fc2ブログ

刀使ノ巫女 TokyoMX(2/09)#06

第6話 人と穢の狭間

エレンは警備兵に投降して親衛隊の獅童、此花の尋問を受ける。
しかし敵情視察は忘れない。
相手の情報入手が狙いだった。
6- (1)
可奈美、姫和に負けたショックから立ち直れない獅童を此花は
 尋問から外す。
舞草だからS装備を射出できたと考えている此花。
DARPから出向してS装備開発に従事しているのはエレンの両親。
しかしS装備を自由に扱えるわけがない。
それが可能なのは祖父でS装備を開発したリチャードが日本に
 密かに入国したと伝わっている。
彼が舞草を組織して指揮する中心人物だと疑っている。
エレンは舞草とは何かととぼける。
6- (2)
薫は石廊崎まで6Km地点で可奈美、姫和と合流。
エレンが居ないと尋ねるとネネが反応する。
獅童、此花は可奈美、姫和の目撃情報で出撃する。
エレンは脱出して行動を開始する。
監視カメラの映像から皐月夜見がノロを体内に注入していることを知る。
証拠物品を押収するが夜見に見つかり戦いが始まる。
6- (4)
夜見はエレンに通じないと分かるとノロを限界値を超えて注入する。
肉体が変化して制御できなくなる。
6- (7)
エレンのピンチを救ったのは薫と姫和だった。
エレンが心配だった薫の気持ちを伝えたネネ。
それを知って石廊崎には向かわずエレン救出に駆けつけたのだった。
可奈美も参戦するが人は斬れない。
可奈美もピンチに追い込まれるが夜見が気絶。
6- (3)
遠巻きに夜見が制御できない量を注入したことを理解する獅童と此花。
夜見を確保してエレンがタクシーを呼ぶ。
それは舞草の潜水艦だった。
6- (5)
米軍も行き先は追跡できなかった。
美濃関、平城学館学長を帰らせる折神紫、鎌府学長も帰らせる。
糸見と連絡先交換を求める舞依だったが出来ずに別れる。
美濃関学院長の羽島絵麻に真庭沙南から電話。

---次回 「心の疼き」---
 
親衛隊は折神紫の正体を知っているのかは微妙ですがノロを
 体内に注入しているのは理解している様子。
獅童真希は完全にアウトで全てを理解しても更生できなさそうですね。
此花の先読み能力もノロのお陰なのでしょう。
一気に敵キャラとして陳腐化した親衛隊ですね。
恐らくは燕結女が最強最悪な相手になりそうです。
そうしないと可奈美や姫和が勝った時のバランスが悪くなりますからね。
最後に電話してきた真庭沙南がエレンの学校、長船女学園長なのでしょうね。
そして舞草の幹部でしょうね。
中の人が大物なので鍵を握る人物でしょう。
舞草というネーミングよりもUAFみたいなアルファベットの方が
 意味が通じやすいと思う。

エレンが見かけとは異なりスパイ活動の出来る優秀なキャラでした。
皐月夜見を連れ帰ったので舞草は彼女の体内からノロを
 抽出する術を開発できるのだろうか。
取り敢えずは可奈美、姫和に味方が増えて放浪の旅は終わりそう。
あとは鎌府のチンピラ学長の高津雪那を無力化して糸見沙耶香を
 救出して味方とすることでしょう。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 2018年新作アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:刀使ノ巫女  Trackback:3 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可

Trackback

Trackback

狭間に惑う――「刀使ノ巫女」6話感想

 漬物レンチンは許容できなくもない派。 Wisp-Blog - 2018.02.10 10:58

刀使ノ巫女 第6話 人と穢れの狭間 すっとぼけ感想

正直に答えよ。 アニメガネ - 2018.02.10 22:34

刀使ノ巫女 第6話 「人と戯れの狭間」

薫グースカとまだ寝てる エレンから連絡がきた え?調べ物があるので遅くなる? 夢幻の灰色帝国 - 2018.02.10 23:14

プロフィール

てぃわは

Author:てぃわは
Cocologが容量いっぱいで、こちらで継続します。
アニメやドラマの感想がメインです。
もう一つ別のブログも利用してます
文責は放棄していませんが、リンクはフリーです。

検索フォーム
カレンダー
04 | 2022/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
G-AF
Amazon
Amazon IFrame
カテゴリ
楽天アフィリエイト
最新トラックバック
ブログサークル更新用
カウンター エリア
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メモリーボード
Pingoo Memory Board
ブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
ブログ村カウント
ブログランキング
ブログランキング