3.jpg
立ち去るフェオドラにミヤは異形じゃなく友達だと言ってくれる。
ERyy0GhVUAEcSpi.jpg
フェオドラは千年後に本にして良いと告げたがイゾルダは千年待たずに本に書いた。
ERyzL3aVAAAWLmb.jpgERyzSXlUwAA8d23.jpg
ソマリを呼んで私達が怖いですか?
怖くない、友達もたくさんいる。
怖くないなら私達は分かり合える。
相手を思いやる心に絆が生まれる。
ERyzWE5UcAAT5Ha.jpgERyzanFUEAAR2SN.jpg
最果ての村に人間が居ると聞いてます。
最後にあなた達に逢えてよかった。
ERyzc-5VAAEQ9TG.jpg
世界の加護のあらんことを、消失する。

---次回 「小さな日々の思い出」---
 
今回はハライソの伝記。
異形は人間を狩って食べる。
そのせいで、人間は異形を排除する。
互いに分かりあえなかった世界ですね。
最初は共に暮らせていたが人間が異形を毛嫌いした。
でも実力では叶わず逆に追い払われた。

そんな世界でソマリは異形と仲良く過ごす。
ソマリこそが人間の希望なのかもしれない。
ソマリが人間に会えるのかは不明ですが。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 2020新作アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:ソマリと森の神様  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

てぃわは

Author:てぃわは
Cocologが容量いっぱいで、こちらで継続します。
一時期Yaplogでも書いてましたが、検閲が酷いのでアニメ使用は辞めました。
もう一つ別のブログも利用してます
文責は放棄していませんが、リンクはフリーです。

検索フォーム
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
G-AF
Amazon
Amazon IFrame
カテゴリ
楽天アフィリエイト
VISA
VISA Invitation
https://www.smbc-card.com/olentry/affiliate/online_entry.do?bno=03400398911
ブログサークル更新用
日刊BLOGガイド
日刊BLOGガイド
最新トラックバック
カウンター エリア
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メモリーボード
Pingoo Memory Board
ブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
ブログ村カウント
ブログランキング
ブログランキング