FC2ブログ

この音とまれ! BS11(6/14)#11

第11話 探してた音
 
さとわは演奏曲の曲想を考えていた。
滝浪先生が訪れ楽器経験者に違いないと問いかけるが愛が訪れる。
D9HUtNkUYAERMYb.jpg0d1bdeb9-s.jpg
武蔵部長との掛け合いの極意を尋ねる。
仲間を信じろ、愛は何かを理解して戻る。
さとわに下手な奴らと練習すると下手になるぞと忠告する。
私はここが良いんです、それに彼らをあんまり舐めないほうが良いですよ。
彼らは驚くべき速度で上達しています。
D9HVgcXU8AAivj-.jpg
愛は武蔵部長の音を聞かないと宣言する。
互いに相手の音を聞いて演奏していたので微妙にずれている。
相手を信じて演奏する、それが見事に嵌まる。
11= (5)
平坦な演奏を謡うように強弱とメリハリをつけてと指示するさとわ。
光太も皆と一緒に練習するのが楽しくてしかたない。
でも楽しい時間は早く過ぎてしまう。
さとわも曲想について皆に相談する。
D9HWG63U4AA4HEo.jpgD9HWvkbUwAUjgNh.jpg
合宿の最後は全員で演奏する。
光太の裏拍が苦手な部分も練習したので妃呂が安心させる。
見事に演奏が嵌まると気持ちいい。
全員で上達を感じる。
D9HWURTU0AAqsIQ.jpgD9HWVD4VAAA8-EX.jpg
妃呂が叔父さんの民宿を借りてくれたお陰だと武蔵。
じゃあ今度何か奢ってよ。
8934aef5-s.jpg
帰っても部室で練習する愛。
78c180a9-s.jpg652e78b6-s.jpg
合宿地で拾った石を備えて祖父の家があった売地で報告する愛。
合奏すると楽しいと言った言葉が身をもって感じられていた。
仁科楽器店でも練習させてもらう。
全国高校生箏曲大会は予選が12月で本選が8月で関東邦楽祭の直前。
邦楽祭の発表順位が決まり時瀬高校は33校中24番目。
cd50d04b-s.jpgD9HW3lzUIAAdN-7.jpg
愛はさとわが楽しそうだと告げると赤くなる。
D9HXLMoU8AA8Eet.jpg
躓いて抱きとめるが実たちに見られて勘違いされる。
D9HXZ0fU8AA9tmo.jpg
大会本番で初めて女子率の高さを知り、会場も大きいことを知る。
D9HXYMNU0AExQwW.jpgD9HXe9XVUAA_3M_.jpg
桐生桜介が少ない箏曲男子の好で愛たちを発見、駆けつける。
全国大会ではベスト4の明陵高校、1位はとんでもない学校らしい。
D9HXtWiUwAAsAgA.jpgD9HXidOVAAARAx6.jpg
姫坂女子のかずさも、さとわに抱きつきベスト4を報告。
さとわが入学してくれれば1位になれると諦めていない。
D9HXkm6UIAASCPy.jpgD9HXnbxUcAAPIxa.jpg
愛たちの実力を聞かせてもらうから。
今大会で明瞭はトップ演奏、採点の基準になるので他を霞ませてみせる。
桐生桜介は明瞭のエースだった。
D9HX0XhUIAAXw9b.jpgD9HX6dMUEAEV8_E.jpg
先輩の泉朝乃とは幼馴染だった。
15人の演奏が1人のように聞こえる見事な統一感だった。
D9HYJO0VAAAWnD6.jpgD9HYUkPU8AA3LMj.jpg
しかも抑揚もあり、無理して併せている感じがしない。
明瞭の実力を今更ながらに感じていた。
D9HYj7AVAAIUaTG.jpg
特に桐生桜介のリードで全員を自由に弾かせてまとめていた。
さとわには必要だが絶対的に足りない技量だった。
そして彼の独奏は突き刺さる感じの激しさがある。
D9HY5dXU8AAVIyJ.jpgD9HZdo4U4AEojmy.jpg
幼い頃は病弱でスポーツが出来なかった桜介。
隣に引っ越してきた朝乃が近所で見つけた一緒に遊べる場所。
それが、おこと教室だった。
D9HY96cUwAESJ2Q.jpgD9HZDuZU8AMHB7B.jpg
仲良く教室に通う二人を冷やかすクラスメイト。
無視されると朝乃に嫌がらせまでする。
桜介は離れようとするが朝乃が強く振る舞って離さない。
D9HZGjWUIAMFH-F.jpg
それなら他人を観察して相手の気持や考え距離感まで全てを熟知しよう。
朝乃を守るためにも必死で観察した桜介。
その技術が仲間の演奏を引き出す能力として開花していた。
しかし桜介の演奏は何処か激しく痛かった。
D9HZjxhVAAEAcjt.jpg
愛にはさとわと同じレベルの演奏に聞こえた。
強敵出現、全国ベスト4は伊達じゃなかった。

---次回 「ライバル」---
 
合宿が終わると大会本番ですね。
その前に強敵の明陵の演奏。
東京代表は伊達じゃないのでした。
ただ曲目というか演奏自体は普通でしたね。
なんだろうか?多人数での演奏感がなかった。
姫坂女子の演奏のほうがよく聞こえた演出だった。
そしてここで語られる全国1位の高校は別次元。
関東の高校なのだろうか?
理想的には京都の高校ですよね。

原作者は箏の家に生まれたらしく母も姉も師範らしい。
そんな幼い頃から箏に触れていたから描ける作品らしい。
問題は箏の上手さを視聴者に分かる演出ですよね。
アニメは音が利用できるが、それだけでは理解は出来にくい。
上手な人の演奏を分かるように魅せる演出が重要ですよね。

今作は分割2期で10月から2期が放送される、それなら安心ですね。
1クールで終わりは勿体無い。
しかし「ちはやふる」とがっぷりとぶつかるだけに辛そう。
関連記事
スポンサーサイト
テーマ : 2019年新作アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:この音とまれ!  Trackback:1 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可

Trackback

Trackback

アニメまとめてプチ感想(この音とまれ・MIX・フルバ)

この音とまれ! 第11話 できることが増える→楽しい→上達まっしぐら。 底上げ大成功の夏合宿。 時瀬高箏曲部一致団結。 みんないい顔するようになったなあ。 自信を持って邦楽祭へ臨みましたが。 トップバッターはあの明陵高。 圧巻の演奏をリードするのは桐生くん。 超一級の実力者でした! まさに明陵高の切り札ですね。 これで全国ベスト4…まだ上があるとは(゚д゚) 桐生君も山あり谷ありの過去。... のらりんすけっち - 2019.06.17 16:58

プロフィール

てぃわは

Author:てぃわは
Cocologが容量いっぱいで、こちらで継続します。
一時期Yaplogでも書いてましたが、検閲が酷いのでアニメ使用は辞めました。
もう一つ別のブログも利用してます
文責は放棄していませんが、リンクはフリーです。

検索フォーム
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
G-AF
楽天アフィリエイト
Amazon
Amazon IFrame
カテゴリ
ブログサークル更新用
日刊BLOGガイド
日刊BLOGガイド
カウンター エリア
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メモリーボード
Pingoo Memory Board
ブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
ブログ村カウント
ブログランキング
ブログランキング