FC2ブログ

牙狼 紅蓮の月 テレ東(12/04)#09

第9話 光滅

幼きキヨメは祖父に破門され一人で火羅と戦う訓練を課していた。
そんなキヨメを助け指導してきたのが先代の蘆屋道満だった。
キヨメの素質を見抜き稀代の魔戒法師になるやもしれんと考えていた。
星明の名を与える。

ギヤマンの壺を手に入れて一人悦に入る星明。
米を買う金も無いので番犬所に仕事を貰いに行った雷吼。
火羅が出たと二人を連れて駆け付ける。
番犬所でもらった仕事は厄介な火羅だった。
光を吸収する闇の火羅だった。
黄金騎士の光さえも吸収する。
中に入って内部から破壊するが苦しむ雷吼。
急ぎ鎧を脱がせる星明だが魔導輪は黒く染まっていた。

目覚めた雷吼は様子が違っていた。
悪いことでも平気で行う様子が異なるのだった。

番犬所で相談する星明、鎧に闇の残滓が残っている。
闇を祓わないといずれ人格も乗っ取られる。

雷吠を拘束して道摩法師、先代の蘆屋道満を訪ねる。
闇の祓い方を教わる、母のように体内に取り込んで封じれば良い。
しかし取り込んだ闇は一生消えない。

拘束したはずの雷吼が脱走していた。
雷吼が黄金の鎧を纏うが暗黒に染まっていた。

星明が抱きしめて闇を吸収、引き受けると黄金の鎧に戻る。
雷吼は目覚めると元に戻っていた。

---次回 「一寸」---


なんだろう、このシリーズは未だ面白く感じない。
やはり、黄金騎士が火羅を倒す爽快感や見せ場がない。

今回も今後のネタの仕込みなのだろうか、闇を祓って終わり。
色々と役者が足りないのかもしれない。
いずれ星明の封じた闇が暴走することでもあるのだろうか。
最初に火羅を内部から破壊して倒したのかも分からなかった。
この辺りの演出はもう少し派手に、頑張って欲しかった。

幼き星明は現在の道摩法師、先代の蘆屋道満に術を教えこまれたのですね。
祖父とは敵対する相手ですね。
関連記事
スポンサーサイト



Tag:牙狼  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

てぃわは

Author:てぃわは
Cocologが容量いっぱいで、こちらで継続します。
アニメやドラマの感想がメインです。
もう一つ別のブログも利用してます
文責は放棄していませんが、リンクはフリーです。

検索フォーム
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
G-AF
Amazon
Amazon IFrame
カテゴリ
楽天アフィリエイト
VISA
VISA Invitation
https://www.smbc-card.com/olentry/affiliate/online_entry.do?bno=03400398911
ブログサークル更新用
日刊BLOGガイド
日刊BLOGガイド
最新トラックバック
カウンター エリア
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メモリーボード
Pingoo Memory Board
ブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
ブログ村カウント
ブログランキング
ブログランキング