fc2ブログ

キャロル&チューズディ フジ(10/02)#24終

最終回 第24話 A change is Gonna come.

シュバルツの違法取引などの証拠をネットに公開したタオ。
追われるので闇に潜むことにするがアンジェラの部屋を訪れた。
25年前ゼーマン博士は遺伝子操作したデザイナーズチャイルドを生み出した。
倫理規定違反で逮捕されたが釈放された8年後に再び生み出した。
そのデザイナーズチャイルドの1人目がタオで2人目がアンジェラだ。
一人は嫌、一緒に連れて行って。
他人に歌わされるのではなく、自分の歌を歌えるはずだ。
ケイテイはタオが自身が捕まる恐れがあるのにアンジェラを尋ねたリスクを理解して感謝する。
23- (25)
カイルはスペンサーに歌の直前に母親への情報リークなら認める。
それでも苛立っていた、ギリギリの妥協案だった。
町でジェリーの雇った暗殺者に狙われ川にダイブして何を逃れる二人。
24=1_20191003085847ed9.jpg
遂に新曲が完成したキャロル、チューズデイは大はしゃぎ。
大家さんは引っ越しても良いと言ってくれる。
無一文の移民者を住まわせてくれた大家さんにキャロルは感謝していた。
だから今後も住み続けたい。
チューズデイも友達になってくれてありがとうと親代わりな人だった。
24=2_20191003085848a49.jpg
シュバルツは逮捕される、検事総長は友人だが、数々の違法取引がネット公開されたので
 だれも庇いきれなかった。
キャロルとチューズデイのアルバムが完成したが発売は延期。
二人は新年のプロジェクトに取り掛かりきり状態だった。
トビーとアーティガンが編曲して演奏者、コーラスなどを録音する。
演出にも立ち会う二人は大忙し。
24=3_20191003085848f6b.jpg24=4.jpg
12月31日の夜にスペンサーは母親にジェリーのテロ行為の関与を明かす。
シークレットライブ会場となる移民メモリアルホールで参加者の到着を待つ。
クリスタルが到着、二人は火星の闇の中の光だと称する。
火星移民の娘と大統領候補の娘で象徴的でもあった。
次々にアーティストが集ってくる。
フローラも賛同してくれた、クリスタルはフローラを尊敬していた。
最後にはデズモンドも駆けつけてくれた。
でもアンジェラが来ないと諦めかけた時に訪れた。
私は二人の曲が嫌いだった。
それは自分の幼い頃の記憶を思い出させたから。
純粋に歌っていると楽しかった頃の今は失くしてしまったものを。
でも今は大丈夫、好きになれる。
24=5_201910030858507df.jpg24=6.jpg
全員が集まったのでプロデューサーのトビーとアーティガンから挨拶。
ヴァレリーはジェリーをクビにする。
私も大統領選挙を辞退します、嫌な政策を論じる気もない。
また0からやり直すから。

1月1日0時、奇跡の7分間と語られるライブが全国一斉に配信される。
奇跡は聞いた人の心の中に生じるもの。
Motherを歌う。

will be continued ...in your mind.

---最終回---
 
全てはMotherの曲の配信で上手くいく的なストーリーでした。
ここまで二人が関係した人物が集まるのは熱い展開。
でも彼女たちとあったことのない賛同者も居ても良かったのにね。
最後に並んでいたのが、それなのだろうか?
急に増えてましたよね。
大家さんは良い人でキャロルの親代わり的な人でした。
でも彼女に部屋を貸したなら、そうなりますよね。

Netflixでの配信を意識した作品なので歌手パートは全員が米国歌手。
そして新曲だらけなので逆に曲の馴染みが薄くなった。
OP曲が流れるなら勝てる、的なシーンがないのが勿体ない。

歌手として成り上がる二人の少女、でも最後は皆と一緒に歌うエンド。
We are the worldで締めましたね。
これは上手い締め方だと言えるかもしれない。
火星の売上でトップを取る終わりではないので。

ただ物語の性質上、オーディションでの勝ち負けを音楽で描くのは難しい。
それを描いた前半は長く描きすぎた気がする。
どうせ勝ってデビューするのが分かっているだけに参加者を丁寧に
 描く必要もなかった、後半に登場したのは今回の二人だけだったし。

終わってみれば大人の作品でした、逆に盛り上がりは無かったですね。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 2019年新作アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:キャロル&チューズデイ  Trackback:2 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可

Trackback

Trackback

キャロル&チューズデイ #24

いよいよ「キャロル&チューズデイ」も最終回です! 前回の終わりに、突然アンジェラの元にタオがやって来た理由が分かりました。タオはシュバルツの悪事の証拠を全てネットに暴露して、そのまま身を隠すつもりでした。 タオがアンジェラのところにやって来たのは、2人が同じ境遇の持ち主だったからです。タオもアンジェラも、法律で禁止されている遺伝子操作の結果生まれた、デザイナーベイビーだったのです! ゼ... 日々の記録 - 2019.10.07 21:02

キャロル&チューズデイ episode:24 A change is gonna come 欺瞞感想

国を滅ぼす音楽の力。 アニメガネ - 2019.10.09 20:25

プロフィール

てぃわは

Author:てぃわは
Cocologが容量いっぱいで、こちらで継続します。
アニメやドラマの感想がメインです。
もう一つ別のブログも利用してます
文責は放棄していませんが、リンクはフリーです。

検索フォーム
カレンダー
08 | 2022/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
G-AF
Amazon
Amazon IFrame
カテゴリ
月別アーカイブ
楽天アフィリエイト
ブログサークル更新用
カウンター エリア
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メモリーボード
Pingoo Memory Board
ブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
ブログ村カウント
ブログランキング
ブログランキング