fc2ブログ

すべてがFになる フジ(10/15)#02

第2話 蒼色の邂逅

夏のゼミ旅行で真賀田四季の住む妃真賀島に向かう一同。
西之園萌絵は自身のスポーツカーで港に合流。
荷物は執事の諏訪野が運んできた。
妃真賀島に直接向かう船便は存在せず、事前予約で途中で
 立ち寄ってもらっている。
真賀田研究所の山根が迎えにやってきた。
研究所には外部に接続するネットワークはないらしい。

真賀田四季との面会は全て公開されるのが決まり。
山根も15年間モニター越しで指示されるだけ。
彼女は外には出ていない。
西之園の質問に15年間引きこもると各思いが自立して安定してきたと告げた。
引きこもっているのは本人の意志ではないらしい。

焼肉のタレや焼きそばを食べた経験がない西之園。
一人の犀川に色々と話しかけて甘えるが
 プライベートタイムには好きなことしかしない。
今はプライベートだと西之園の要求を拒否する。
これから真賀田四季博士と会う約束をしています。
急に興味を示す犀川。

途中で海が見たい、デートしたいと甘え始める。
既婚男性の運転する車で移動する真賀田四季、海が見たい、
 アルコールが飲みたいと甘える。
しかし13歳だからダメだと拒否される。

研究所に到着して山根に頭痛薬を求める西之園。
声紋と指紋を登録される。
山根は西之園の嘘を見抜いていた。
ヘリで所長は真賀田四季の妹を迎えに行ったらしい。
公式には公表されていない妹の存在。

真賀田四季は部屋がロックされていて安否が不明。
研究所内のセキュリティソフトの問題らしい。
強制敵に開けるのも所長の決定事項らしい。
ソフトが正常に動作を始めた。
取り敢えず部屋の前で島田、水谷所員と合流する。
今は山根に決定権がある、所長不在時に開けたことはない。
開けようと決める山根。
警備の望月、長谷部も駆けつける。
急に照明が点滅を始め、扉が開く。
中から搬送ロボに乗った真賀田四季らしき人物が脱出する。

搬送ロボの停止やリセットを命令を拒否するセキュリティシステム。
それでも、なんとかリセット命令が受理される。

---次回 「赤い魔法」---


既婚男性の運転する車で外出していた13歳の真賀田四季。
相手は誰なのだろう、不倫してましたね。
そして真賀田四季と西之園萌絵は好きな相手に同じようにワガママを言って
 相手を困らせるような甘える描写。
これが彼女の事件の発端なのだろうか。

西之園萌絵って誰もが振り返る美人らしいけれど、そう見えない悲しいキャラデ。
不思議な環境設定が魍魎の匣にも似た異常さを感じさせる。
この作品は事前に理系ミステリだと知らないと視聴は厳しいかも知れない。
変人ばかりでまともな人間がいない感じ。

関連記事
スポンサーサイト



Tag:すべてがFになる  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

てぃわは

Author:てぃわは
Cocologが容量いっぱいで、こちらで継続します。
アニメやドラマの感想がメインです。
もう一つ別のブログも利用してます
文責は放棄していませんが、リンクはフリーです。

検索フォーム
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
G-AF
Amazon
Amazon IFrame
カテゴリ
月別アーカイブ
楽天アフィリエイト
ブログサークル更新用
カウンター エリア
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メモリーボード
Pingoo Memory Board
ブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
ブログ村カウント
ブログランキング
ブログランキング