fc2ブログ

ノラガミ ARAGOTO TokyoMX(11/06)#06

第6話 為すべきこと

一連の謀略を裏で計画した陸巴が登場する。
彼の望みは毘沙門が代替わりすること。
毘沙門とは荒ぶる武神、もっと強く在らねばならない。
今の毘沙門は優しすぎる。
彼の言葉に嘘はなかった、その証拠に毘沙門を刺さなかった。

そのためにもと面を使って妖かしを呼び出す。
陸巴は親殺しの人間以下だ。
神如きが知った風な口を利くな、消えてしまえ。
神に善悪などない、神の行いは全て善だ。

妖かしを浄化して陸巴を切ろうとするが毘沙門が行く手を遮る。
陸巴は毘沙門を思い、導こうとしただけだった。
今も毘沙門を思い続けている。
そんな彼から名を奪って破門する。

もう一匹の面の妖かしが屋敷内で暴れて神器を食べている。
夜トが倒そうとするがひよりが止める。
帰ろう夜ト、夜トがやっちゃダメ。
聖なる泉に避難した神器たちを守る瑠巴。
神器、瑠巴を使って妖かしと戦う毘沙門。
食べられて妖かしと化した神器たちを切断して止めを刺す。
私は為すべきことを為す、皆ごめんね。

兆麻は無事だった、藍巴も禊に耐えて復活した。
人間は間違うもの、間違っても良いから私を導いてくれ。
人は傷つけたことに傷ついてしまう。
交換日記を始めた毘沙門一派だった。

陸巴が失敗したことを知る野良。
父が夜トを此処に招けと伝える。

---次回 「神様の祀り方」---


え!?兆麻が生きていたとは。
以前の麻一族の頃は未熟で対処に困ってパニクったの?
原因を禊で祓えば良いの?
なんというか大山鳴動鼠一匹のエピソードでした。
なんだろうか、優しすぎる毘沙門なので、定期的に神器整理が
 必要だという教訓のエピソードだったのだろうか。

神は善、人が間違うだけ。
人間が神を正しくナビゲートしないといけない。
これが結論なのですね。
神とは大きな力を持つだけに、面倒くさく傲慢なものですね。

野良に父親がいたとは意外でした。
名義上の親なのだろうか。
夜トに振りかかる災難は今後も続くようです。
交換日記って毘沙門は不器用な乙女だった。
関連記事
スポンサーサイト



Tag:ノラガミ  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

てぃわは

Author:てぃわは
Cocologが容量いっぱいで、こちらで継続します。
アニメやドラマの感想がメインです。
もう一つ別のブログも利用してます
文責は放棄していませんが、リンクはフリーです。

検索フォーム
カレンダー
12 | 2023/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
G-AF
Amazon
Amazon IFrame
カテゴリ
月別アーカイブ
楽天アフィリエイト
最新トラックバック
ブログサークル更新用
カウンター エリア
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メモリーボード
Pingoo Memory Board
ブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
ブログ村カウント
ブログランキング
ブログランキング