FC2ブログ

牙狼 紅蓮の月 テレ東(11/06)#05

第6話 袴垂

雷吼とぶつかる盗賊、検非違使の藤原保輔と放免の小袖に捕縛される。
お互いに一度会ったことを思い出す。

犯罪者として捕らえられた小袖は無罪放免となり、放免として下働きしている。
保輔は小袖に気が有って簪をプレゼントする。
嬉しいが困った様子の小袖だった。

星明が小袖と偶然に遭遇する。
小袖の簪を見て欲しいとねだると条件を付けられる。

貴族を騙して彼女の望みを叶える星明。
一単を着替えて、重ねを着た小袖は牛車で往来を通行する。
誰かを忘れるためにしたことのように見受けられるが。

保輔が雷吼を訪れ小袖と一緒になりたいと相談する。
藤原家は名門、名を捨てても良い覚悟のある保輔。
いっそ罪人にでも成れば一緒になれるのかも。
罪を犯す者のほうがまっとうに見える。
貧困の中で食べるものがなくて盗みを働いた小袖だった。

兄の保昌に叱られても藤原の名を捨てる覚悟の保輔。
源頼信の計らいで一旦は引いて帰る。
星明に保輔と小袖の結婚を相談するが無理だとにべ無く告げられる。
身分が違いすぎる、できる術などない。

保輔の身分を思い暇を頂くと別れを告げて彷徨う小袖。
拾った反物を盗んだと思われて叱責され暴行される。
あまりの蔑まれ方にお前たちのほうが醜いじゃないかと火羅になってしまう。
火羅となった小袖と対決する雷吼。
知り合いの小袖を退治できないが星明が式神を使う。
それで退治するが、保輔に詫びる。

都の外れ羅生門で盗賊となった保輔。
名前を尋ねられて小袖と名付けたことを思い出す。
盗賊袴垂とでも名乗ろうか。

---次回 「伏魔」---


一応は纏まっていますが、尺が足りない感じですね。
もう少し時間を掛けて描いて欲しかった。
特に小袖の火羅化は早急すぎた気がする。
小袖はもっと分かっているけれど的に悩んで諦める描写などを
 丁寧に描いて欲しかった。

保輔ももう少し足掻いてから盗賊になって欲しかった。
この時代は金を積んで小袖を貴族の養女とすれば、結婚できなかったのだろうか。

この保輔が今後、もう一人の主役として騎士になりそうかも。
関連記事
スポンサーサイト



Tag:牙狼  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

てぃわは

Author:てぃわは
Cocologが容量いっぱいで、こちらで継続します。
アニメやドラマの感想がメインです。
もう一つ別のブログも利用してます
文責は放棄していませんが、リンクはフリーです。

検索フォーム
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
G-AF
Amazon
Amazon IFrame
カテゴリ
楽天アフィリエイト
VISA
VISA Invitation
https://www.smbc-card.com/olentry/affiliate/online_entry.do?bno=03400398911
ブログサークル更新用
日刊BLOGガイド
日刊BLOGガイド
最新トラックバック
カウンター エリア
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メモリーボード
Pingoo Memory Board
ブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
ブログ村カウント
ブログランキング
ブログランキング