FC2ブログ

RErideD -刻越えのデリダ- TokyoMX(12/19)#12終

最終回 第12話 総ては在るべき場所に
 
遂にマージュのもとに辿り着いたユーリィとデリダ。
扉を開ける前に躊躇うユーリィ。
58100117.jpg 
過去を書き換えると今の世界も記憶も失われる。
デリダが好きなユーリィは些細な記憶も失いたくない。
でも、過去を改変して戦争のない未来が訪れるならやるしかない。
12-D= (5) 
扉を開けるとより強い思いがこもる場所、時の部屋は誕生日を祝った自宅。
その奥にマージュはタイムライド装置の中で眠っていた。
12-D= (6) 94b9cf9c.jpg
メモを発見、映像が残されていた。
10年前に戻れなかったマージュは、デリダを見つけて過去に送るために
 何度もタイムライドを繰り返してきた。
667a2175.jpg 324519f3.jpg
そして判った事実、デリダがタイムライドを繰り返しても記憶を失わない。
それは異変でも何でもなく、マージュが肩代わりしてきたのだった。
彼女がデリダに残した懐中時計の中にチップが埋め込まれていた。
それで彼女はデリダにタイムライドを可能にしたのだった。
c7c7099e.jpg 
マージュが目覚める、14歳以前の記憶は失っていた。
早くタイムライドして戦争のない世界を。
シュミットがデリダに投降を求める。
ヴィドーはマユカと共に戦っている。
彼らの命も保証する。
07e06f69.jpg 
ようやくデリダは自分が訪れる時間と場所を理解した。
人には特別な思いがこもった時がある。
その思いの強さこそがタイムライドの鍵となる。
デリダは、その場所で求めて願えばいいだけだと理解する。
987c8798.jpg bc96a228.jpg
それは誕生日の夜にマージュがタイムライドの研究を続ける父親を手伝って欲しいと願った場所。
その場で断ったが、研究を手伝うことを了承する。
2536369e.jpg 7c9b9855.jpg
それでマージュはタイムライドの実験は行わずにパッチファイルを父親に
 手渡して眠るのだった。
それでマージュは事故を引き起こすこともなく、パッチファイルを手に入れたネイサンは
 アンドレイに迫り、DZの出荷を未然に防ぐことが出来た。
a92fef27.jpg 
たった一言で全てが戦争回避に向かうのだった。
6d36c54f.jpg 
アンジュはマージュを手伝っていた。
彼女はデリダが亡くならなかった世界のマージュ。
本来なら10年前にデリダは、ネイサンと共に亡くなった。
2c7a6f46.jpg 
それをマージュが書き換えた、デリダだけが救出できた。
66fa2a79.jpg 06f64b3f-s.jpg
戻った二人は戦争のない新しい世界で生きる。
c5fe1933.jpg a1479278.jpg879d0c09.jpgf524a728.jpg
父の会社でデリダはタイムライドの研究を続けていた。

---最終回---
 
ゴールは戦争のない世界、解決はマージュに研究を断るのではなく協力するという一言だった。
綺麗に終わった感じですね。
でも本来なら記憶を失わないデリダの謎など、バトル以外の部分を
 丁寧に描くべきだった。
正直バトル要素、ロードムービー的な要素が不必要だった。
それさえなければ楽しめたのではないかと思う。
残念な中途半端な作品となったと思う。

関連記事
スポンサーサイト
テーマ : 2018年新作アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:RErideD 刻越えのデリダ  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

てぃわは

Author:てぃわは
Cocologが容量いっぱいで、こちらで継続します。
一時期Yaplogでも書いてましたが、検閲が酷いのでアニメ使用は辞めました。
もう一つ別のブログも利用してます
文責は放棄していませんが、リンクはフリーです。

検索フォーム
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
G-AF
楽天アフィリエイト
Amazon
Amazon IFrame
カテゴリ
ブログサークル更新用
日刊BLOGガイド
日刊BLOGガイド
カウンター エリア
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メモリーボード
Pingoo Memory Board
ブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
ブログ村カウント
ブログランキング
ブログランキング