fc2ブログ

ダーリン・イン・ザ・フランキス BS11(6/16)#21

第21話 大好きなあなたのために
21- (2)
VIRMは肉体を持たない思念生命体。
七賢人たちも肉体を棄てVIRMに同化する。
21- (6)
パパからの連絡が途絶えて戸惑う015たち。
叫竜とVIRMのどちらを倒せば良いのか分からない。
VIRMが侵略者だと言っていた。
パパからの指示は諦めて自分たちで考えて行動しよう。
最後の通信でスターエンティティがVIRMの罠で使えない、自爆すると聞いた。
取り敢えずグランクレバスに戻ろう。
21- (9)
途中で9’sと遭遇する。
パパからの連絡が途絶えたのに律儀に叫竜を倒していた。
しかし仲間がVIRMに捕まり蹂躙される。
21- (8)
叫竜人の姫は苦しんでいた、罠で動けない、侵食される。
触手を掴んだ016は過去の記憶を見る。
もう手立てはないと諦める姫。
彼女に詳細を尋ねる、6,000万年前、地上は叫竜人の文明が栄えていた。
VIRMが訪れて精神生命体への同化を求めたが拒否した。
戦闘となり、何とか倒すことが出来たが先遣部隊だった。
その戦いで色んな物を失った、文明や生殖さえも。
来るべき本隊との決戦に備えて叫竜人はマグマ燃料になったり、
 生体兵器へと進化して地中深くで準備を続けてきた。
21- (1)
016がVIRMの罠に抗って時間を稼いだ。
裏コードが発生できたようだった、稼いだ時間はVIRMの誤算。
ハチと博士は002を治療しながらも語る。
002は叫竜の姫のクローン体、様々な試みを行ったが成功例は002だけ。
そして002のクローン実験も行った、それが9’sだった。
スターエンティティを人間が起動するための存在が002だった。
21- (12)
僕はもうダーリンのもとへ行くよ、VIRMとか関係ないよ。
僕はダーリンの側を離れないと誓ったから行くだけだよ。
フランクス博士がロック解除に同行する。
21- (18)
015たちが到着、一緒にスターエンティティに向かう。
しかし瓦礫が行く手を塞いでいた、背後から迫るVIRM。
196が道を作ると力を使い果たす、髪が真っ白になる。
21- (15)
326、390がVIRMと戦う、002を016の下に向かわせる。
21- (19)
015もVIRMから002を守って戦闘、落下する。
21- (22)
フランクス博士が左手に仕込んだ叫竜の姫の細胞でロックを解除する。
21- (21)
叫竜が002をスターエンティティまで運んでくれる。
僕を作ってくれて、ダーリンに会わせてくれてありがとう。
21- (26)
ストレリチアに到着した002、内部に侵入すると016の意識はない。
僕は諦めない、角が極大化して罠を断ち切ろうとする。
21- (24)
姫、001は残りの力を二人に与えよう。
お前たちの繋がる力に賭ける。
ストレリチアの制御が戻る、スターエンティティはストレリチア・アパスに変形する。
VIRMからの一切の干渉を断ち切る。
21- (27)
VIRMを攻撃して破壊、叫竜のコアから作った槍、フリングホルニを
 持ち帰れるだけでも良しとしよう。
VIRMは撤退するが、本隊を率いて地球を殲滅すると言い残す。
21- (28)
015たち全員が無事だったが002だけは動かない。

---次回 「」---
 
叫竜人とVIRMの関係は分かったが、人間の立ち位置が未だ不明ですね。
叫竜人の星に後から発生した寄生虫のような存在だろうか。
ここで002が無事で終われば良かったと思うが、VIRMはフリングホルニを
 持ち去ったので、携えて再来しそうですね。
そこでの最終決戦となるのかな?
なにせ残り3話ですからね。
今となっては逆に尺が余っている感じがする。
015たちがVIRMから002を守ってストレリチアに向かわせるのは
 王道的な熱い展開。

裏コード、ビーストモードとかエヴァっぽい要素多数。
9’sがVIRMに蹂躙されるシーンはダミープラグで起動した量産型エヴァに
 捕食される弐号機のシーンそのものでしたね。

今回で唯一の叫竜人が亡くなったので、今度は人間がVIRMと
 戦うことになるのだろうか?
パパ、フランクス博士も不在でナナが復帰するのかな?
その前に556は出産しそう。
皆で子作りしような展開になると笑える。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 2018年新作アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:ダーリン・イン・ザ・フランキス  Trackback:1 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可

Trackback

Trackback

ダーリン・イン・ザ・フランキス 第21話 「大好きなあなたのために」

 前回のラスト五分からの唐突なまでの怒濤の展開にくらべると悪いのはなにもかも宇宙人だよというシンプルな対立軸でえがかれたためにだいぶ納得できやすく違和感もすくない話でした。これまでとは比較にならないほどにスケールがデカいとは思いましたがね。 「われわれは宇宙のあらゆる知性体を同化し、肉体というカラを捨てさせてきた」 「おまえたち人間も、進化の段階をむかえるときだ」 「悠久に... Moon of Samurai - 2018.06.18 02:43

プロフィール

てぃわは

Author:てぃわは
Cocologが容量いっぱいで、こちらで継続します。
アニメやドラマの感想がメインです。
もう一つ別のブログも利用してます
文責は放棄していませんが、リンクはフリーです。

検索フォーム
カレンダー
11 | 2022/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
G-AF
Amazon
Amazon IFrame
カテゴリ
月別アーカイブ
楽天アフィリエイト
最新トラックバック
ブログサークル更新用
カウンター エリア
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メモリーボード
Pingoo Memory Board
ブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
ブログ村カウント
ブログランキング
ブログランキング