FC2ブログ

いつだって僕らの恋は10センチだった。 BS11(12/29)#6終

最終回 第6話 卒業、旅立ち、未来の色。

春輝は映画のラストに悩んで制作を中止。
榎本夏樹は中西デザイン専門学校に進学。
美桜は美大へ進学が決まった。
卒業式で春輝が答辞、蒼太はあかりに連絡しても良いかと確認。
美桜は美術の先生を目指すことに決めた。
春輝は明日出発なので打ち上げには参加せずに美桜と行動。
優からDVDを手渡された美桜。
春輝と夢について黒板に書き記す美桜。
DSOU3P3UMAA9LlE.jpg 
15時発のLA行きで1人出発する春輝。
見送りは断った、美桜がずっと待ってるとメッセージ。
DVDの内容は映研部室での一幕、春輝は美桜が笑顔になる映画を作りたい。
だから敢えて未完の作品にしたのだった。
それは好きって言ってるようなもの。
DSOSvlDUQAAFKAA.jpg 
7年後、母校の美術教師として赴任してきた美桜。
明智も未だに教師を務めていた。
学校に努めているが、自分だけ居残りしているみたい。
夏樹が優と婚約したので3人が集まる。
夏樹はイラストレーター、あかりは蒼太と交際を続けている。
美桜の誕生日には春輝からDVDが届く。
06-03.jpg 
優がネットでアメリカの新人映画監督賞を受賞したことを見つける。
夏樹から美桜に連絡が届く。
嬉しくて会っておめでとうと言いたい。
いつも話していた坂の階段で春輝が呼び止める。
仕事の途中で勝手にやって来たらしい。
一番最初に美桜に伝えたかった。
7年間、会いたかった、好きだ。
遂に10cmの距離が縮まり手を繋ぐ二人、キス。
 
---最終回---
 
ようやく10cmの距離が縮まるエピソード。
7年後に春輝が新人映画監督賞を受賞して帰ってきたのでした。
美桜は母校の美術教師として赴任。
付き合いの長い夏樹と優は婚約。
でも、あかりが一番綺麗ですよね。
色んな意味で予定調和のハッピーエンドでした。
これ以外は作れないでしょうね。
ベタだけど、奇をてらわずに描いた感じですね。
これで良いのだと思います。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 2017年新作アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:いつだって僕らの恋は10cmだった。  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

てぃわは

Author:てぃわは
Cocologが容量いっぱいで、こちらで継続します。
一時期Yaplogでも書いてましたが、検閲が酷いのでアニメ使用は辞めました。
もう一つ別のブログも利用してます
文責は放棄していませんが、リンクはフリーです。

検索フォーム
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
G-AF
楽天アフィリエイト
Amazon
Amazon IFrame
カテゴリ
ブログサークル更新用
日刊BLOGガイド
日刊BLOGガイド
カウンター エリア
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メモリーボード
Pingoo Memory Board
ブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
ブログ村カウント
ブログランキング
ブログランキング