fc2ブログ

櫻子さんの足下には死体が埋まっている TokyoMX(11/04)#05

第伍骨 呪われた男 後編

藤岡の書斎を訪れておそらく毒があると、全員にマスクを着用させる。
シェーレグリーン、かつての緑の顔料にはヒ素化合物が使われていた。
問題なのは絵ではない、管理もずさんだったのだろう。
額を壊して裏側をを問題にする櫻子。

ヒ素に反応してカビが大量に発生していた、それこそがヒ素中毒を引き起こす元凶。
子供に癒やしを与える緑の絵画を見せると安らぐと言われて
 子供に絵画を見せていた藤岡。
しかし子供の未発達な視力には緑などの寒色系でなく、むしろ明るい暖色系を好む。
藤岡の爪にはミューズ線が発症している、ヒ素中毒患者に多く見られる。

藤岡の家系は心臓の冠状動脈に不具合が生じる遺伝があるのだろう。
ストレスを発症すると副腎皮質からコルチゾール・ホルモンが大量に分泌される
男性はストレスに弱く、失恋しても死を選ぶのだから。
叔父はバブル崩壊後に金策に走っていた頃に死亡した。

外で誰かに電話する藤岡。
ヘクターが吠え始める。
偶然であった内海を親友と話したのはおかしい、むしろ警察官だから
 利用したのだとしたら。
ここまでの事象を考えておかしいと気づく櫻子。
再度、全てを考慮して思考を再構築する。
私達は騙されていた。

ヘクターが外に走る、追い掛けると藤岡が負傷して倒れていた。
全ては自_殺を事故に見せるための演出だったのだ。
呪いに怯えて事故が発生して死亡が藤岡の描いたストーリーだった。
実は世界的な金融恐慌で株式投資を失敗して一文無しだった。
それで保険金で生活費を稼ごうと考えての行動だった。

違法駐車が原因で救急車の到着が遅れる。
内海が彼を背負ってこれは大きな貸しだ、親友だから。

薔子の庭でBBQを行う、鴻上百合子、内海警官、いーちゃんも集まる。
ヘクターは引越し先では飼えないので引き取った。
藤岡の風景画を鑑定した画家が気になる櫻子だった。
呪いは存在するよ、対象者に不安を感じさせる言葉をかけ続けることで
 死に至らしめることは可能だ。
正太郎の姿に弟を見て、もう少しくらいは良いだろう。

---次回 「」---


呪いの絵の真実が明かされて、早死家系の真実も解明。
ここで終われば良かったのに、どうして呪いで事故死する藤岡を描いたのでしょう。
保険金詐欺を働きたかったエピソードは必要ないと思う。
それにもまして藤岡に色々と教えた謎の画家もどきも必要ない。
陰で暗躍する謎の男と対決する構図も要らないけれど、そのほうが
 ストーリーを作るのが容易いのだろうか。

あくまでも骨好きで少しのナゾを解くだけの作品ならば楽しめたのに。
殺人事件の全貌を暴く必要はないのにね。
そうすればするほど他作品と同様の推理小説となってしまう。
名探偵が事件を全て解決する作品など世の中にゴマンとある。
それが面白いとは限らないのですけれど。

ヘクターが櫻子を気に入った理由は明かされなかった。
単に気に入っただけなのは残念でした。

関連記事
スポンサーサイト



Tag:櫻子さんの足下には死体が埋まっている  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

てぃわは

Author:てぃわは
Cocologが容量いっぱいで、こちらで継続します。
アニメやドラマの感想がメインです。
もう一つ別のブログも利用してます
文責は放棄していませんが、リンクはフリーです。

検索フォーム
カレンダー
04 | 2023/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
G-AF
Amazon
Amazon IFrame
カテゴリ
月別アーカイブ
楽天アフィリエイト
最新トラックバック
ブログサークル更新用
カウンター エリア
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メモリーボード
Pingoo Memory Board
ブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
ブログ村カウント
ブログランキング
ブログランキング