FC2ブログ

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかII BS11(9/06)#09

第9話 戦闘娼婦
 
アイシャに覚悟を問われて何も出来ないと分かったベル。
EDypkgVUYAIk4gT.jpg
命が手を引いて逃走する、路地裏に逃げ込んで一息つく。
EDypj5-VUAEWa0N.jpg
ベルが憧れた英雄は娼婦を助けられないのか?
卑しい身分の者は英雄譚には傷をつけてしまうのか?
自問自答しても答えが見つからないベル。
EDyqj8uUEAIvPFl.jpg
春姫を取り戻すことはファミリアが戦争を始めることになる。
ファミリアを危険に晒すことは許されるのか?
ヘスティア様に負担を掛けてしまうのか?
自分一人の迂闊な行動が全員を巻き込んでしまう、そんな恐れで縮こまってしまう。
その時、ベルの拳が輝きを放つ。
EDyqwppVAAEmkxs.jpgEDyqzTUUEAELom6.jpg
偵察から戻った命に決意を語るベル。
春姫さんを救出してファミリア全員で逃げましょう。
熱りが冷めた頃に、またこのオラリオに戻ってきましょう。
ベルの決意に賛同して協力を惜しまない命、ファミリアを移って良かった。
命が忍びの術で春姫の居場所を探す、無事に救出できれば緑、失敗すれば赤の信号弾を打ち上げる。
EDyrRSRU0AAn-tb.jpg
ベルの捕獲は失敗したが、殺生石の儀式が終わってからでも遅くはない。
今の最重要課題は殺生石の儀式。
EDyrX0SUYAAft6p.jpg
ベルは正面から陽動担当で暴れまくる。
EDyr_NAUEAA2GIy.jpgEDyrn00UwAAgK6x.jpg
時間を稼いで警備を引き寄せて命の行動を助ける。
EDyqK4DUUAARJ57.jpgEDyqYZiUYAApDGq.jpg
ヘスティアたちはイシュタルファミリアのホームに詰め寄っていた。
警備は何人も通さないと立ち塞がる。
ベルくんの貞操の危機なのに。
EDyqXZ7UwAIvLtI.jpg
タケミカヅチのファミリアも同行、まるで誰も逃さないかの警備。
その時、屋敷で爆発が生じる。
警備に動揺が走る、その隙を突いて突入する。
EDyr_LXUEAANN6i.jpgEDysQO4UYAASSlq.jpg
サミラは春姫の儀式の準備をする。
フリュネとアイシャはベルの迎撃に向かう。
フリュネはレベル4、流石にベルの攻撃は通じない。
アイシャも参戦されては敵わない。
EDysUePU8AAADsw.jpgEDysQgqVUAAhSZ-.jpg
イシュタルが登場して二人を撤収させる。
EDys-Z_UUAACWc3.jpg
春姫の犠牲を詰るベル。
イシュタルは娼婦を恥じていなかった、男を癒やして吸収する。
アマゾネス種族固有の理論で男から吸収することで強くなれる。
むしろ自慢なので春姫が娼婦になったことも当然の帰結だった。
EDysizKUYAArEjd.jpgEDys25PVAAE3AW9.jpg
フレイヤが美の女神だとチヤホヤされることも気に入らない。
イシュタルも美しさでは負けていない、だからフレイヤと戦争する。
そのためには春姫の持つレベルブーストが必要。
EDyswyPVAAAzzAL.jpgEDys2O1U8AAlhXU.jpg
レベル4のタンムズに取り押さえられ身動きできないベル。
イシュタルが衣装を脱いで神の魅了を発動する。
しかしベルには効果がなかった。
思いの結晶、憧憬一途を持つベルは一途に思うことが優先するのだった。
神の魅了が通じないならベルの誘惑は不可能、逃走するベル。
EDytagSVUAAMRWE.jpg
春姫の所在を突き止めた命。
春姫は娼婦の自分には助けられる刺客がないと泣く。
EDyto19U0AAwSSa.jpgEDytnuCU8AAUSVT.jpg
命が傷を負ってしまうが赤の信号弾を打ち上げる。
EDyt662VUAYxaHd.jpgEDyuJAyU8AAviDI.jpg
空中庭園で儀式が行われる、居場所が判明したベルも駆けつける。
命は春姫救出を諦めない、負傷しても再度戦う。
EDyuOq7U0AAjbUT.jpg
サミラはレベル3で強い、肉弾戦では敵わない。
叩きのめされた時、タケミカヅチの言葉が蘇る。
忍は汚い技も使う、命には納得できないかもしれない。
でも守りたいもののためと大義名分が経てば汚いことも汚くなくなる。
相手の予想を裏切った行動が忍の本分。
EDyvHW9UEAEh2mk.jpg
サミラに魔力暴発を行って周囲を撹乱する。
それまではベルの突入を我慢させる、まだです。
EDyvOw-UcAA5yX8.jpg
混乱が生じた隙にベルが突入する、タイムアップギリギリで
殺生石の破壊に成功する。
EDytPBrUUAENeVK.jpg
フレイヤはイシュタルの行動を密かに調べ怒っていた。
今回は自らも出撃する。

---次回 「英雄切望」---
 
ファミリアが大きくなるとファミリアを守ることも重要となる。
そんな板挟みを感じるベルでした。
今までなら単身で突撃するだけで良かった。
ファミリアを足枷にも似たものと考えると動けなくなったベルでした。
でも皆で逃げようとお気楽に考えることが出来たのは新たに発動した
 思い、英雄切望のおかげだろうか。

ベルの戦いが今期は作画を減らすためなのか不満。
今回なんて陽動なので、ファイヤーボルトをもっと連射すべき。
1期では何度も撃ちまくっていたのに。
それに天井や階段などを効果的に壊せばもっと陽動が出来たはず。
その辺りの描写も無くて不満。
春姫の儀式を行う空中庭園でも建物を壊すべき。
それが相手には混乱に通じるのだから。
まあ、今回は命の見せ場なのでベルは最後まで我慢だったのかな?

フレイヤのファミリアって今回は総動員みたいですが初めての登場ですね。
フレイヤって作画的には美人に思えないのが残念。
相対的に全員が美人過ぎている。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか  Trackback:1 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

てぃわは

Author:てぃわは
Cocologが容量いっぱいで、こちらで継続します。
一時期Yaplogでも書いてましたが、検閲が酷いのでアニメ使用は辞めました。
もう一つ別のブログも利用してます
文責は放棄していませんが、リンクはフリーです。

検索フォーム
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
G-AF
楽天アフィリエイト
Amazon
Amazon IFrame
カテゴリ
ブログサークル更新用
日刊BLOGガイド
日刊BLOGガイド
カウンター エリア
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メモリーボード
Pingoo Memory Board
ブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
ブログ村カウント
ブログランキング
ブログランキング