FC2ブログ

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかII BS11(9/20)#11

第11話 進軍
 
ラキア王国のアレスがオラリオに攻撃を仕掛けてきた。
EE6xbZHUEAAiy7Y.jpgEE6xZv5VAAA04fG.jpg
しかしオラリオの冒険者達のレベルは高く、どの部隊も撃破される。
そもそもが誤った進軍なのだが主神アレスには理解できていない。
EE6wGdTUcAEtnHM.jpgEE6w649UYAAA6s_.jpg
アイシャはベルに春姫を任せる。
EE6wJwrU8AALCLZ.jpgEE6wM-9VAAAy9vK.jpg
ファミリアに所属して終わりではない、今後も彼女のスキルを知って狙うものも現れるかもしれない。
そんな不審者からも守る覚悟が必要だと念を押す。
アイシャ自身はアレスのファミリアで良い男を探すつもりらしい。
EE6wT5oUcAAvGpc.jpg
実は春姫は娼婦だったが一度も男には抱かれていない。
裸を見て気絶するのでは無理なのだったが本人は気づいていない。
EE6w7NtVUAAytAx.jpgEE6xVZbU4AAQu5H.jpg
ヘルメスに結果を報告するベル。
オラトリアには3大クエストがある。
べフィーモス、リヴァイアサンは、当時最強ファミリアのゼウスとヘラが倒した。
しかし最後の黒竜退治に失敗して全滅した。
それはダンジョン・オラトリアにも記載されている隻眼の竜で生ける伝説とも言える存在だった。
生ける災厄とも呼ばれていた。
この世界は英雄の出現を待っている。
EE6xmQSUYAAEj3O.jpgEE6xqftUUAE3m30.jpg
戻ったベルは春姫の洗濯を手伝おうとする。
そんな二人のイチャイチャが気に入らないヘスティア。
EE6xsgEU0AEmm8U.jpgEE6ySv3UYAAOmGe.jpg
ファミリア内での男女の手繋ぎを禁止する。
リリが真っ先に反対する、ダンジョン攻略では無理。
EE6yQaJUEAALBXh.jpgEE6yOFJUUAE0_YY.jpg
ヴェルフと命も神が異性で手に触れることもあると反対する。
EE62L6vUcAAR1qL.jpg
人間同士は駄目で主神は別だと言われて更に噛み付く。
不公平です。
EE6yH3CU4AA3wZg.jpgEE6yLB8VUAAikAy.jpg
ベルは神様と人との恋愛など恐れ多くてあり得ないと断る。
それを聞いてショックで走り去るヘスティア。
ベルには神様は敬う存在で恋愛対象としては考えられない。
それでもヘスティアを追いかけるべきだと言われて後追いする。
EE6y7_uU4AAAOGZ.jpgEE6y1l4UEAA8F9A.jpg
アレスの軍は負傷者だらけで商売を始めるものもいた。
アイシャたちも強そうな男を探していた。
EE6y_ywVUAELkF_.jpg
カフェでミアハ、ヘファイストスと遭遇するベル。
神様と人との関係について相談する。
神は外界の人に愛情を感じるもの。
特に子供には母性や様々な愛情を感じやすい。
EE6ziAjUcAAZvv5.jpgEE6zdqfUEAEq3jN.jpg
立場が違っても神の求愛には誠実に向き合って欲しい。
恐れて逃げるのは辞めて欲しいと教わる。
EE6zosKU8AExOrP.jpgEE60fhnUwAASf7j.jpg
ベルの対応に怒るヘスティア、じゃがマル店長に材料の運搬を頼まれる。
主神はオラリオを出るのは簡単ではない。
EE6z0IGU0AENUwo.jpgEE6z83fU0AAjy8j.jpg
でもガネーシャが門番だったので顔パスで通してくれる。
神を誘拐に来たアレスと目があって、ヘスティアを誘拐する。
EE60RYTU4AIgZUD.jpgEE60LkVVAAABiO1.jpg
人質がいれば勝てる的な安易な発想だった。
EE60Z2wVAAEmT7O.jpgEE60V9kUYAA-Xn9.jpg
ヘスティアの誘拐は大問題となっていた。
ロキ・ファミリアが逸早く駆けつけて集合する。
アイズを見つけてベルも駆けつけて状況を把握する。
EE60aGeUwAAXV6U.jpgEE60zKYVAAE0dC_.jpg
オラリオの外は圧倒的にアレスが優位。
彼らは地理に詳しいがオラリオの主神は疎い。
更に部隊が1つではないので、そこにヘスティアが攫われているかも分からない。
ヘルメスがペルセウスの名を持つアスフィなら捜索が可能。
EE600YVUEAESnYR.jpgEE602q6UYAAK7_L.jpg
アイズが自ら捜索に名乗りを上げる、ベルも同行する。
足手まといだが、ファミリアの一員として行かないわけには行かない。
EE60-FnUcAAsy-K.jpgEE60vTLUwAA7Wcf.jpg
アスフィが飛行してヘスティアを発見、合図するとアイズが駆けつける。
EE60zI_UYAEoF7Z.jpg
戦う隙にベルが救出を試みるも、ヘスティアが足を滑らせて崖から川に転落する。
後を追うベルとアイズ。

---最終回 「女神と眷属」---
 
春姫の救出に成功したヘスティア・ファミリア。
新たなるライバルの出現に気が気でないヘスティア。
ベルは神様は敬う存在で恋愛など恐れ多い。
そんな状況を打破する展開になりそうですね。
でもリリ、春姫とライバルが増え続けて苦悩するヘスティアです。
フレイヤなんて女神もいますからね。
ヘスティアの気苦労は終わらない?
最後は彼女とベルの恋愛のエピソード。
敬う存在から愛する存在に変わることはあるのか?
最後としては良いエピソードですよね。
それに利用されるアレスが残念過ぎる主神で面白い。
ヘルメスよりも残念さが凄い。

ヘルメスは策士なので裏ではベルを英雄に育てようと画策していますが
 アレスは脳筋で知性の欠片もないのが残念すぎて笑ってしまう。
ロキの登場も久しぶりに思える。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか  Trackback:1 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

てぃわは

Author:てぃわは
Cocologが容量いっぱいで、こちらで継続します。
一時期Yaplogでも書いてましたが、検閲が酷いのでアニメ使用は辞めました。
もう一つ別のブログも利用してます
文責は放棄していませんが、リンクはフリーです。

検索フォーム
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
G-AF
楽天アフィリエイト
Amazon
Amazon IFrame
カテゴリ
ブログサークル更新用
日刊BLOGガイド
日刊BLOGガイド
カウンター エリア
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メモリーボード
Pingoo Memory Board
ブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
ブログ村カウント
ブログランキング
ブログランキング