FC2ブログ

アンゴルモア元寇合戦記 TokyoMX(8/22)#07

第七話 金田城

霊峰・白嶽で言仁、第八十一代安徳帝に謁見する迅三郎。
DlN2wBjU0AA_96X.jpg DlKXQeKX4AIDXfl.jpg
かつて壇ノ浦で源九郎義経の救出を断り守り刀を預けた。
 am07_c012.png DlIkd6IUcAAjGxH.jpg
三条小鍛冶宗近の今剣が九郎から迅三郎の手に渡ったことを懐かしむ。
am07_c028.png 
かつて朕を守った刀が今はあなたの守刀になっている偶然を喜ぶ。
輝日姫も追いついてきた、彼女こそ曾孫だった。
刀伊祓、長嶺判官への書簡を持っていきなさい。
彼らは壇ノ浦の合戦以来、今も戦っているのです。
DlN4zbqVsAA-XHL.jpg 
ひさごの勅使で彼らは匿ってくれるでしょう。
勝ちたくば生き伸びられませい。
DlN3TC-UUAAzEoI.jpg 7-0.jpg
宗家は平氏の流れをくむ一族。
浅茅湾に展開する刀伊祓に勅を届けます。
数百年前に他国からの防衛のために送られた兵士が防人。
刀伊祓いは防人の流れを受け継ぐ者。
通常なら足手まといの者も多く匿いたくはない。
DlN3WT_U0AEAKhK.jpg
浅茅湾は入江が複雑に入り組んだ湾だった。
そこを船で逃げる女たち、追いかける蒙古軍。
画像0292-3 DlN4j8-VsAERdt0.jpg
助けるなら全滅させないと追手が訪れる。
女たちは海に飛び込み身を隠す。
画像0300-6 SixIGrJxYHijoOT.jpg
蒙古軍は双方の陸地から矢を射掛けられる。
後方からは船の兵士が追い立てる。
逃げ場を失って海に入ると、先程の女性たちが斬りつける。
DlN4gn8U8AECr1U.jpg 
今度の兵は女真族、刀伊とも呼ばれる種族で毒矢を使う。
辮髪で髪型も今までとは異なり3種族目の部隊だった。
ここにも2度、蒙古は訪れたが全滅させたので知られていない。
それに引き換え狙われている輝日の一行は厄介。
帝から賜った勅を届ける勅使の輝日。
ひさごは対馬の形状に似ている。
DlHwECxU8AAqnru.jpg 
帝の命により輝日の一団を匿うことを了承する。
金田城へようこそ
画像0328-3 am07_c231.png
天然の山を要塞化した山城で石垣で周囲を囲っている。
その距離はおよそ半里ほど。
阿無視を坊やと呼ぶ少女サナと城壁を走って分かったことだった。
600年前の先祖が作り上げた要塞だった。
迅三郎は何やら気になる様子だった。
DlN6fJkUwAAXV6z.jpg 
蒙古との初戦で逃げた男衾三郎も避難していた。
近隣の村が襲われた際に匿ったらしい。
中は村のごとく、刀鍛冶や武器を作る民が存在していた。
DlN7_reUcAEb_wi.jpg 
まずは食料で饗される、久し振りの食事だった。
互いの健闘を褒め合う席で迅三郎は厳しい質問を浴びせる。
この城は大き過ぎる、守衛がおらず、侵入も容易。
これでは、守りの意味を成さないのではないか?
DlIplVVVsAEKcBt.jpg 
男衾三郎は白石に算段を持ちかける。
この島を無事に脱出する術があるらしい。

---次回 「」---
 
刀伊祓が帝の命で匿ってくれる。
かなたのき、日本書紀に記載されている現存する城塞でした。
三條小鍛冶宗近も奈良に今も現存する鍛冶屋でした。
色々と史実とフィクションを織り交ぜてストーリーを構築しています。
朽井迅三郎は口井という実在の人物から名前を借りたようです。
長嶺判官も、刀伊の入寇で実在した対馬判官代・長嶺諸親から拝借したのでしょうね。

取り敢えずは刀伊祓に匿ってもらえることになった一行でした。
でもいずれは見つかるでしょうから、戦闘になるのでしょう。
籠城するには大き過ぎる城でした。
半分を捨てて罠を仕掛けて侵入させるなどの策略も考えられそうです。

古来、対馬と壱岐は大陸からの侵略に蹂躙された歴史があったのでした。
逆に倭寇として大陸や半島を襲った人たちも居たようですが、
 後年は名前だけで実体は違っていたりするらしい。
徹底的に殺戮して奪うのが大陸の戦い方のようで、植民地にする方法は取らなかった。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 2018年新作アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:アンゴルモア元寇合戦記  Trackback:1 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可

Trackback

Trackback

アンゴルモア元寇合戦記 #7

安徳帝の助けを得て、迅三郎たちが刀伊祓の世話になるお話でした。 謎の老人を追いかけた迅三郎は、そこで自ら安徳帝と名乗る老人と出会いました。迅三郎に遅れてやって来た輝日姫は、帝のひ孫になるのでした。それが原因で輝日姫は、宗家の中では浮いた存在でした。しかし今回の危機に、輝日姫が帝のひ孫だったからこそ、その力を借りることが出来ました。 安徳帝は幼い頃に、壇ノ浦の合戦を経験していました... 日々の記録 - 2018.08.24 00:07

プロフィール

てぃわは

Author:てぃわは
Cocologが容量いっぱいで、こちらで継続します。
一時期Yaplogでも書いてましたが、検閲が酷いのでアニメ使用は辞めました。
もう一つ別のブログも利用してます
文責は放棄していませんが、リンクはフリーです。

検索フォーム
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
G-AF
Amazon
Amazon IFrame
カテゴリ
楽天アフィリエイト
VISA
VISA Invitation
https://www.smbc-card.com/olentry/affiliate/online_entry.do?bno=03400398911
ブログサークル更新用
日刊BLOGガイド
日刊BLOGガイド
最新トラックバック
カウンター エリア
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メモリーボード
Pingoo Memory Board
ブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
ブログ村カウント
ブログランキング
ブログランキング