FC2ブログ

ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。 BS11(11/10)#05

第5話 ちょっぴりビター、ビブリオマニア
 
カプチーノもモフモフだと知った閣下。
鼻がモフモフになって大喜び。
DrpscJCUwAAubp3.jpg DrpszvmU4AAu5I7.jpg
そんな閣下が可愛すぎるミュリン。
DrptPy6UwAAgeg8.jpg DrptOwKV4AEJHAa.jpg
エウリノームは図書館で美少年を発見、足繁く通っている。
しかし声を掛けたりはしない、眺めているだけ。
DrptVwVUwAIPW4G.jpg Drpte_FUcAE-B5v.jpg
アザゼルが借りた本を返しに図書館に向かうので同行するミュリン。
図書館の名物館長のダンタリオンは借りる相手に適した本を勧めてくれる。
アザゼルは縫いぐるみの本を借りていた。
館長のダンタリオンはうさみみの美少年だが、眠ったまま。
実は本が好きで夜に読書をするので昼間は眠い。
DrptnGiUwAAMyY3.jpg 
そんな彼に大声で話しかけるのはモレク。
最古参の悪魔で仕事は部下が有能だった。
Drpt8z4U4AEgdjt.jpg DrpuONCUwAADUkL.jpg
モレクはダンタリオンが気になっているが、睡眠を邪魔する彼は嫌われていた。
でもモレクは背が高いので脚立代わりに有能だった。
ミュリンにもオススメを選んでくれる、個人の趣味も詳しい様子。
しかし、うるさいと推理小説の犯人を説明する黒さも持ち合わせていた。
Drpud2oU0AENsd0.jpg DrpvCjcUwAABpfn.jpg
館内には1億冊を超える蔵書があるかもしれない。
全てを読んでいるダンタリオンは何歳? それは秘密。
 Drpuou6U0AYq4hE.jpgDrpus8VUwAECf1_.jpg
館内を歩くミュリンに説明を求めるのはエウリノーム。
Drpuy48U8AEY-Rv.jpg 
お気に入りのダンタリオンと話すミュリンから情報を求める。
でも、おそらくダンタリオンはエウリノームよりも年上だと想像できるが
 真実は告げないミュリンだった。

「進め、ブラウニーとともに。」
 
大好きなアザゼルと仲良くなりたいベルフェゴール。
でも話しかける勇気がない。
DrpvVoMUUAAN6lF.jpg 5= (3) - コピー
そこでブラウニーを作ってプレゼントしてみては?
DrpvrIzVsAUWpl9.jpg
ベルゼブブ閣下に協力を求める、でも料理は経験のない閣下。
DrpvinZV4AAeTJN.jpg 
二人で協力して作るにしても不安。
それならスイーツ特異なアザゼルに教わろう、本末転倒だった。
DrpvxMjU4AAVjXF.jpg Drpv2R5UwAIr4wM.jpg
閣下の料理番、ニスロクに応援を頼む。
Drpv7ObU4AAIwoJ.jpg DrpwAnpUwAUv0cf.jpg
3秒でフルコースを作れるほどの腕前だが、服まで刻んでしまう。
初めて会う男性に話しかけるのは無理なゴッチンだった。
DrpwDihU0AABaTQ.jpg 5= (4) - コピー
やはり誰かに頼ってはいけないとレシピを頼りに二人で作ろう。
DrpwW1wUwAAxL_4.jpg 
DrpwPTtU0AAF4KC.jpg DrpwUU4UUAA0tFg.jpg
失敗をしてチョコを買い足しながらも、ようやく完成。
Drpwh6RVYAAuEBY.jpg 
渡すのが、一番の難関だった。
Drpwv3lUcAA3KeM.jpg 
なにせ直接会って話さないといけないのだから。
想像するだけで緊張が高まってしまう、トイレに直行。
友達だから応援する、先ずは一歩踏み出そう。
DrpxVhTUcAAErd1.jpg DrpxPGIVYAAbCuV.jpg
アザゼルを待ち構えて眼の前に立ってブラウニーを差し出す。
スイーツ特異なアザゼルにブラウニーをプレゼントすることが無謀だった。
Drpxa5BV4AIlTvb.jpg DrpxhI5U0AEdAQs.jpg
でも頑張るゴッチン、なんとか受け取ってもらえた。
感動で失神してしまった。
DrpyfAUVYAAlhj4.jpg 
ゴッチンから閣下もブラウニーを誰かにプレゼントしてみては?
じゃあミュリンに、湯煎が出来たとドヤ顔したいから。
気合を入れてミュリンにブラウニーをプレゼント。
お返しに、借りてきた、世界モフモフ百科事典を手渡すと大喜び。

---次回 「」---
 
今回はダンタリオンとモレクが初登場。
OPでエウリノームが追いかけるキャラですね。
ダンタリオンを担いで走るモレクを追いかけるシーンがありますね。
その名の通りビブリオマニアのダンタリオン。
とんでもない年齢なのにうさ耳美少年、エウリノームが真実を知った時の
 状況を楽しみにしたい。
あの嫌そうで蔑んだ顔が無ければ美人なのに残念なエウリノーム。
もう普通の人には戻れなさそう。

ゴッチンと閣下のブラウニー調理はもっと失敗続きでドタバタするかと
 思ったら、ニスロクが濃かった。
一見強面だが、腕が良くて、人の良いおじさんでした。
無事に手渡せて失神って、前途多難です。
そして閣下もミュリンにプレゼント、お返しが良かったですね。

閣下は看病で湯煎が出来なかったが、今回は学んだのが伏線でした。
そして図書館でも借りた本が閣下のためでした。
今回も癒やされたエピソードでした。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 2018年新作アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

てぃわは

Author:てぃわは
Cocologが容量いっぱいで、こちらで継続します。
一時期Yaplogでも書いてましたが、検閲が酷いのでアニメ使用は辞めました。
もう一つ別のブログも利用してます
文責は放棄していませんが、リンクはフリーです。

検索フォーム
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
G-AF
楽天アフィリエイト
Amazon
Amazon IFrame
カテゴリ
ブログサークル更新用
日刊BLOGガイド
日刊BLOGガイド
カウンター エリア
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メモリーボード
Pingoo Memory Board
ブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
ブログ村カウント
ブログランキング
ブログランキング