FC2ブログ

サークレット・プリンセス TokyoMX(2/05)#05

第5話 ブレイキング・ダウン
 
サークレットバウト部の部長は美由紀で決定。
プリンセスカップの出場をエントリー、美由紀、怜奈、優佳の順番は決めた。
Dypabe-U8AA8uRV.jpg 
先ずは大会のトーナメント抽選、強豪との対戦は避けたい。
Dypbj0PUcAAEgSq.jpg 
美由紀はくじ運悪く、関東の強豪校、星之海と対戦となる。
DypbwJYVAAcHboL.jpg Dypb7fxVAAIBhx8.jpg
星之海、主将の山内とは中学で陸上競技でライバルだった美由紀。
本来は陸上で推薦が決まっていた星之海進学。
DypcYluV4AE0wV8.jpg Dypci-fUcAEf5e5.jpg
山内と会ってから様子がおかしい美由紀。
実は実家がシューズメーカーで陸上部で活躍していた。
しかし美由紀の勝利を実家の金の力と嫉妬した仲間たち。
2aa19f013b6c39d09b91cab52b5b92bf--.png 5= (4)--
そんな嫉妬に嫌気が差して陸上を辞めた。
そんな時に綾奈の試合を見てサークレットバウトに興味を持った。
DypeXT7U0AAWN4G.jpg DypeqBCU8AEQJx2.jpg
試合直前にレイナが順番を変更、美由紀と優佳を入れ替えた。
第1試合は優佳が勝利、第2試合はレイナが敗戦。
第3戦の美由紀に勝負の行方が決まる。
Dype2D1VsAA3IQl.jpg DypfVoJWsAcR5Ty.jpg
未だ落ち込んで覇気のない美由紀。
攻撃ができなくなっていた。
DypfOp4VYAEuJ4i.jpg DypfZ1SWoAA8ikZ.jpg
レイナが叱咤激励、あなたの試合は動いて相手を疲れさせる戦法。
それが出来ていないのはお馬鹿だから。
試合中に会話が出来るサークレットバウト。
美由紀が走り回って相手を疲れさせて勝利する。

---次回 「エクストリーム・ゲーム」---
 
色々と雑でアバウトすぎる。
流石にゲーム原作の出来損ないアニメ。
今季ではトップレベルの酷い脚本、酷すぎる。

陸上短距離で親の力、金の力で勝てることはない。
これは逆に陸上競技に対する冒涜だと思う。
全てが適当なエピソードで酷い内容でネタとしても楽しめない。
怜奈はわざと負けるのも酷ければ、相手も強豪校ですらない。
この作品の見どころはアホ脚本と妙に甲高い優佳の声だけ?
こんな内容でアニメ化する企業が信じられない。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 2019年新作アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:サークレット・プリンセス  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

てぃわは

Author:てぃわは
Cocologが容量いっぱいで、こちらで継続します。
一時期Yaplogでも書いてましたが、検閲が酷いのでアニメ使用は辞めました。
もう一つ別のブログも利用してます
文責は放棄していませんが、リンクはフリーです。

検索フォーム
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
G-AF
Amazon
Amazon IFrame
カテゴリ
楽天アフィリエイト
VISA
VISA Invitation
https://www.smbc-card.com/olentry/affiliate/online_entry.do?bno=03400398911
ブログサークル更新用
日刊BLOGガイド
日刊BLOGガイド
最新トラックバック
カウンター エリア
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メモリーボード
Pingoo Memory Board
ブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
ブログ村カウント
ブログランキング
ブログランキング