fc2ブログ

ソラとウミのアイダ TokyoMX(12/12)#11

第11話 笑顔でソラへ!
 
薪真紀子は父親の水産省大臣官房補佐に会って6年前の事故に関して尋ねる。
言い訳もせず、そのとおりだと言い残す。
11= (1)
薪真紀子が行方不明で大騒ぎのハルたち。
11- (17) 11- (3)
尾道駅で万年課長が逢えたので市役所へ向かう。
11- (5)
尾道漁協では99号イケスで事故が発生、風祭と鍵谷が取り残されて音信不通。
負傷した三島だけが脱出できたが通信が途絶える。
水産省には連絡したくないが非常信号が届くシステムになっている。
早速、救出のための「おのぎょ2号」の打ち上げは中止命令が下る。
それなら開発中の「おのぎょ3号」を打ち上げよう。
11- (2)
マキマキは父の決断を伝えて辞表を提出する。
舞湖は言い過ぎたからと謝罪する。
ハルはマキマキも言いたいことを言ってお互いにスッキリすべきだと考えていた。
11- (1) 11- (4)
そこに尾道漁協長が駆け込んできて手を貸して欲しいと話す。
80号イケスでの漁だったが99号イケスに向かった風祭たち。
実は95号イケス以上は禁漁だった、今の技量と設備では危険すぎるから。
風祭たちは事故のあった0号イケスこそが99号イケスだと考えて向かったらしい。
舞湖が宇宙漁師になればいずれ勝手に向かうかもしれない。
女子部に危険なことは任せられないと気遣ったのだ。
嫌味ばかり言う鍵谷も女子部のことを思っての言動だった。
鳴海高子は熟練漁師でも危険な99号イケスに見習いを送り込むことは出来ない。
水産省の命令で尾道漁協は宇宙センターに近づけない。
女子部だけが頼り、風祭を見殺しにするのか?
11- (9)
私達が行くしか無いですね、やりましょうと笑顔のハル。
マキマキもやる気になる、辞表撤回。
こんな非常時でも笑顔のハルに苛立つ波乃。
11- (10) 11- (6)
ハルの母親は知らない男と不倫して駆け落ち。
父親は入院したので祖母に引き取られて育てられた。
苦しいときこそ笑顔で、が祖母の教えだった。
だからハルは祖母との約束を守ってきた。
11- (7)
それを聞いてハルを抱きしめる波乃。
11- (8)
宇宙センターは警察が包囲して警備会社も立ち入りを禁止している。
誰も簡単には入れない状況。
色々とアイデアを出すが、どれも具体的には無理。
缶詰工場には明日の搬入が予定されている。
その缶詰に隠れて侵入する計画を実行する。
ミサぴょんが舞湖の兄の守護神木之花咲耶姫が神社に戻っていないので
 生存の確率が高いと全員に教える。
そんな大事な話は早く言いなさいと怒られる。
11- (11) 11- (12)
作戦を実行、2台目のトレーラーの通行は難色を示す警備会社。
万年課長が責任転嫁してゴリ押しで通行を許可させる。
ハルのくしゃみでバレそうな時に、ヘリが到着。
薪新吾大臣補佐官がセンター内のマップを届ける。
辞表を手に打ち上げを観ることにするよ。
11- (13) 11- (15)
鳴海高子が打ち上げを操作する。
警備会社に感づかれるが広島中央テレビに状況をリーク、取材に駆けつけた。
その隙に、おのぎょ3号を打ち上げる。

---最終回 「ソラとウミのアイダ」---
 
色々と雑な設定なので無茶苦茶な最終エピソード。
宇宙漁が危険なら非常脱出装置などの安全面に考慮しないと操業など
 許されてはいけないと思う。
そんな設定が描かれない世界。
そう言えばエンデバーの様な再利用タイプじゃない宇宙ロケット。
帰還方法がかなり気になる。
巨大魚と一緒に帰還するのだから超巨大冷凍ポッドで帰ってくるのでしょうね。
建物から帰ってくる描写があるから、専用の発着場がある様子。
帰還用の機体がロケットに内蔵されているらしい。
それが宇宙ステーションにドッキングして帰ってくる時に利用するようだ。
宇宙エレベーターが建設されている方が自然だしストーリー的にも扱いやすいと思う。
但し赤道上ではないのでそれなりの技術力と理由が必要ではある。

尾道漁協長の見殺し発言は不快だった。
それなら舞湖の兄を見殺しにしたくせに返せとい返すべきだった。
あのセリフにはストレスが溜まった。

熟練漁師が出来なかったことを訓練生が可能にするのは燃える以上に
 ストーリーの未熟さを感じて萎えてしまう。
80号イケスに向かった機体が99号イケスに向かった時点で宇宙ステーションは
 分からないのだろうか?
開発中のロケットが簡単に整備無しで打ち上げられる唐突さ。
ここは古い機体を使うほうが納得できる。
外部からTV局クルーが駆けつけても発射センターを制圧することは出来るはず。
缶詰工場のエピソードが見たかった、そんなゆるふわ設定で良かったのにね。
政府を描いたことで無茶苦茶さが加速してアラが大きくなった。
ハルの笑顔だけが、視聴を続けさせてくれる緩和剤だった。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 2018年新作アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:ソラとウミのアイダ  Trackback:1 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可

Trackback

Trackback

アニメ感想 18/12/12(水) #ソラとウミのアイダ 第11話、#俺が好きなのは妹だけど妹じゃない 第9話

ソラとウミのアイダ 第11話『笑顔でソラへ!』今回は・・・男子がやたらと女子に嫌がらせをしてきてた理由が明らかになりました。いや、不器用すぎるでしょ。結局女子に助けを求めてたら意味ないし。てことで、みんなで男子を助けに行くことに。てか、ほんとに大丈夫なの?ミイラ取りがミイラになったりしません?TVアニメ『ソラとウミのアイダ』ボーカルソング集 [CD]俺が好きなのは妹だけど妹じゃない 第9話『... ニコパクブログ8号館 - 2018.12.14 03:10

プロフィール

てぃわは

Author:てぃわは
Cocologが容量いっぱいで、こちらで継続します。
アニメやドラマの感想がメインです。
もう一つ別のブログも利用してます
文責は放棄していませんが、リンクはフリーです。

検索フォーム
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
G-AF
Amazon
Amazon IFrame
カテゴリ
月別アーカイブ
楽天アフィリエイト
ブログサークル更新用
カウンター エリア
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メモリーボード
Pingoo Memory Board
ブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
ブログ村カウント
ブログランキング
ブログランキング