fc2ブログ

うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。 BS11(7/18)#03

第3話 青年、留守にする。
 
王都からの仕事に行きたくないデイル。
分かっているが行きたくない。
3- (6)3- (5)
王都で珍しいお土産を買えば良いのでは?
リタの提案でようやく出発する。
3- (7)3- (9)
仕事は知り合いの公爵家から。
七の魔王の眷属を退治する。
表立って大量の戦力で攻撃すると戦争になるのであくまで少数精鋭で。
グレゴールとは知り合いで早く帰りたいと本音を漏らすデイル。
ラティナが片角の魔族であることも話す。
3- (2)
留守番のラティナも寂しい。
一緒に居たラグは亡くなった。
それはラティナが悪い子だからかもしれない。
ラティナを良いこと言うのは家族だけ。
デイルが始めて良い子と言ってくれた他人。
だから悪い子だと思われたくない、嫌われたくない。
3- (3)3- (4)
ケニスはラティナに食事を調理することを提案する。
冒険者もラティナの給仕を目当てにパイを注文してくれる。
3- (16)3- (12)
クロエが訪れて友達だと告げるがラティナは友達が分からない、
 今まで周囲に同世代の子供が居なかった。
3- (1)3- (11)
秋から始まる学舎への入学を尋ねる。
3- (13)
実は5歳程度に見えるが7歳でもう直ぐ8歳のラティナ。
デイルに手続きをさせる必要を感じるリタ。
3- (14)3- (15)
七の魔王の持ち龍を発見、デイルは魔族も龍も攻撃する。
3- (10)
早く帰りたいが夜会までが仕事。
3- (18)3- (17)
早く逢いたくて急いで帰るデイル。
3- (19)3- (21)
たくさんのお土産を持って帰るとラティナが出迎えてくれる。
3- (22)3- (20)
そして調理したパイを給仕されると大喜びのデイル。

---次回 「」---
 
今回は学舎に入学と旧知のグレゴールの紹介だけでしたね。
はっきり言って有効なエピソードとは思えない。
デイルのラティナから離れたくない依存症も通り一遍のワンパターン。
なんと言うか普通に描いているだけで、弾けたり、変化をつける演出が足りない。
特にラティナの独白がメインだったのかもしれない。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 2019年新作アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

てぃわは

Author:てぃわは
Cocologが容量いっぱいで、こちらで継続します。
アニメやドラマの感想がメインです。
もう一つ別のブログも利用してます
文責は放棄していませんが、リンクはフリーです。

検索フォーム
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
G-AF
Amazon
Amazon IFrame
カテゴリ
月別アーカイブ
楽天アフィリエイト
最新トラックバック
ブログサークル更新用
カウンター エリア
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メモリーボード
Pingoo Memory Board
ブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
ブログ村カウント
ブログランキング
ブログランキング