FC2ブログ

牙狼<GARO> -VANISHING LINE- テレ東(12/01)#09

第9話 Setting Off

シスターの葬儀が執り行われる。
しかし泣けないソフィ。
ナイトは西から訪れた、キングも西に居る可能性が高い。
ソードは西に向かってソフィを連れて出発。
キングが彼女を狙っているので護衛も兼ねる。
2,3日の移動で魔戒法師と合流する。
 99- (4)
ルークは命に別状はないが当分は治療に専念する。
メイファンが担当するらしい。
西は危険な場所だと言われている。
ザルバはソフィを足手まといだと決めつける。
ソードは厳しい修行にも耐えてきた。
それは自分が決めた道だから。
99- (1)
途中で負傷して動けない子鹿を発見。
治療するがコンドルに狙われているので、走れるまではここに居たい。
ソフィの気持ちを汲んで野営の準備をするソード。
子鹿の面倒を見るソフィ、親鹿が迎えに来て連れていく。
99- (2) 
もっと色々話せば良かった、色々知りたかった。
ようやくシスターへの気持ちを吐露できる。
ソードに泣きついて眠ってしまう。
シスターは泣いてばかりのソフィをプラネタリウムに連れて行ってくれた。
翌朝、シスターの形見の黒帯をミサンガとして腕に巻く。
決意も新たにソードを起こして出発する。
99- (3) 
ナイトが手ぶらで帰ってきたと責めるクイーンとビショップ。
黄金騎士が俺を追ってここに来る。
キングに報告する必要もない。
 
---次回 「REBIRTH」---
 
今回はソフィが覚悟を決めるエピソード。
普段は口うるさくて言うことを聞かなかったソフィだった。
でも自分の身を心配してくれた大好きだったシスター。
突然の死に、泣けないソフィ。
旅の途中でようやく泣くことが出来た。
彼女のためにも決意を新たにする。

関連記事
スポンサーサイト



Tag:牙狼<GARO> -VANISHING LINE-  Trackback:1 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可

Trackback

Trackback

昨日の牙狼-VANISHING LINE- 第9話

「SETTING OFF」 ナイトとの激闘はシティを悪夢のような大惨事となって残り、シスター葬儀が行われたり、ルークは入院したり。 ダイナーからの指令を受けたソードはソフィを連れてキングを捜査するため、エルドラドがいると思われる街へ向けてバイクによる長旅をする事になる。 荒野に佇むガソリンスタンドにはダイナーのウェイトレスそっくりの店員がいたり、ソフィは怪我をした子鹿を助け... 地下室で手記 - 2017.12.02 18:55

プロフィール

てぃわは

Author:てぃわは
Cocologが容量いっぱいで、こちらで継続します。
一時期Yaplogでも書いてましたが、検閲が酷いのでアニメ使用は辞めました。
もう一つ別のブログも利用してます
文責は放棄していませんが、リンクはフリーです。

検索フォーム
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
G-AF
Amazon
Amazon IFrame
カテゴリ
楽天アフィリエイト
VISA
VISA Invitation
https://www.smbc-card.com/olentry/affiliate/online_entry.do?bno=03400398911
ブログサークル更新用
日刊BLOGガイド
日刊BLOGガイド
最新トラックバック
カウンター エリア
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メモリーボード
Pingoo Memory Board
ブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
ブログ村カウント
ブログランキング
ブログランキング