2018-02-13(Tue)

バジリスク ~桜花忍法帖~ BS11(2/12)#06

第6話 凶雲、胎動す

4年後、秀忠は猿狩りを行った忠長を領地没収。
上野に移り住んでいた。
その年、秀忠は死亡。
0aaa1eb9-s.jpg 
それから数年後、成人した式部と蓮は戦って己の技を競っていた。
七弦と涙も己たちの技を競っていた。
6ba7df58-s.jpg 
二人を覗く才蔵、洞窟に篭って修行していた。
現は類から貰った布に文様を施していた。
e46fd4bf-s.jpg 
滑婆が作った茶屋で働く女たち。
涙はこのまま、成尋衆が来なくても良いと思っていた。
茶屋での生活が気に入り始めていた。
いつか成尋衆が訪れる、そのとき八郎も戻ってくる。
甲賀の忍びは信じて技を鍛え上げていた。
f017c42e-s.jpg 
八郎は一人離れて剣の修業を続けていた。
瞳術が通じない成尋に対抗するためだった。
天界の忍び、皮膚坊が八郎を試す。
忠長様がお呼びです。
巨大な城、叢雲が出現していた。

---次回 「忠長、翻心す」---
 
数年が過ぎて各忍びが成長しました。
また成尋衆が訪れると信じて技を鍛え上げていました。
そして出現する叢雲。
忠長からの声がかかる。
さて成尋衆との死闘が始まるのだろうか。

2クールアニメだけにゆっくりな展開です。

関連記事
スポンサーサイト

trackback url


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

trackback

時は同じようには流れない――「バジリスク ~桜花忍法帖~」6話感想

 アイキャッチの忠長はなぜあんなにドヤ顔なのか。

バジリスク~桜花忍法帖~ 第6話

忠長が猿狩りを行ったことで、父・秀忠の怒りを買い、蟄居することになります。 そして4年後、若き忍たちも成長していました。 八郎(CV:畠中祐)は、里を出てしまったようです。 それでも、また成尋衆の襲撃があれば、八郎は戻って来てくれると信じて修行に励んでいるみたいです。 響(CV:水瀬いのり)は、成尋衆が来ても、八郎が戻って来るかどうかはわからないと思っているようですが...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

てぃわは

Author:てぃわは
Cocologが容量いっぱいで、こちらで継続します。
一時期Yaplogでも書いてましたが、検閲が酷いのでアニメ使用は辞めました。
もう一つ別のブログも利用してます
文責は放棄していませんが、リンクはフリーです。

最新記事
最新コメント
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
楽天アフィリエイト
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
楽天2
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
126位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アニメ
63位
アクセスランキングを見る>>
Analyzer
Visitor counting
カウンター エリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メモリーボード
ブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
ブログランキング
BlogPeaple
ブログピープル