fc2ブログ

真夜中のオカルト公務員 BS11(6/23)#12終

最終回 第12話 新宿区夜間地域交流課
 
妖精たちに教えられて記憶喪失のアナザーを連れ帰った新。
どうやら依代の石像が壊れて居場所を失ったらしい。
12- (1)12- (2)
セオが調べるが手掛かりがなさすぎる。
名前が分かれば対応策も考えられるが、それも出来ない。
新が彼の素性を調べて町を探索する。
空腹なので食事は蜂蜜を希望する。
問題は当座の居場所、新が自宅に連れ帰るしかない。
12- (27)
ユキも琥珀も熊臭い神の気配を持つアナザーとは一緒に暮らせないと家出する。
アナザーを連れて連日町中を探索する新。
12- (9)12- (10)
アナザーが元気になり、新がやつれ始める。
神社は霊力溢れる場所なので、ここに住むと言い始める。
しかし先住の神が居るので追い払われる。
12- (6)
狩りの神などに用はない、が新が倒れてしまう。
交流課までアナザーが運んでくれた。
12- (11)12- (13)
セオの推理では、新の関心がアナザーへの信仰と重なり生気を吸い上げていた。
このまま一緒に居ると拙いかもしれない。
12- (14)
そう聞いてアナザーは1人で出かけようとするが、新は自分の仕事だから
 任務を全うしたいと捜索を続ける。
12- (16)12- (17)
輸入品の蜂蜜をお安く手に入れた。
それがアナザーの故郷の品だと分かった。
豊穣を司り供物として備えられたらしい。
それはウクライナ産の蜂蜜、セオはヴォーロスだと判定する。
12- (18)
課長が持参した上野の古代ウクライナ展のチケット。
もう必要はないのかと言われるが二人で出かける。
12- (24)12- (15)
そこには木製の依代が展示されていた。
12- (22)
それに同化して世界を旅してみたい。
新に礼を述べて出発する。
12- (23)12- (19)
ユキと琥珀も帰ってきた。
12- (20)
これが夜間地域交流課のお仕事だった。

---最終回---
 
前回がピークで今回は後日談と言うか日常回でしたね。
この作品はアナザーの名前を知る便利屋さんが居ないのでまどろっこしい。
ユキ、琥珀がヒントを与えるべきだが新の苦闘を描きたい様子。
今回でも、知り合いのアナザーに先に尋ねればヒントは得られたのでは?と
 思ってしまい不満が残る内容だった。
そして偶然にウクライナの蜂蜜を食べて正体判明なら、アナザーの
 ネットワークを構築すべきだと考えてしまう。

全体的には琥珀は必要だったのか?
安倍晴明は必要だったのか?と思う部分がある。
世界観は悪くないだけに惜しい気がした。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 2019年新作アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:真夜中のオカルト公務員  Trackback:1 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可

Trackback

Trackback

今日見たアニメ二言三言感想 2019/7/1

おしながき ・叛逆性ミリオンアーサー 第23話 叛逆の未来へ ・真夜中のオカルト公務員 #12 新宿区夜間地域交流課 アニメガネ - 2019.07.04 18:06

プロフィール

てぃわは

Author:てぃわは
Cocologが容量いっぱいで、こちらで継続します。
アニメやドラマの感想がメインです。
もう一つ別のブログも利用してます
文責は放棄していませんが、リンクはフリーです。

検索フォーム
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
G-AF
Amazon
Amazon IFrame
カテゴリ
月別アーカイブ
楽天アフィリエイト
最新トラックバック
ブログサークル更新用
カウンター エリア
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メモリーボード
Pingoo Memory Board
ブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
ブログ村カウント
ブログランキング
ブログランキング