fc2ブログ

ノラガミ ARAGOTO TokyoMX(10/09)#02

第2話 彼女の思い出

野良と会う陸巴、夜トは使えそうだ。
夜トに友だちが出来たと嬉しそうに話す雪音。
それは良い事だと話す天神様。
しかし何処の神器かは知らない。

鈴巴と一緒に花を植える雪音。
毘沙門天が大好きな鈴巴、だけれど数年も名前を呼んでもらっていない。
30年前に桜を一緒に見ようと仲良くなったトモ子。
彼女は毎年、夏休みに祖母の家に遊びに来る。
その時に花壇を見て喜ぶ鈴巴が見える人間だった。
でも鈴巴の事は覚えていない。
毎年、桜の木が復活して花を咲かせたら花見をする約束をした。

ある時からは会えなくなったトモ子。
それでも花見を楽しみにしている鈴巴。
それを聞いて切なくて苦しむ雪音。
夜トにも刺しているらしく、話をする。
ひよりが何時か自分を忘れるのが怖かった。
思い出にすらならないのは辛かった。

鈴巴の先生は陸巴だった。
鈴巴の現状を知る陸巴、お前は全てが無意味だ。
野良の飼い犬に襲わせて鈴巴は亡くなる。
毘沙門には死亡が感じられる。
しかし誰かまでは分からない、ようやく生花を管理していた鈴巴だと分かる。
仲の良かった神器は戻らないので心配していた。
しかし毘沙門が体調不良になるのが心配で笑顔で対応する。
毘沙門に心配をかけるのは問題だから皆が笑顔を取り繕っていた。

ひよりと桜の木を尋ねる雪音。
しかし鈴巴とは会えなかった。
物陰から眺める夜ト。

毘沙門の首筋に休みを発見して兆麻は全員を調べる。
誰かが妖かしに取り憑かれて刺しているはずだから。
しかし誰も問題など無かった。
毘沙門の休みは消えていた、兆麻の見間違い?
兆麻への信用が失墜し始める。

桜の木を調べる夜ト。
微かに犬の臭がする、陸巴が声をかける。
夜トと交戦する陸巴、主の名は語らない。
夜トには敵わず、彼岸の向こうから妖かしを呼んで撤退する。
せいぜい消えないように。
俺を覚えていてくれる人がいるから大丈夫と自身はなさ気な夜ト。

野良と相談する陸巴、手筈は整った。
本来の毘沙門天は荒ぶる武神、今は名跡を汚している。
毘沙門天様には消えてもらう。
夜トには頑張ってもらう。

---次回 「イツワリノ絆」---


遂に視聴者に正体を表した陸巴ですね。
そして裏で暗躍する野良。
彼女は夜トが好きの裏返しな行為ばかりしてますね。

夜トはひよりに忘れ去られたくないので、体質を治したくないのでしょうね。
ここまでは雪音が主役ですね。
そろそろ夜トの活躍が見られるかな。
関連記事
スポンサーサイト



Tag:ノラガミ  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

てぃわは

Author:てぃわは
Cocologが容量いっぱいで、こちらで継続します。
アニメやドラマの感想がメインです。
もう一つ別のブログも利用してます
文責は放棄していませんが、リンクはフリーです。

検索フォーム
カレンダー
12 | 2023/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
G-AF
Amazon
Amazon IFrame
カテゴリ
月別アーカイブ
楽天アフィリエイト
最新トラックバック
ブログサークル更新用
カウンター エリア
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メモリーボード
Pingoo Memory Board
ブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
ブログ村カウント
ブログランキング
ブログランキング