fc2ブログ

真夜中のオカルト公務員 BS11(4/21)#03

第3話 琥珀の瞳のトリックスター
 
箱根山の地下施設に転移させられた新と榊。
見知らぬアナザーが新を安倍晴明と呼ぶ。
晴明と会えた歓迎にと大量の動く死体、僵尸を呼び寄せた。
3- (7)
地上のセオの下に集まる各地の夜間交流課の公務員たち。
3= (1) 3- (15)
彼は最近の事件が全て、呪術の素材集めだと気づいていた。
全ては僵尸を生み出すための物だった。
3- (8) 3- (2)
彼も魔法陣で転移させられて榊や新に合流する。
あまりの理不尽さに激昂する新は、安倍晴明ではないと告げる。
それなら殺すしか無いと平然と言い放つアナザー。
前言撤回で安倍晴明だと言い直す。
3- (1) 3- (3)
セオ、榊と僵尸から逃げる新だが、囲まれた状況は変わらない。
地上にも溢れた僵尸を公務員が撃退するが数が多すぎて結界を張るので精一杯。
祭壇を見つけて破壊しないと僵尸の術は解除できない。
見つけた祭壇は都内で発生した女子高生失踪事件の被害者だった。
3- (12) 3- (11)
アナザーは知り合いの悪魔から譲ってもらったと告げる。
僵尸を止めるには祭壇に利用された女子高生の息の根を止めないといけない。
完全に進退窮まった状態に陥る。
3- (5) 3- (16)
逃げ惑う新にアナザーは提案する、昔に命名してくれた名前を思い出して。
新は祖父を思い出して考える。
かつて晴明は彼をこう呼んだ。
腹黒い狐、琥珀。
俺も晴明ではなく、宮古新だ。
互いに名前を知ることから新たな関係が始まった。
3- (18) 3- (19)
そして琥珀とかつて命名されたアナザーはアステカ神話の災いの神
 ウェウェコヨトルだと判明する。

---次回 「」---
 
一連の事件の収束編でした。
全てが安倍晴明に再開するためのイタズラだったという迷惑なエピソード。
アナザーがアステカ神話の神だった。
あまりの大物の出現ですが、彼は晴明ラブのようで今後もつきまといそうです。
退屈を紛らわすために実力者の知り合いにイタズラする、そんな感じの
 ポジションになるのかな?
状況によっては助けたりもするのかも。
見た目が女性なだけにちょっと辛いかも。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 2019年新作アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:真夜中のオカルト公務員  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

てぃわは

Author:てぃわは
Cocologが容量いっぱいで、こちらで継続します。
アニメやドラマの感想がメインです。
もう一つ別のブログも利用してます
文責は放棄していませんが、リンクはフリーです。

検索フォーム
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
G-AF
Amazon
Amazon IFrame
カテゴリ
月別アーカイブ
楽天アフィリエイト
最新トラックバック
ブログサークル更新用
カウンター エリア
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メモリーボード
Pingoo Memory Board
ブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
ブログ村カウント
ブログランキング
ブログランキング