fc2ブログ

相棒14 テレ朝(12/02)#07

第7話 キモノ綺譚

公式サイトから
花の里の女将・幸子(鈴木杏樹)が、不審者として身柄を拘束されたという連絡を受け、
右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は身元引受人として所轄署に出向く。

事情を聞くと、原因は最近購入した一着の着物だという。
その胴裏を張り替えようと剥がしたところ、生地に「いつかおまえがそうしたように、
あたしもおまえを殺したい。でも、できない。もどかしい…。幸子」という一文が
口紅で書かれていたという。
幸子は、この不穏な文章と“幸子”という自分と同じ名前に胸騒ぎを覚え、
元の持ち主のマンションまで行ったものの、話をどう切り出したものかわからず
周囲をうろついてしまい、不審者と間違えられたらしい。

この話におおいに興味をひかれた右京と亘は、共に背景を調べ始める。
元の持ち主は上條愛(西原亜希)という着付け教室の講師で、双子の姉である上條幸子は、
2人の母親が営んでいる高級クラブで働いていることが分かる。

実際、幸子に会って話を聞くと、文章は単なるポエムだというが、右京は
この双子の姉妹の言動に引っ掛かるものを感じる。

“ついてない女”月本幸子が再び事件を呼び寄せる
着物に残された不気味なメッセージの真相とは…!?
美人双子姉妹に隠された驚がくの“秘密”が明かされる!

---次回 「」---


今回のエピソードは冠城に花の里の幸子の過去を教えたことと、
 冠城がネームプレートを自作したことがメインでしょうか。

多重人格、解離性同一性障害が原因であることは分かるので、
どうやって証拠を掴むか、右京さんが気づくかが鍵ですよね。
指紋と筆跡、で疑問を抱かせ、子供と仲良くなることで分かるように描きました。
同時に二人が存在しないことを確認するのが一番ということでした。
右京さんって子供が苦手でしたっけ。

一人が2つの別々の小学校に通うのは可能だろうか。
出席日数が足りないと思うけれど、義務教育だと、卒業させてもらえるのかな。

母親役が見覚えのある女優の岩上千春さん。
名前ではピンとこなかったので、調べたらアイドルから女優に転身。
時代劇の薄幸な少女役の記憶が強いですね。
関連記事
スポンサーサイト



Tag:相棒  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

てぃわは

Author:てぃわは
Cocologが容量いっぱいで、こちらで継続します。
アニメやドラマの感想がメインです。
もう一つ別のブログも利用してます
文責は放棄していませんが、リンクはフリーです。

検索フォーム
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
G-AF
Amazon
Amazon IFrame
カテゴリ
月別アーカイブ
楽天アフィリエイト
ブログサークル更新用
カウンター エリア
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メモリーボード
Pingoo Memory Board
ブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
ブログ村カウント
ブログランキング
ブログランキング