fc2ブログ

ヘヴィーオブジェクト TokyoMX(12/11)#10

第10話 二人三脚登山は命懸けで イグアス山岳砲撃戦I

空母も今はオブジェクトの輸送に使われる時代。
今回のターゲットはマスドライバー財団。
軌道エレベーターと次世代の宇宙開発の利権を狙っているが軌道エレベーターが優勢。
月面を攻撃しようと画策したのも彼らだった。
軌道エレベーター賛成派の有力議員を狙っていた。

フローレイティアにハルリードから通信が届く。
ミリンダは不機嫌、彼が操縦する第2世代オブジェクトとの模擬戦を命じられた。
ブライトホッパーに適当に負けなくてはいけないが、善戦しないと怒られる。

マスドライバー財団は南米に移動したらしく、今回は海上輸送の後に上陸する。
その際にフロートを付け替えなくてはいけない。
南米アンデス山脈のイグアスは無政府地帯で無所属地点。
鉄鉱石の鉱脈が有って衛生からの探査では多数の金属反応がある。
苛立つミリンダは敵はいないと適当に攻撃して言い放つ。
外れたらおっぱいで型どったババロアを作ってもらう。

上陸するクウェンサーたちの揚陸艇が攻撃される。
おそらくは無線操作の攻撃だろう。
熱源反応から民間人は不在だと山を一斉掃射する。
無線操作された砲塔を発見する。
南極でも電源となった敵オブジェクトは発見できなかった。
もしかしたらステルス・オブジェクトが存在するのかも。

貴族のハルリードが率いる52小隊が37小隊に共闘を持ちかける。
彼の申し出には賛同しないフローレイティア。
君はもう少し、公私共に申し出を受け入れるべきだ。

---次回 「二人三脚登山は命懸け II」---



実は貴族だったフローレイティア、彼女を狙う貴族でオブジェクトのパイロットでもある
 ハルリードとプライベートでも関係がある様子。
求婚でもされているのでしょうか。
そんな彼女のプライベートも交えながらマスドライバー財団を追いかける。
前回の南極任務で彼らの存在が有った様子。
ステルス・オブジェクトが存在するようですね。

マスドライバーって日本では異常に有名かもしれない。
普通に考えても1度の加速で大気圏に荷物を運ぶって
 繊細なものは重力加速度に耐えられずに壊れますよね。
そんな稚拙なSF小説家の思いつきのような物を他国の人間は
 どれだけ知っているのでしょうね。
当然、現実的にも軌道エレベーターが優勢です。

毎回、任務の政治的背景や企業の説明など面倒な部分が多くて
 伝えるのが大変なアニメですよね。
そのため、ストーリーには無駄にも思える描写でなんとか興味を
 惹きつける演出がなされてます。
それはそれで重要かもしれない。
関連記事
スポンサーサイト



Tag:ヘヴィーオブジェクト  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

てぃわは

Author:てぃわは
Cocologが容量いっぱいで、こちらで継続します。
アニメやドラマの感想がメインです。
もう一つ別のブログも利用してます
文責は放棄していませんが、リンクはフリーです。

検索フォーム
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
G-AF
Amazon
Amazon IFrame
カテゴリ
月別アーカイブ
楽天アフィリエイト
ブログサークル更新用
カウンター エリア
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メモリーボード
Pingoo Memory Board
ブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
ブログ村カウント
ブログランキング
ブログランキング