fc2ブログ

ヤング ブラック・ジャック TBS(12/03)#10

第10話 無残帳 その2

帝都大での手術が中止になって行方不明の百樹教授。
誰かが患者に検死のときの写真を送りつけたからだった。
百樹が帰ってこないので心配した澪が研究室を訪れる。
彼女は手術の中止を知らなかった。
急いで彼を探さないといけないと焦りだす。
手術後に予定されていた結婚式が中止されていたのだった。

多能教授が1周間も行方不明で相談する宝教授と鯖目教授。
ニュースで交通事故で亡くなった運転手が身元不明だと告げていた。
車種は多能教授の車と同じ、念のため医局に保管されている歯型を持参する。
身元不明の交通事故遺体は多能教授だった。
宝教授の自宅を訪れた百樹、俺自身の交通事故について教えてくれよ。
多能教授のように教えてくれよ。

あの日、宝と多能の会話を偶然耳にした百樹だった。
彼らが患者に執刀医となる百樹の写真を送ったのだった。
それで事故の真実を問い詰めて事故となった。
その時、右腕が切断されてしまった。
宝くんには左手をもらおうか。

宝教授の自宅を訪れる間と舞子。
悲鳴を聞きつけて訪れると、宝の左腕が切断されていた。
舞子が緊急手術を行おうとする。
法律や国家や警察など関係ない、目の前の救える命を救う。
医師免許が取れなくなるのよ。
舞子の指示で行ったことにして縫合手術を行う間。
目覚めた宝は百樹が来ると心底怯えていた。

百樹の家に伝わる家宝、百鬼丸を鍛え直してもらって左手に装着した百樹。
鯖目を呼び出して左足を切断して死亡させる。
手術も終わり目覚めた宝が自供したのは帝都大の派閥間抗争だけだった。
患者に写真を送ってキャンセルさせたことだけなのに不信感を覚える間。
もっと根本的な重大なことがあるはずだ。

かつて山に篭もろうと話していたことを思い出す。
澪は場所を知っており古いお堂があると教えられる。
そこで復讐鬼と化した百樹と遭遇する間だった。

---次回 「無残帳 その3」---


百樹の手術を邪魔してキャンセルさせたことを偶然聞いてしまった。
そこから宝や多能、鯖目に不信感を覚えた百樹。
自分の交通事故も彼らに仕組まれたのではないのか。
復讐の鬼と化した百樹は百鬼丸そのものでした。
明らかに彼らが怪しいけれど、交通事故は別の要因が関与しているような気もする。
実は一人相撲だった落ちになりそうに思う。

あのお堂も、どろろを意識してますよね。
無免許医に着々と近づいている感じですね。
そしてOPの百樹とのバトルが実現しそうです。
髪を下ろした宝教授は誰かと思った。
あの独特な髪型は人物の描き分けには有効ですね。
関連記事
スポンサーサイト



Tag:ヤング ブラック・ジャック  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

てぃわは

Author:てぃわは
Cocologが容量いっぱいで、こちらで継続します。
アニメやドラマの感想がメインです。
もう一つ別のブログも利用してます
文責は放棄していませんが、リンクはフリーです。

検索フォーム
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
G-AF
Amazon
Amazon IFrame
カテゴリ
月別アーカイブ
楽天アフィリエイト
ブログサークル更新用
カウンター エリア
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メモリーボード
Pingoo Memory Board
ブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
ブログ村カウント
ブログランキング
ブログランキング