FC2ブログ

刻刻 BS11(3/04)#09

第玖刻

佐河と汐見は祖父を退出させるべく本石に血を注ぐ。
苦しみ始める祖父、彼が退出させられると圧倒的に状況は不利。
樹里は本石を目指して瞬間移動を命じる。
思い浮かべれば可能なはず、霊回忍は抜けていく。
必死の思いで見事に本石付近に移動した。
何とかして止めようとするが良い方法が浮かばない。
皆は返せるから良いかと本石を破壊する樹里。
内部のコアも破壊して祖父の霊回忍消失は防がれる。
9- (4)
駆けつけた佐河と汐見、状況を理解すると汐見を襲う佐河。
寝返るから連れて行ってくれ。
間島、迫と合流できた3人。
樹里の能力で元の世界に戻ることは可能だが樹里は帰れない。
汐見は元の世界に帰りたいだけで、可能性の高い者を選んだだけ。
佐河の探知能力は神離忍の能力と同じで精度は高くないが
 広範囲に感じ取れるので強力。
神離忍とのバランスを保つためには食料が必要。
彼の目的は未来を見ること。
現実の世界で数十年の覇者となっても詰まらない。
それよりも何百年先を見たい知りたい。

そんなことのために家族は生死を賭けた戦いに巻き込まれた。
樹里は佐河の目的を聞いて嘆いて和解を考える。
佐河は闘うことで神離忍の能力や力の使用を学んでいる。
今ここで樹里たちを開放することはないと想像される。
9- (6)
父親は真と自宅に帰る、そこにはバイトの飛野が神離忍に変貌していた。
彼はかつての管理人のルールには関係なく父を襲う。
真を守るためにも闘うが歯が立たない。
真が覚醒して命令すると神離忍は従う。
二人に合流する樹里たち。
9- (7)
父の命令に神離忍が従った様に見えた。
私の力だと宣言するが信じない、もう一度命令して。
9- (8)
真が密かに協力する。
これを佐河に対抗させれば良いんじゃないの?

---次回 「」---
 
祖父の強制退去は阻止することが出来た。
汐見も味方になったが、佐河に対抗する武力が足りない。
そんな状況下で真の覚醒と飛野の神離忍となったことで
 状況は好転したのだろうか?

この作品はストーリーが良く出来ている。
毎回ピンチとチャンスの連続で新たな状況が生み出される。
常に次回が楽しみで待ち遠しい。
結局は佐河を止めて樹里の能力で強制退去させるしか無さそう。
間島、真の覚醒で力を合わせればなんとかなるのだろうか?
子供の純真な気持ちで願えば能力が得られるようにも思える。
父親が最後に何かを起こしそうで、鍵の一つになりそう。
樹里を返して自分が残る的な自己犠牲だろうか?

樹里が自分を返そうとして出来ないのは本当かは疑問が残る。
あの時点で帰せると分かることは、後の人間を帰せなくなることが
 分かっていて本気で実行していない気がする。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 2018年新作アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:刻刻  Trackback:1 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可

Trackback

Trackback

刻刻 #9

お祖父さんが強制的に時の止まった世界から排除されるのを、樹里が阻止するお話でした。 物語は、前回の少し前に戻ります。佐河に殺された飛野でしたが、まだ完全には死んでいませんでした。残された意識の中で、彼はまだ生きていたと強く願います。これが今後の展開の伏線でした。 止界術に使う石を奪われたことで、佐河たちにとって最も邪魔な存在であるお祖父さんが、強制的にこの世界から排除されようとし... 日々の記録 - 2018.03.06 22:50

プロフィール

てぃわは

Author:てぃわは
Cocologが容量いっぱいで、こちらで継続します。
アニメやドラマの感想がメインです。
もう一つ別のブログも利用してます
文責は放棄していませんが、リンクはフリーです。

検索フォーム
カレンダー
05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
G-AF
Amazon
Amazon IFrame
カテゴリ
楽天アフィリエイト
VISA
VISA Invitation
https://www.smbc-card.com/olentry/affiliate/online_entry.do?bno=03400398911
ブログサークル更新用
日刊BLOGガイド
日刊BLOGガイド
カウンター エリア
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メモリーボード
Pingoo Memory Board
ブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
ブログ村カウント
ブログランキング
ブログランキング