FC2ブログ

プリキュア ドリームスターズ TokyoMX(1/02)

2017年3月劇場公開されたキラキラ☆プリキュア アラモードがメインの映画。
プリンセスプリキュア、魔法使いプリキュアが登場する。
桜が原のサクラが烏天狗に狙われた。
そんな彼女に3枚のカードを持たせたしずく。
それはスイーツ、宝石、鍵。
1489739091_1_4_ce7fa5d8c422fff9af576a73d1a4f0c3.jpg 
彼女はいちかが見た夢の少女。
偶然にも出会ったいちかとサクラ。
赤狛が追いかけてきたが4人も集まって撃退に成功。
そこで、さくらのカードに従って移動した先にはプリンセスプリキュアと
 魔法使いプリキュアが存在していた。
彼女たちと協力してさくらを元の世界で烏天狗を懲らしめる。

そんな世界感で親友のしずくが捕まり洗脳されて五月雨となって敵対する。
桜が原の世界は背景からプリキュアまで全てが3DCGで描かれる。
五月雨とのバトルシーンは視点を動かすCGならではの映像。
アバンで鳥居の中を走るシーンが最後でも登場。
この水しぶきなどもCGでないと描けない。
随所にCGの利点を活かした映像だった。

ただキラキラ☆プリキュア アラモードは格闘戦を一切行わなかった。
でもそれが結構、集団バトルでは苦しく見える。
直接に腕を組んだり、足を払ったりとパンチやキックは見せなかった。
殴るのもホイップで作られた巨大キュアホイップだった。
でも色々と見せ方には苦労したように思える。

ストーリーはシンプルで、桜が原以外は手描きでした。
みっともなくて何が悪い、友達を、大切な人のために頑張るのがプリキュア。
これがキメ台詞でした。
特別にスクリーンの前で視聴者に話しかけるような映像も新しい試みだった。
そしてプリンセスプリキュアの変身バンクは今見ても豪華で派手。
一番目立ってしまう、ゴージャスが売りだったと分かる映像。
プリアラは色々と苦労が忍ばれる作品だったと分かる作品だった気がする。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : キラキラ☆プリキュアアラモード
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:キラキラ☆プリキュア アラモード  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

てぃわは

Author:てぃわは
Cocologが容量いっぱいで、こちらで継続します。
一時期Yaplogでも書いてましたが、検閲が酷いのでアニメ使用は辞めました。
もう一つ別のブログも利用してます
文責は放棄していませんが、リンクはフリーです。

検索フォーム
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
G-AF
楽天アフィリエイト
Amazon
Amazon IFrame
カテゴリ
ブログサークル更新用
日刊BLOGガイド
日刊BLOGガイド
カウンター エリア
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メモリーボード
Pingoo Memory Board
ブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
ブログ村カウント
ブログランキング
ブログランキング