fc2ブログ

刻刻 BS11(2/18)#07

第漆刻

間島の兄、洋介が生きていた。
息を吹き返して霊回忍が抜ける。
樹里が責任を感じる必要はない、全ては儂の責任じゃ。
止界術の家に生まれた者は責任を持つべき。
7- (1)
間島の家族を車に乗せて、世界が戻ったら処置をする。
間島の問題は解決、迫は樹里たちにつくと決める。
いきなり言われても納得できない樹里。
殺されかかったのだから。
それでも実愛会の連中を倒さなければいけないので協力を求める。
間島も願いが叶ったので協力する。
実愛会の残りは7人、信者とバイトが5人。
汐見と佐河、実愛会は200年続く団体で佐河が入り込んで乗っ取った。
佐河と佑河、かつては関係があった?
7- (4)
佐河は佑河家を訪れていた。
汐見に実愛会を任せたい。
汐見は止界術を封印したい。
それを聞いてしまった信者、総主は裏切った。
止界術を使って世直し、金儲けを考えていた信者たち。
佐河の持つ大圓行記、放射線測定で記述は1300年後期と1800年後期。
筆跡鑑定で同一人物だと判明した。
つまり500年を超えて生存したことになる筆者。
佐河は世界を長く見たい、神離忍の先があると信じていた。
7- (7)
迫が仲間のフリで見張りを呼んで話を聞く。
総師の裏切りは伝えない。
樹里が霊回忍を追い出す。
父は止界術で金儲けを考えていた。
樹里は実愛会を全員退去させて止界を抜けたら本石を破壊する。
7- (8)
バイトが隠していた本石を発見、佐河に報告。
世直しを信じる信者は佐河の態度に不信感を覚える。
佐河が真実を話す、私は即身仏状態になる。
その管理を汐見に任せた。
7- (9)
本石の完全支配をお見せしましょう。

---次回 「」---
 
佐河と佑河、漢字で見ると左と右。
同じ一族が袂を分った名字に見えますね。
佐河の持つ大圓行記、それが先祖から伝承されるものとすれば
 本石を持つ佑河と記録を持つ佐河ですね。
樹里は残りの7人を退去させて本石を破壊。
ようやく味方も増えて、反撃開始のはずが、本石を見つけられる。
そして佐河の本領発揮で形勢逆転です。
父親が金儲けしたいので本石を取り返しそうな気がする。
佐河は神離忍以上のヤバイ存在になる?

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 2018年新作アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:刻刻  Trackback:1 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可

Trackback

Trackback

刻刻 #7

樹里たちが、実愛会との戦いを決意するお話でした。 前回、樹里の力によって管理者の中から出てきた間島の家族。両親はすでに亡くなっていましたが、なんとお兄さんは当時の姿のままで生きていました。そして白クラゲが体から抜けて、間島のお兄さんは時の止まった世界から出ました。 そんな中、間島と組んで動いていた迫が、樹里に協力すると言い出しました。今まで命を狙っていた人間を、いきなり仲間にする... 日々の記録 - 2018.02.19 20:14

プロフィール

てぃわは

Author:てぃわは
Cocologが容量いっぱいで、こちらで継続します。
アニメやドラマの感想がメインです。
もう一つ別のブログも利用してます
文責は放棄していませんが、リンクはフリーです。

検索フォーム
カレンダー
11 | 2022/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
G-AF
Amazon
Amazon IFrame
カテゴリ
月別アーカイブ
楽天アフィリエイト
最新トラックバック
ブログサークル更新用
カウンター エリア
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メモリーボード
Pingoo Memory Board
ブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
ブログ村カウント
ブログランキング
ブログランキング