fc2ブログ

デート・ア・ライブ III TokyoMX(3/15)#10

EPISODE 10 もうひとつの世界、もう一人の彼女
 
士道が目覚めた世界は11月3日、折り紙の反転体が出現した翌日。
10- (4) 10- (5)
全ては無事に改変されたと喜ぶ士道。
しかしクラスに折紙は居なかった。
10- (15)
両親と幸せに暮らして笑顔の折紙を見たかった。
そう考えると涙が知らぬ間に溢れていた。
10- (6) 10- (7)
自宅で調理する士道は様子がおかしい。
琴里、四糸乃は七罪の女絡みに決まっている説に動揺する。
10- (18)
元気づけるためには水着エプロンに着替えた2人、七罪は恥ずかしくて出来なかった。
この世界には精霊狩りの狂三とデビルが存在していた。
反転体のデビルは折紙そのものだった。
10- (8) 10- (1)
クラスに折紙が転校してきた。
琴里と話すと元AST隊員で辞めた頃にデビルが出現し始めた。
ラタトスクで次善策を検討する前に折紙に会って話を聞く士道。
5年前に士道が助けて両親は無事だったが4年前に交通事故でなくなった。
士道は5年前に精霊に殺害された、そんな不幸をなくすためにAST隊員になった。
折紙はデビルになっていることは知らない。
もっと話したいから時間が欲しいと告げると告白だと勘違いされる。
10- (3)
それでも土曜日に会う機会をもらう。
屋上で眠ると目覚めたのは狂三の膝枕だった。
10- (9) 10- (11)
彼女は士道の経験を全て知っていたが折紙のデビルに関しては不明。
それならザフキエルの力、ユッドで過去を覗けば良い。
10- (12) 10- (10)
そんな2人を偶然にも発見する折紙。
精霊を見ると自動で反転体のデビルに変身する。
10- (14)
狂三を攻撃、消失したので元に戻る。

---次回 「星降る夜の天使」---
 
これは、折紙をデレさせることになるのかな?
彼女が精霊の反転体になった原因が次回に明らかになるのかな。
でも結局は狂三の力でも歴史は改変できていない。
歴史の修正力で原因は変わっても結果は同じでしたね。
これでは狂三の目的も叶わないような気がする。

七罪、四糸乃は学校に行かなくても良いのかな。
七罪は学校経験者ですよね。
まだ出現予定の精霊が居るようで、次期制作があってもお終わりそうにない。
なんと言うか、同じことの繰り返し感は否めない。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 2019年新作アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:デート・ア・ライブ  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

てぃわは

Author:てぃわは
Cocologが容量いっぱいで、こちらで継続します。
アニメやドラマの感想がメインです。
もう一つ別のブログも利用してます
文責は放棄していませんが、リンクはフリーです。

検索フォーム
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
G-AF
Amazon
Amazon IFrame
カテゴリ
月別アーカイブ
楽天アフィリエイト
最新トラックバック
ブログサークル更新用
カウンター エリア
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メモリーボード
Pingoo Memory Board
ブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
ブログ村カウント
ブログランキング
ブログランキング