fc2ブログ

うしおととら TokyoMX(12/04)#23

第弐拾参話 永劫の孤独

流と日輪は攻撃を受けて動けない。
先に行って獣の槍を取り戻せと潮に告げる。
その先には九印がとらを待ち受けていた。
なぜだか分からないがおかしいと悩むとら。
体一つで戦う潮、とらが捕まってしまうと助けようとする。

無謀に思える行動は九印には理解不能だった。
霧雄は無駄なことはしないから負けたこともない。
潮の行動は獣の槍継承者には相応しくない非論理的な行動だった。
そんな潮を馬鹿にされると無償腹が立つとらだった。

九印の相手をするので先へ行け。
霧緒が今、正に封印するところだと告げる。
斗和子がチェロで葬送曲を演奏する。
霧緒にママは居ないはずなのに。
そして獣の槍は鉛と水銀の中に落下、封印される。
潮の叫びにも獣の槍は答えない。

全ては白面の者の使いの仕業だと正体を暴く父、時雨。
霧緒のママ、斗和子が正体を表す、全ては獣の槍を封印するため。
後はお前たち全員を殺すだけと若い僧を襲う。
冷えて固まった封印槽で叫ぶ潮に応えるギリョウ。
今一度そなたに問う、我とともに行くか?
もうあんなことは二度と嫌だ、ジエメイさんのようななく人を見たくない。
潮の答えに応える槍、しかし斗和子が潮を貫いて邪魔をする。
しかし獣の槍は復活して潮の手に戻る。
斗和子を貫くと逃げて木偶、ゴーレムを呼ぶ。

流と日輪はゴーレム捕獲されて逃げられなかった。
額のEmethの文字を一文字削ってMethとすれば崩れるらしい。
そう告げて自滅の術を唱え始める二人。
殺させておくれよ、潮に告げる斗和子。
獣の槍を引いて、恭順の姿勢となる潮。
ゴーレムの攻撃を防いでEの文字を破壊する。
崩れて二人は開放される。
霧緒に助けてと頼む斗和子、酷いこと言ってごめんよ。

斗和子を助けようと潮に斬りかかる霧緒。
その隙に逃走しようと試みるが結界で抜け出せない。
逆に僧侶たちを炎で焼き尽くそうとする。
霧緒が背後から斗和子を貫く。

また僕を裏切るの?
斗和子に火を放って焼きつくす。
お前たちがママを殺したと泣きながら暴れる霧緒。
ママが死んだらお終いだよ。
霧緒の頬を張る潮、お終いなんかじゃない。
今まで沢山の人が亡くなった、力を合わせて全員で白面の者に
 立ち向かわなければならない。
九印と去っていく霧緒。

今こそお役目様の言葉が分かった気がしたと日輪。
白面の者は絶対強いよな、でも負けたくないな。
また潮に同行するとらだった。

---次回 「愚か者は宴に集う」---


霧緒が騙されて獣の槍を封印する、正体を表す斗和子。
一度は封印されましたが、奇跡の復活、ギリョウの变化した槍ですから
 彼の意志も宿っているのでしょう。
再び槍の伝承者として戦う潮でした。

突っ込みどころも色々ありますが、それよりも、どうすれば熱くて
 格好良く効果的に見せられるかを追求した作品ですね。
でも槍を封印した後には水をかけて固めて欲しかった。
そんな直ぐに固まるかよとか、上に乗れるかよと思ってしまう。
槍の柄の木の部分も無事とは・・・と色々と突っ込めます。

潮の手に再び槍が戻り、今度は封印の赤布も効果がなく、
 更にパワーアップの感じもしますね。
白面の者の使いを倒して、霧緒が修行に出るような感じですね。
次は白面の者を倒すときにでも登場するのでしょう。

関連記事
スポンサーサイト



Tag:うしおととら  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

てぃわは

Author:てぃわは
Cocologが容量いっぱいで、こちらで継続します。
アニメやドラマの感想がメインです。
もう一つ別のブログも利用してます
文責は放棄していませんが、リンクはフリーです。

検索フォーム
カレンダー
11 | 2022/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
G-AF
Amazon
Amazon IFrame
カテゴリ
月別アーカイブ
楽天アフィリエイト
最新トラックバック
ブログサークル更新用
カウンター エリア
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メモリーボード
Pingoo Memory Board
ブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
ブログ村カウント
ブログランキング
ブログランキング