FC2ブログ

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかII BS11(9/13)#10

第10話 英雄切望
 
殺生石を破壊したベルだが春姫は関わらないでと未だ自身を卑下していた。
EEWuItYUEAA2hbE.jpg
儀式は中断されたが、また殺生石を手に入れればいいだけだ。
春姫さんを返して欲しいとベルの言葉は無視される。
EEWsxT2UwAAjo4D.jpgEEWtwboUYAMnsLF.jpg
イシュタルのホーム、歓楽街は燃えていた。
フレイヤ・ファミリアが攻撃した結果だった。
逃げ惑う人々、歯向かうものは倒す。
オッタルに文句を告げるガリバー兄弟。
ベルに肩入れすることは不愉快だから命令をこなすだけ。
オッタルの使命はイシュタルの退路を断つことだけ。
EEWs4JOU4AAbMVa.jpg
ここからは1人でイシュタルと話をつけるフレイヤ。
神どうし、女どうしで。
EEWuyXfU8AA5MVa.jpgEEWuiwZU0AAmJpF.jpg
途中の中庭で瀕死の命をポーションで助ける。
EEWuFh7U4AEti9c.jpgEEWuP89UcAAqBbC.jpg
僕たちが憧れた英雄は誰であろうと困っている人を見捨てない。
本当に恥ずかしいのは何もしないこと。
まだ本当の願いを聞いていない。
春姫はフリュネに言われて妖術、打ち出の小槌でレベルブーストする。
だが相手はベルだった。
EEWuGPQUUAA2pTN.jpgEEWuF-1UwAAOgmx.jpg
私をここから開放して助けて下さい。
フリュネとベルの戦いが始まる。
EEWujiLU4AExzRW.jpgEEWvMTqU8AEY4o7.jpg
アイシャは状況を正確に理解していた。
フレイヤ・ファミリアの攻撃なので、部下には逃げろと伝える。
アイシャはやり残したことがあるから、ここに残る。
EEWu9kXUUAAn2SB.jpg
ヘスティアとタケミカヅチは、ベルを探していた。
ヴェルフが苦戦する相手をいとも簡単に倒すアレン、フレイヤ・ファミリアのレベル6だった。
フレイヤ・ファミリアの攻撃を理解するヘスティア。
EEWvoHrU4AUoEjC.jpgEEWvV9QUEAAlJPC.jpg
フリュネとレベルブーストして戦うベルだが相手も強い。
苦戦するが短剣を弾き飛ばされ落ちていた長剣で戦う。
長剣の質量を利用してフリュネと力技で戦う。
空中庭園ももろく崩壊を始めていた。
足元が崩れて階下に落下するフリュネ。
EEWvyvoUEAAkqxU.jpgEEWv1hkU4AIf3TN.jpg
命を救出したタケミカヅチ、目覚めた命からベルの居場所を知る。
フリュネは階下で初めて歓楽街が燃えていることを知る。
オッタルと遭遇、力量差がありすぎると肉体を差し出して媚びを売る。
EEWwFY6VAAADbjl.jpg
フレイヤ様以上の喜びを与えると口走ると逆鱗に触れてしまった。
神を汚したとパンチ一閃、吹き飛ばされる。
EEWvftRVUAIfnBX.jpgEEWwdA4UcAUgObE.jpg
アイシャとはレベルブースト無しで戦うベル。
団員を引き抜くのは容易ではない。
今回の事件で春姫の妖術を知れば他から狙われる。
それも含めて守れる力量と覚悟が必要。
ベルは助けを求める春姫を開放することだけが目的だった。
拮抗した二人の実力、アイシャは戦いながら詠唱を始める。
EEWw88MU0AAAZZl.jpgEEWxLWcU8AAk55H.jpg
それに対抗するのは英雄切望、剣を弾き飛ばされ、肉弾戦となる。
ベルのファイヤーボルトを込めたパンチで勝利する。
EEWwvZnUcAEfc2C.jpg
一連の騒動を眺めるヘルメス、全ての発端は彼の発言だった。
でもイシュタルとフレイヤの行動は予想外だった。
神ゼウスが叶えられなかった望みを彼が叶える。
ただ見守り詠うだけのヘルメスだった。
EEWwt8pU0AAcq6l.jpgEEWxXf5U8AASIpy.jpg
フレイヤはイシュタルと遭遇、追い詰める。
フレイヤの魅了はイシュタルの部下であっても関係なく従える強大な力だった。
ベル・クラネルには神の魅了は通じない。
それもまた楽しみ、本人の口から聞きたい、益々興味が湧いてきた。
EEWwYQXVUAE8ZxM.jpgEEWxaq9UEAIXPIC.jpg
本気で怒るフレイヤには勝てないことは分かっていたイシュタル。
私とあなたで何が違うというの?
それは品性かしら?
EEWxjexUwAMpIkW.jpgEEWxuunUUAAavSY.jpg
フレイヤに落とされて天界に召喚される。
EEWxkJ6UEAAd2iU.jpg
人間界には二度と戻れないだろう。
EEWx0NvUYAAzlkk.jpgEEWx8ZoVUAAsnZK.jpg
目覚めた春姫を抱き寄せ、首輪も消失する。
本当の自由を得た春姫。
助けに来ました。
ありがとう、英雄様。
EEWyEHFUwAAx1d0.jpgEEWyExQUYAEidy-.jpg
ヘスティアたちも駆けつけ合流する。

---次回 「進軍」---
 
今回はフレイヤ・ファミリアが本気で攻めるとイシュタル・ファミリアは
足元にも及ばないのでした。
レベル6が何人も存在するファミリアは強すぎる。
オッタルはレベル7でした。
春姫のレベルブーストが必要なわけが分かった気がする。
数で圧倒して戦わないと勝てない。
それは神も同じことでイシュタルは過去に負けているのでしょうね。
それでも挑むのが可笑しすぎ。

アイシャは良い人だったので、最後にベルと一騎打ち。
覚悟を求めて、ベルを導いた人でしたね。
それだけに勿体ないキャラですよね。
タケミカヅチ、ミアハのファミリアに入れば良いのにね。

気になったのはフリュネとのバトルでもファイヤーボルトで
 周囲の建造物や床を壊せば良かったのに。
地の利を上手く利用する描写もあれば勝利も頷けるのですが。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか  Trackback:1 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可

Trackback

Trackback

今日見たアニメ二言三言感想 2019/9/16

おしながき ・ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかII 第10話   英雄切望(アルゴノゥト) ・ヴィンランド・サガ #10 ラグナロク ・博多明太!ぴりからこちゃん 第11話 逆襲の一口餃子 アニメガネ - 2019.09.17 12:07

プロフィール

てぃわは

Author:てぃわは
Cocologが容量いっぱいで、こちらで継続します。
一時期Yaplogでも書いてましたが、検閲が酷いのでアニメ使用は辞めました。
もう一つ別のブログも利用してます
文責は放棄していませんが、リンクはフリーです。

検索フォーム
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
G-AF
楽天アフィリエイト
Amazon
Amazon IFrame
カテゴリ
ブログサークル更新用
日刊BLOGガイド
日刊BLOGガイド
カウンター エリア
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メモリーボード
Pingoo Memory Board
ブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
ブログ村カウント
ブログランキング
ブログランキング