fc2ブログ

葬送のフリーレン BS日テレ(3/31)#28終

最終回 第28話 また会った時に恥ずかしいからね
 
フェルンはゼーリエに合格と告げられ弟子にならないかと言われる。
でもフリーレン様の弟子だからと断る。
デンケンの事は知っていた。
もう少し若ければ文句なく合格だった。
でもゼーリエをどの様に攻撃すれば倒せるかと考えた。
老いてまだ戦う姿勢を失っていなかったので合格。
ユーベルは会話もせず合格。
ラントは面接にも身代わりを送り込んだ。
直ぐにバレルが、本人も訪れた。
しかし、それまでもが身代わり。
彼は故郷のカフェに居た、一度も故郷から出ていなかった。
cDibcNqKFvKIahU.jpg
ユーベルなら騙せたのに、合格。
ヴィアベルは現役軍人、好きな魔法は何だ?
魔法に好きも嫌いもない、合格。
メトーデにはゼーリエがどう見えるか尋ねる。
小さくて可愛い、合格。
uItSaApgIYIIrhE.jpg
ゼンゼに謝ることになる、今年は豊作だった。
デンケンはフリーレンに感謝する、これで墓参りに行ける。
パン屋で悩むフェルン、ラオフェンと同じ品を選ぶ。
そこでデンケンに奢られて一緒に食卓を囲む。
シュタルクは2人を知らない。
デンケンが宮廷魔道士だと教えられると恐れ多いと緊張する。
お貴族様じゃないか。
彼は妻に先立たれて子供も孫も居なかった。
彼には魔法は仕事であり戦う術であった。
フリーレンに会って魔法が楽しいことを思い出せた。
実はフリーレンに憧れて魔道士になったのだった。
直接伝えれば喜ばれますよ。
zyTtWQHEXlhdHRW.jpg
魔導書を大量購入したフリーレン。
両手が塞がっていてオレンジをぶちまけた女性を手伝えなかった。
ヴィアベルが通りかかって魔法で回収した。
彼は勇者ヒンメルの冒険譚が好きだった。
村にも石像があり、老人たちは功績を語った。
彼の冒険譚に憧れた。
でも彼が亡くなって村にも魔族の攻撃があった。
彼の村は誰にも助けられなかった。
1級魔法使いになろうとしたのは望む魔法を得られる特権のため。
眼の前の困っている人を見過ごせないヒンメル。
だからヴィアベルも彼に習って助けてきた。
大丈夫だよヒンメル、世界は確実に変わってきているよ。
fOUDcHSVGuSfxSb.jpg
特権の授与式には誰でも参加できる。
フェルンの授与式に3人で向かう。
ゼーリエはフリーレンを出禁にした。
向こう1000年は魔法師協会の施設の使用禁止。
彼女は人間の弟子を多数教えた。
その誰もを覚えている。
QRgvikaqvDBcUMI.jpg
フランメの好きな花畑を出す魔法。
それを下らないと言いながらも彼女の部屋には使用していた。
ゼーリエは寂しかったのかもしれない。
そんな気持ちを見透かすかのようなフリーレンに恥ずかしさを感じたのかもしれない。
そして出禁にされてしまった。

フェルンが1級魔法使いに合格したので有名になる。
フリーレンよりも有名に。
もう彼女の時代ではないとも言える。
ゼーリエの弟子で最初の1級魔法使いのレルネン。
彼は高齢な人間なので、もう長くは生きられない。
武闘派の魔法使いで戦乱の世なら名前を残せたと言われている。
ゼーリエ様が申し訳ないことをしたと謝罪する。
この世にゼーリエの弟子が居なくなる。
その寂しさを懸念して最後に名前を残そうとフリーレンを攻撃する。
悪名であっても良いと告げながら。
武闘派の者は不器用だった。
負傷したがフリーレンがゼーリエを覚えているから大丈夫。
彼はゼーリエ様をよろしくと伝えれば良かっただけだったのだ。
kndtFSOehFFUncg.jpg
フェルンが望んだ魔法は衣装をキレイにする魔法。
古代魔法で使える者が居ないと言われる。
ゼーリエは明らかに嫌そうな態度だった。
でもフリーレンは私の弟子だと自慢げだった。
ertRhygpLdGVaWV.jpg
カンネとラヴィーネが別れの挨拶をする。
別れは素っ気ないフリーレン。
それはヒンメルと同じ。
別かれる時に泣ないちゃうと、再会した時に恥ずかしいじゃないか。

ーーー最終回ーーー
 
ゼーリエもフリーレンも2千年?も生きていても子供。
意地っ張りで恥ずかしがり屋でした。
今回の合格者は魔族にも戦える者たちでしたね。
フリーレンは攻撃を良しとしない態度が気に入らないのでしょうね。
嫉妬心もあるのでしょうね。
そういう意味でも不器用なゼーリエです。
ユーベルの合格はある意味では当たり前の実力だけど、不安もあるのかも。
メンタルが重要なので、諦めると弱いのかも。
基本的には魔族と戦って死なない相手を選んだ気がしますね。
まあ、でも、だから協調性のない者が選ばれやすいのでしょうね。
それはそれで問題だとは思う。

フリーレンはヒンメルの功績を辿って旅をする。
そして色んな経験を積んでいく。
それだけなのですよね。
目的の場所に辿り着いたら変わるのかも不明。
だからと言って終わりそうにない作品ですね。
エルフのフリーレンが人間のヒンメル、フランメから色んなことを教わった。
その本当の意味を追体験で理解する。
それがメインの作品体系ですね。
2年後の2期を待つことにしましょう。
日テレが制作に出資しているので続編は大丈夫でしょう。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 2023年新作アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:葬送のフリーレン  Trackback:1 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可

Trackback

Trackback

葬送のフリーレン 第28話 『また会ったときに恥ずかしいからね』

第一級魔法使い選抜試験に合格したのはフェルン以外に ゼンケン、ユーベル、ラント、ヴィアベル、メトーデが合格。 意外だったのは、ラントの本体が試験会場に一度も赴いていない ことをゼーリエは指摘したが合格。 試験会場に来ないのに合格ですか? フェレン、シュタルク、ゼンケン、ラオフェンの4名で お茶会。ちょっと意外な組み合わせ。 ラオフェンはゼンケンを師匠と呼んだから弟子に な... 奥深くの密林 - 2024.04.20 12:22

プロフィール

てぃわは

Author:てぃわは
Cocologが容量いっぱいで、こちらで継続します。
アニメやドラマの感想がメインです。
もう一つ別のブログも利用してます
文責は放棄していませんが、リンクはフリーです。

検索フォーム
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
G-AF
Amazon
Amazon IFrame
カテゴリ
月別アーカイブ
楽天アフィリエイト
最新トラックバック
ブログサークル更新用
カウンター エリア
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メモリーボード
Pingoo Memory Board
ブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
ブログ村カウント
ブログランキング
ブログランキング