FC2ブログ

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかII BS11(8/16)#06

第6話 淫都
 
命の様子がおかしい。
今日も早くに外出、尾行するベルたち。
ECGhE3MUwAEcW91.jpgECGgkYcU4AAfSoy.jpg
千草と合流して向かった先はオラリオの歓楽街。
ECGg6YAU4AE38Uh.jpgECGhH7UUYAY3mk4.jpg
そこはイシュタルが支配する場所。
ECGg_7AU8AI2E_p.jpg
命を尾行しながらもベルは娼婦たちに可愛がられる。
ECGhkDUUwAIrkv1.jpg
男たちに囲まれた二人を助けるヴェルフとリリ。
そこで彼女たちの真意を尋ねる。
二人の幼馴染が行方不明になった。
彼女は高貴な家の出自で最近、ここで見かけられたらしい。
それで二人は個人的に幼馴染を探していた。
ベルが行方不明だったことに気づく。
ECGhtqWU8AA2yjy.jpg
街娼に捕まり誘われるベル。
必死で逃れるが迷子になってしまった。
ECGhuT9VUAE1NmK.jpg
ヘルメスと出会い高級精力剤をプレゼントされる。
とある路地でアイシャに魅入られてしまい動けなくなる。
ECGigJtUYAE7Nxx.jpgECGiHjmU4AADUKp.jpg
彼女の仲間はアマゾネス、リトルルーキーのことも知っていた。
彼女たちは男の精を食らう種族で5人が気に入ってホームに連れ帰られる。
ECGiisTUcAIRiju.jpgECGijedUwAACIBL.jpg
そこはイシュタルの屋敷、ホームだった。
イシュタル・ファミリアは一大勢力で関わるのはまだ早い。
ECGi1zVUcAAa0na.jpgECGjFK2U4AAxyA0.jpg
満室で控室にいるとフリュネが匂いを嗅ぎつけてやって来た。
ベルの争奪戦が始まる。
ECGjBQ1UIAAULmV.jpgECGjZh9VAAAK9WR.jpg
この隙に逃げるベル、良く分からないが和風の娼館に紛れ込む。
ECGjhBYU8AEE2CH.jpgECGjy_IUEAAakS3.jpg
そこでは春姫がお客と勘違いしてサービスしてくれる。
鎖骨を見て失神する、フェチだった。
ECGkPKOUYAAz9i1.jpgECGk3F0U0AMaRIk.jpg
ベルの目的を知ってアイシャたちから逃れられる抜け道を教えてくれる。
夜明け前まで時間をつぶすのに互いの話をする。
11歳の時に父親に勘当された春姫、極東から流れてきた。
ECGlcHXUEAA-iQs.jpg
二人共に本が好きで英雄譚などに憧れていた。
でも春姫は娼婦なので英雄が助けに来ることはない。
憧れても誰も攫ってはくれないと嘆いていた。
ECGkcz4UcAIbkqU.jpgECGlp3VUYAEs2Yb.jpg
ヘルメスはイシュタルに届け物を持ってきた。
あの女に勝ちたいと情報を吸い上げる。
リトルルーキー、ベル・クラネルにご執心と知って奪ってやると決める。

---次回 「狐人」---
 
新たな物語、春姫の救出大作戦のようですね。
OPでも登場する狐人の獣人。
命と千草の幼馴染で助けたいが相手が悪い。
一大勢力を誇るイシュタル・ファミリア。
歓楽街を仕切るファミリア。
さてどうするのかと思ったらフレイヤに対抗心を燃やしている様子。
これは運良く、フレイヤとイシュタルの闘いになるの?
漁夫の利をせしめそう?

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

てぃわは

Author:てぃわは
Cocologが容量いっぱいで、こちらで継続します。
一時期Yaplogでも書いてましたが、検閲が酷いのでアニメ使用は辞めました。
もう一つ別のブログも利用してます
文責は放棄していませんが、リンクはフリーです。

検索フォーム
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
G-AF
楽天アフィリエイト
Amazon
Amazon IFrame
カテゴリ
ブログサークル更新用
日刊BLOGガイド
日刊BLOGガイド
カウンター エリア
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メモリーボード
Pingoo Memory Board
ブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
ブログ村カウント
ブログランキング
ブログランキング