fc2ブログ

七星のスバル TBS(8/09)#06

第6話 獅龍、共闘

旭姫を助けるために3,000人を越えるディバインに戦いを挑む陽翔。
咲月は貴法を訪れていた。
6- (15)
旭姫救出には準備が必要だ。
あなたは何も分かっていない。
陽翔のアカウント消失でリアルで逢えても勝ったことにはならない。
逃げただけで虚しいだけ。
旭姫も居る昔のスバルに戻ることが理想。
最高の嫌がらせをしてあげる。
6- (5)
かつて咲月が前に出すぎて魔力を使い果たしてピンチになった時、
 旭姫の能力が開花した。
未来予知で全員に指示を送るプロフェアータで勝利する。
初めて見る固有センスに全員が称賛する。
そんな状況に拗ねて泣き出す咲月、私がスキルアップしても誰も褒めてくれなかったのに。
旭姫は咲月の思いが理解できた。
でも旭姫も同じで、前線で陽翔と一緒に戦う咲月が羨ましかった。
だから共に戦いたいと願ったら得られたセンスだった。
これからはライバル、いつか陽翔に告白できたら良いね。
6- (16)
ドラゴンを拘束する術に為す術のない陽翔。
しかし咲月と貴法が駆けつける。
残りは1,500人程度、貴法と陽翔のコンビは今もピッタリだった。
アジトに侵入する、エリシアとクライヴが見守っていた。
6- (12)
邸内には精霊封じの宝玉が施されていた。
貴法の動きを旭姫のセンスを利用して先読みする。
6- (9)
遂には貴法でも破壊できない拘束具で動きを封じられる。
陽翔のセンスも事前に対処されていた。
3人が訪れることも予測されていた。
6- (4)
もう負けたくない、咲月が覚醒して精霊王を召喚する。
6人の力を借りた攻撃は圧倒的だった。
6- (6)
残ったのはリーダー二人だけだった。
最後の手段は3,000人の恐怖や負の感情を集めたタイラント。
レトスに施すと暴走状態で攻撃する。
6- (10)
旭姫は皆に力を与えたい、赤玉が呼応してリングが呼応する。
6- (13)
6年前の自分を思い出す3人、咲月、貴法の力を得た陽翔がエストレアを放つ。
スバルの切り札で倒す。
6- (14)
ブリルの元リーダーも倒して旭姫の救出に成功する。
6- (8)
貴法から赤い宝玉の欠片を受け取り映像を見るが不明瞭。
6- (2)
貴法もスバルのリングを保有していた。
一緒にはいけないとパーティに戻る。
6- (11) 6- (3)
あいつら弱くなってる。
陽翔は昔を思い出し始めている、咲月は覚醒した。
貴法も覚醒して欲しかった。
それまではクライヴが援護して覚醒を促すとエリシアと話す。
今は別名でログインしているクライヴだった。

---次回 「剣を求めて」---
 
旭姫救出に3人が力を合わせて戦った。
昔よりは弱くなっているらしいが、クライヴがエリシアと何やら画策してます。
OPで色んな敵っぽいキャラが描かれているので、この先は
 何やら使命的な目標が追加されそうですね。
今回は咲月の覚醒でした。

3人で3,000人をログアウトさせてしまうと、歯向かう者は居ないでしょうね。
そして謎の宝玉、あれを完成させれば情報が得られるのかな。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 2018年新作アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:七星のスバル  Trackback:1 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可

Trackback

Trackback

七星のスバル 第6話 『獅竜、共闘』

一人、敵に立ち向かう天羽陽翔。 そして、女王として復活した碓氷咲月。 誰になんと言われようとも、進むべき道は一つ。 敵を殲滅して天羽陽翔と空閑旭姫を助けること。 消去法でしか、活路を見いだせない御門貴法とは 考えが違う。 amzn_assoc_ad_type ="responsive_search_widge... 奥深くの密林 - 2018.08.11 10:56

プロフィール

てぃわは

Author:てぃわは
Cocologが容量いっぱいで、こちらで継続します。
アニメやドラマの感想がメインです。
もう一つ別のブログも利用してます
文責は放棄していませんが、リンクはフリーです。

検索フォーム
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
G-AF
Amazon
Amazon IFrame
カテゴリ
月別アーカイブ
楽天アフィリエイト
ブログサークル更新用
カウンター エリア
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メモリーボード
Pingoo Memory Board
ブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
ブログ村カウント
ブログランキング
ブログランキング