fc2ブログ

弱虫ペダル GLORY LINE テレ東(2/12)#06

LINE.6 揺らぐ総北
GLORYLINE-06-02.jpg
葦木場の勝利で初日のレースが終了する。
初日のレース結果、成績発表が始まる。
総合優勝の箱根学園、2位は同着の総北と京都伏見。
しかし御堂筋は表彰台には登らなかった。
イエローゼッケンが葦木場に手渡される。
続いてファーストリザルトのグリーンゼッケンが銅橋の、
山岳のレッドゼッケンが真波に授与される。
GLORYLINE-06-05.jpg
総北は全てにおいて2位で完敗だった。
表彰式では明るく振る舞う鳴子だったが、悔しくない訳がない。
1人で悔し涙を流す。
GLORYLINE-06-07.jpg
主将の手嶋は全身疲労で動けない。
それでも選手を気遣う心配りを見せる。
レース中はアドレナリンが全開で動けたが終わると倒れる鏑木。
初めてのインハイレースでクールダウンが出来ていなかった。
手嶋は戻らない鳴子捜索を坂道に頼む。
鳴子を探して前主将の金城と出会う。
GLORYLINE-06-08.jpg
いいチームを作り上げたなと褒める金城。
でも3人で決めたテントには行けない。
総北は全員で支え合うチーム、それが出来るのはメンバーだけ。
今は危機的状況だから脆い、先輩に頼ってしまう。
だから敢えてテントには訪れない。
3人は何処かでレースを見ている。
坂道は巻島に会いたい筈、でも見てくれるだけでも嬉しい。
GLORYLINE-06-04.jpg
手嶋が鳴子も戻ったので選手ミーティングを始める。
全てが2位、つまりはまだまだ挑戦者だ。
総北の粘って支え合って限界まで闘う俺達の走りで頑張るしかない。
坂道が金城に会ったことを伝える。
今は会えないことも話す。
GLORYLINE-06-12.jpg
勝った後でしか会えないとは厳しい先輩たちだ。

---次回 「希望の足音」---
 
レースが終わると繰り返しや何度もの煽りも無く、間延び感も無いので
 普通に楽しめる。
今回はレースで見せ場がなかった坂道がメインなエピソード。
でもレースで目立って欲しかったものですね。
3年生が登場するとエピソードも豊富だったし、各自がキャラ立っているので
 安心感がある。
2日目のレースが始まるまで何話描くのでしょうね。
2話はレース前エピソードだと予想する。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 弱虫ペダル
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:弱虫ペダル  Trackback:1 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可

Trackback

Trackback

弱虫ペダル GLORY LINE 第6話 「揺らぐ総北」

第6話 「揺らぐ総北」 相変わらず巻ちゃん大好きな小野田くん。 いま、お茶いれますね - 2018.02.15 20:52

プロフィール

てぃわは

Author:てぃわは
Cocologが容量いっぱいで、こちらで継続します。
アニメやドラマの感想がメインです。
もう一つ別のブログも利用してます
文責は放棄していませんが、リンクはフリーです。

検索フォーム
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
G-AF
Amazon
Amazon IFrame
カテゴリ
月別アーカイブ
楽天アフィリエイト
最新トラックバック
ブログサークル更新用
カウンター エリア
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メモリーボード
Pingoo Memory Board
ブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
ブログ村カウント
ブログランキング
ブログランキング