fc2ブログ

メルクストーリア -無気力少年と瓶の中の少女- BS11(11/15)#06

第6話 夢添いの町と忘却の君(前編)
 
ジャモは近隣の町には寄らずに先を急ぐ。
死者の街は商売にならないから。
トトが1人で走り出す、追いかけるユウとメルク。
人がいっぱいいる街に到着。
6- (2)
そこで少年が輝石の祭りが行われると教えてくれる。
ここでは人々は生まれてから石を持っている。
その石を壊さないといつまでも思いが残ってしまう。
少年にお城まで届け物を頼まれるユウ。
相変わらず走るトトを追いかけるがはぐれてしまうユウ。
気がつくと、そこは家族と過ごした家のドアだった。
6- (6) 6- (3)
父親が友人と話しているので1人で遊ぶ少女コゼット。
母親が作った縫いぐるみのスクウィークが突然動き出して
 古い不気味な城に案内する。
6- (8) 6- (12)
そこでかぼちゃ男と遭遇する、ようこそアロウィンの町へ。
彼はシトルイユ、ここは夢の世界、望むものは何でも手に入る。
シトルイユはかぼちゃ頭の中が空っぽで望みが何かも忘れてしまった。
でもコゼットと話していると思い出せそう。
6- (7)
ここで王女として暮らすことも可能だが、コゼットは望まない。
6- (10) 6- (9)
父親は妻エレオノールの死を受け入れずに8年が経過していた。
石を壊そうとしない父を友人が決断を提案する。
気づくと娘のコゼットが居ない。
呪いの城に向かっていたと知る。
父も城に入ると夢の世界に紛れ込む。
彼の少年時代の夢に登場したスクウィークが出現する。
現実世界では縫いぐるみだが、ここでは動く。
父の足を突き刺して夢の国だけど夢じゃないと教える。

---次回 「夢添いの町と忘却の君(後編)」---
  
死者の街で夢の世界アロウィン。
なんだか石を壊さないといつまでも思いが残るらしい。
成仏させてあげることが破壊することかな?
そんな世界に迷い込んだユウでした。
メルクは何処に居るのでしょうね。
トトが走り出した理由とは?

お盆に亡くなった先祖に会えるみたいなエピソードかな?

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 2018年新作アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:メルクストーリア  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

てぃわは

Author:てぃわは
Cocologが容量いっぱいで、こちらで継続します。
アニメやドラマの感想がメインです。
もう一つ別のブログも利用してます
文責は放棄していませんが、リンクはフリーです。

検索フォーム
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
G-AF
Amazon
Amazon IFrame
カテゴリ
月別アーカイブ
楽天アフィリエイト
ブログサークル更新用
カウンター エリア
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メモリーボード
Pingoo Memory Board
ブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
ブログ村カウント
ブログランキング
ブログランキング